動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

指先からつま先まで

*ヒトの直立姿勢では、鼠蹊部が伸びきってしまいます。足首も伸びきってしまいます。腰も発生してしまいます。蹠行性二足歩行となります。

*こうなると、動物武術の姿勢勁力は発生しません。そこで、心意六合拳と宋氏形意拳では、鼠蹊部を切り込みます。足首が折れ曲がります。腰は消します。指行性二足歩行へ近づけます。

*指行性二足歩行とは、恐竜ー鳥類ーニワトリのことです。だから、心意六合拳では鶏歩・鶏行歩と称します。

*人類進化の方向から、少し退化あるいは変化します。だから、人間武術ではなく動物武術と称します。

*足首が伸びきっている、との判断には反論もあるかと思います。足首が伸びきるとは、山羊さんやバレリーナの蹄行性ではないのか? との反論もあるかもしれません。

*姿勢勁力の観点(指行性二足歩行) からは、直立姿勢では足首が伸びきっていると判断します。

*では、足首を折り曲げるとどうなるでしょうか?

*そのまま足首を折り曲げてしまうと、膝が突き出てしまいます。膝に体重が掛かり、膝が壊れてしまいます。身体は前のめりになります。(日本武術太極拳連盟の太極拳などの例です。) 

*ですから、鼠蹊部の切り込みを優先します。まずは鼠蹊部の切り込みを学びます。(それがスウィング功の目的です。)

*鼠蹊部を切り込み、尻を収めると、必然的に足首は折れ曲がります。これだけで姿勢勁力が発生します。鼠蹊部の切り込みは親指側エッジのために内転筋へ繋がります。これを太極拳では円襠と称します。(この姿勢は武式太極拳の起勢です。もちろん、武式太極拳でも無知な人はたくさんいます。心意六合拳でも宋氏形意拳でも同様です。つまり中国では具体的理論化ができていません。)

*これだけだと、解決するのは下半身の勁力です。上半身はどうするのか?

*鼠蹊部の切り込みは、実は上半身から始まります。脇の前鋸筋から鼠蹊部の切り込みは始まります。

*それが心意六合拳と形意拳の称する「龍腰」のことです。龍腰と称するけど、腰は関係ありません。龍=古代ワニに腰はありません。爬虫類に腰はありません。肩もありません。つまり龍腰とは腰を消すことです。

*回りくどい表現です。注釈がないと理解できないのは、中国の古典詩文と同じです。実際、武術の古拳譜は注釈が無いと理解できません。だったら、分かりやすい表現に置き換えてしまえばいいのです。古拳譜をお経のように唱えてもご利益はありません。南無阿弥陀仏・・・

*さて、龍=爬虫類には肩がありません。つまり、心意六合拳と形意拳の称する龍身とは、肩を消すことです。

*そのために、前鋸筋と前腕の筋肉を直結させます。前腕の筋肉は指先と直結させます。指先ー前腕筋肉ー前鋸筋の運動線が生まれます。これが心意六合拳の称する鷹爪のことです。

*そして、前鋸筋は鼠蹊部へ向かって切り込まれます。この切り込みは足の内転筋へ直結します。これで指先からつま先まで、全身の勁力運動線は繋がります。

*前鋸筋から鼠蹊部への切り込みは、理念上の問題ではありません。それは具体的な運動線なのです。

追悼・・・森田童子さんが4月に亡くなっていたそうです。オラは彼女のライブへ行くと、泣いてしまう、と思い行けませんでした。今晩は、彼女のCDを聴いて過ごします。オラと同じ66歳。オラと同じ時代を生きた人でした。みんな死んでいくなあ・・・さよならほくのともだち  たとえばぼくが死んだら  海が死んでもいいョって鳴いてます  淋しい雲が一番好きでした。友よ泣かないのか・・・今日は泣きますよ。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-06-12 08:24 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー