動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

極端な親指側エッジ

*ニワトリ=心意六合拳・鶏歩の本質は、指行性プラス一本足プラス親指側エッジ、です。

*このうち以前は、指行性と一本足を強調してきました。親指側エッジが正しいとは理解していましたが、現在のような、極端な親指側エッジではありませんでした。

*心意六合拳の弓歩は、以前から極端な親指側エッジでした。この極端な親指側エッジが内転筋を覚醒させます。

*心意六合拳の鶏歩は、今のような極端な親指側エッジではありませんでした。したがって内転筋を覚醒させられません。今は極端な親指側エッジにしました。だから、内転筋へ直結します。

*心意六合拳の鶏行歩がオカマ歩きなのも、極端な親指側エッジだからです。

*宋氏形意拳の六合歩は、親指側エッジが極端ではありません。それは、後ろ足が少し開いているからです。

*ところが、撃つ瞬間、極端な親指側エッジになります。見た目は膝が内側へ入ります。これは逆歩崩拳で簡単に分かります。

*しかし、親指側エッジが覚醒しない人たちがいます。スウィング功でも覚醒しません。

*それは、膝で歩く人たちです。問題は、現代日本人の多くが、膝で歩く人たちなことです。

*膝で歩く人たちは、親指側エッジが作動する前に、膝が作動してしまいます。このため親指側エッジは永遠に眠りから醒めません。

*膝で歩く人は、当然、膝で立ちます。膝による直立姿勢、膝による直立二足歩行となります。これはなかなか実感できません。生まれてからずぅーとそのように歩いてきたからです。

*これは、膝から踵へ直結します。つまり、ヒトの蹠行性の極端な例です。これで足指は死にます。

*ホンダのアシモ君を見ると、足指の死んだ人が簡単にわかります。

*しかし、足指で地面をつかむわけではありません。ある天才武術家が足指で地面をつかむそうです。私はインチキなので、足指で地面をつかみません。

*私はただ、足指に特に親指と人差し指に、体重が掛かるだけです。その時、足首は折れ曲がります。足首が折れ曲がることによって、指行性となります。

*これはランニングの指行性と正反対の動きです。ランニングの指行性は、足首を伸ばすことによって成立します。それは、ランニングがジャンプ運動だからです。ウォーキングは蹠行性のジャンプ運動です。どちらも姿勢勁力としては、使えません。

*極端な親指側エッジの切っ掛けは、亡くなった住吉都さんのお陰です。住吉さんが体育館に来てくれたことで、スピードスケートに興味を持ちました。そして冬季オリンピックの日本スピードスケート選手の活躍をネット動画で見ていました。そこで、極端な親指側エッジに気付きました。そこからスウィング功が生まれました。

追悼・・・たとえば ぼくが死んだら
     そっと忘れてほしい
     寂しいときは ぼくの好きな
     菜の花畑で泣いてくれ・・・さようなら森田童子さん
オラは菜の花畑に囲まれた師匠の家で心意六合拳を習いました。だから、 オラにとって菜の花畑は死と再生の場所でもありました。あんなきれいな地平線までの菜の花畑は、もう上海の郊外の浦東区にはありませんけど。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-06-13 08:01 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー