動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

ヒザ族からユビ族への変身

*ヒトには二種類の種族があります。それは、膝で歩くヒザ族と、足指で歩くユビ族です。世界はこのヒザ族とユビ族が入り交じって生活しています。

*ところが、現代日本ではヒザ族が圧倒的多数派を占めています。ユビ族は少数派です。

*ヒザ族は、膝で立ちます。膝に体重が掛かります。高い姿勢ならば問題ありませんが、低い姿勢になると膝に体重の圧力が掛かり、膝を痛めます。太極拳で膝を壊すのは、ヒザ族の特徴です。根本原因はヒザ族だからです。

*ホンダのアシモ君は、現代日本人は足指を使って歩かない、という研究成果によって生まれました。だから、アシモ君はヒザ族の象徴です。アシモ君が現代日本人の代表となります。

*姿勢勁力の心意六合拳と宋氏形意拳では、ヒザ族からユビ族に変わることが求められます。

*ヒザ族が心意六合拳の鶏歩を練習すると、膝に体重が掛かり膝を痛めます。その結果、心意六合拳を挫折します。

*同様に、ヒザ族が宋氏形意拳の六合歩を練習すると、膝に体重が掛かり膝を痛めます。その結果、宋氏形意拳を挫折します。

*ところが、六合歩の場合はごまかすことができます。ユビ族に変わらなくてもごまかせるのです。もちろん、姿勢勁力は生まれません。そこで、沈墜勁や震脚を取り入れる人も現れます。そんな宋氏形意拳あるいは山西派形意拳を自称する先生も現れます。

*ランニングには指行性ランニングがあります。それはユビ族のように見えますが、足指で跳ねるジャンプ運動です。ジャンプ運動では身体が浮いてしまいます。姿勢勁力は生まれません。姿勢勁力の足指は地面から離れては成立しません。ユビ族ではありません。

*ウォーキングは、蹠行性のジャンプ運動です。踵からジャンプします。踵は膝と直結します。したがって、ヒザ族というわけです。

*心意六合拳の鶏行歩では、左右どちらかの足指が地面と接触しています。体重は足指に掛かります。そこで、勁力は足指から発します。しかし、地面を蹴らないので、足首は折れ曲がります。足首が折れ曲がることによって、指行性となります。

*しかし、足指にも足首にも大きな筋肉は無いので、近くの下腿三頭筋が体重を支えます。

*膝で動きをコントロールすることは、姿勢勁力にとって致命的となります。そこで、鼠蹊部が登場します。鼠蹊部で身体をコントロールします。鼠蹊部に足首と足指が加わります。

*膝に体重を掛けるのを止めて、足首まで体重を降ろします。その足首は折れ曲がります。すると、足指が地面と接触します。これに親指側エッジを加えます。すると、親指と人差し指に体重が掛かります。ここが勁力の出発点となります。

*ユビ族といっても、足指で地面をつかむことはしません。それだと、下腿三頭筋は短縮性収縮してしまいます。下腿三頭筋が伸張性収縮することはできません。勁力は生まれません。

*求めることは、ヒザ族からユビ族への変身です。

追伸・・・本当は変身ではなく変態なのですが、変態の言葉が間違った使い方をされているので、気持ち悪いと感じる人もいます。そこで変身としました。 ヒザ族とユビ族は立ち方・歩き方の違いです。人類学や文化人類学とはもちろん無関係です。念のため

追伸2・・・膝で歩いている人は、足首が折れ曲がることは永遠にありません。膝で体重を抱え込んでいるので、足首まで体重が降りてこないからです。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-06-14 08:01 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー