動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

歩けない走れない進めない

*心意六合拳と宋氏形意拳の姿勢勁力は、歩けない運動、走れない運動、進めない運動、です。

*もちろん、ランニングとは無関係です。ウォーキングとも無関係です。つまり、一般的スポーツとは無関係です。ということは、格闘技とも無関係です。突きとは無関係です。パンチとは無関係です。

*宋氏形意拳の崩拳は、見た目、突きまたはパンチみたいです。コブシを使いますから。ところが、突きやパンチとは運動構造が全く違います。だから、格闘技経験者にとって、誤解を招きます。

*心意六合拳の馬形拳は、見た目、突きまたはパンチみたいです。コブシを使いますから。ところが、全く無関係です。

*コブシの造り方からして、全く違います。その運動構造も当然、全く違います。

*宋氏形意拳の基本套路=進退聯環を学習してみたら、全く歩いていませんでした。それは、六合歩が連続するだけです。(形意拳一般には、歩く形意拳も走る形意拳もあります。それらを否定するわけではありません。そちらが希望の方は、そっち系の道場へ入門してください。)

*心意六合拳の全ての歩法は鶏行歩、と古拳譜にあります。ところが、心意六合拳の鶏行歩は全く歩いていません。それは、大きい鶏歩が連続するだけです。(心意六合拳一般には、歩く鶏行歩も走る単練法=技もあります。そちらが希望の方は、そっち系の道場へ入門してください。)

*心意六合拳を学習して一年も過ぎた頃、師匠の鶏撲食や鷹抓把の足が奇妙なことに気付きました。それは、地面を蹴っていないことです。つまり、歩いていません。走っていません。奇妙な後ろ足です。あるいは、後ろ足に成る奇妙な足です。

*そんな時、回族の陳先生を紹介されました。私にウソ単把を教えてくれた先生です。そのウソ単把の足が奇妙なものでした。後ろ足の踵を上げて降ろす動作でした。「この勁で撃つ」と一言だけ付け加えました。

*私はそれを見て真実があると想いました。単把はウソでしたが、その足は真実だと想いました。

*その足は地面を蹴っていません。つまり、大腿直筋を用いていません。歩いていません。歩けません。私はそれを真似してみました。

*師匠に問うと、一笑に付されてしまいました。ところが、私には見えてしまいました。師匠の足も同じことをしている。それは鶏歩内部で同じことをしているのです。

*それが後に、下腿三頭筋の伸張性収縮だとわかりました。当時は、下腿三頭筋の名称も伸張性収縮という言葉も知りませんでした。しかし、理会はできていました。

*これはやってみるとわかりますが、歩けない運動、走れない運動、進めない運動、なのです。だからこそ姿勢勁力と称します。

*以前は後ろ足勁力と称していました。しかし誤解を招くので、姿勢勁力と改めました。でも、後ろ足勁力にも一理あります。それは前進できない後ろ足なのですから。

*でも心意六合拳は見た目、前進しています。だから誤解されてしまいます。実際、前進する心意六合拳もたくさんあります。

*ところが、姿勢勁力の心意六合拳は前進できません。前進しているように見える足は、純粋に左右の足が交替しているだけなのです。

*そのために、足首が折れ曲がり鶏歩となります。足首が折れ曲がるために、鼠蹊部が深く切り込まれます


追伸・・・スウィング功の名称ですが、本当にスウィングしても不味いので、名称を改めるつもりです。近いうちに新しい名称にします。よろしくお願いします。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-06-17 08:13 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー