動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

鼠蹊部と腹横筋と腹直筋

*どうして身体は浮いてしまうのでしょうか? それは地面を蹴るからです。地面を蹴ると、後ろ足の踵が上がります。あるいは、棒立ちの一本足になります。

*どちらにせよ、足首が伸びてしまいます。そして、鼠蹊部が伸びてしまいます。鼠蹊部が伸びると、膝に体重が掛かります。

*しかし、ウォーキングもランニングも地面を蹴ります。地面を蹴らない、という要求はかなり難しくなります。

*そこで、発想を変えてしまいます。鼠蹊部から全てを発想します。深く切り込まれる鼠蹊部を優先します。すると、足首も折れ曲がります。すると、指行性に近づきます。地面を蹴ることも無くなります。

*心意六合拳の鶏歩と鶏行歩はどうして低い姿勢になるのか? それは鼠蹊部を深く切り込むためです。

*宋氏形意拳の六合歩はどうして低い姿勢になるのか? それは鼠蹊部を深く切り込むためです。

*ヒトは低い姿勢になる時、膝を曲げてしまいます。すると、膝に体重が掛かります。結果、膝を痛めてしまいます。そこで、膝を使わないようにします。何処を使うのか? それは鼠蹊部です。

*しかし、鼠蹊部を深く切り込むと尻を出す人がいます。へっぴり腰となります。そのような人は、背中を曲げてバランスを取ります。背中がガチガチに緊張します。もちろん、本人に自覚はありません。背中ガチガチだよ、と指摘しても、「ん? 」と理解できません。

*「かけっこは速いんだ」と自慢する人もいます。いや、かけっこは関係ありません。ランニングと姿勢勁力は無関係なんです。ウォーキングとも歩きとも無関係です。

*尻を出さないためには、腹筋を使います。腹横筋で、左右横へ引っ張ります。腹直筋で内臓を持ち上げてやります。

*そこで、私の提案は、開脚座り禅密功です。特にヨコの動きです。これをやってもらうと、肩を使ってしまう人がいます。肩を使ってはいけません。あくまで、腹横筋を使います。腹直筋も休まないで、内臓を持ち上げます。すると、体幹が立ち上がります。

*一般的に背筋を伸ばすと、胸を張って腰を反ってしまいます。そこで、背中を背中で伸ばしません。腹直筋で内臓を持ち上げてやります。これで背中は緊張しません。胸も緊張しません。内臓も下がりません。

*下腹を出す人がいます。歳取ると腹直筋が弱ってきます。すると、内臓が下がってきます。すると、下腹が出ます。背中も曲がってきます。

*下腹が出ると、鼠蹊部を深く切り込むことは不可能となります。フジマツ、腹が出ているけど下腹は出ていません。(そんなこと威張るな ! ボケ ! ) 日頃、腹直筋で内臓を持ち上げています。アンチ・エイジングにもいいですよ。もちろん、フットワークも軽くなります。

*意図的に下腹を出してはいけません。どうせ歳取ると下腹が出てきます。それは腹直筋が弱るからです。でも、いわゆる腹筋体操をやると腰を痛めてしまいます。そこで、私は腹筋体操をしません。唯一、開脚座り禅密功をしています。

*これ、椅子に座ってもできます。デスクワークの人にもおすすめです。でもあんまりやると上司に見つかります。とりあえず、腹直筋で内臓を持ち上げてやります。これで姿勢が良く成ります。お辞儀も鼠蹊部を切り込むようにします。腹直筋はそのままです。これでお辞儀した時に腹を殴られても大丈夫です。(何考えているんだか? )

*腹横筋は腹直筋と連動させます。腹直筋は前鋸筋と連動します。すると、腹横筋と腹直筋と前鋸筋で体幹ができあがります。

*肩を使うと全ては駄目になります。そこで、身体の動きの中心を鼠蹊部へ求めます。もちろん、鼠蹊部はやわらかくします。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-06-21 08:49 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー