人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

心意六合拳と形意拳の失敗

*心意六合拳の失敗の原因とは何か? 形意拳の失敗の原因とは何か?

*それは蹠行性(せきこうせい) で立って、蹠行性で歩くことにより生じます。(踵を用いて立って、踵を用いて歩くのが蹠行性です。それは霊長類の特徴です。)

*霊長類とヒトは蹠行性ですから、蹠行性で心意六合拳するのは、蹠行性で形意拳するのは当然のことです。それが自然なのです。

*ところが、心意六合拳と形意拳は隠れ指行性なのです。心意六合拳の鶏歩と鶏行歩は、ニワトリが元です。ニワトリ=鳥類=恐竜は、指行性二足歩行です。足指と趾球を用いて立ち・歩きます。踵を用いて立つ、踵を用いて歩く蹠行性ではないのです。

*形意拳は心意六合拳から派生しました。根っこは同じニワトリです。根っこは同じ指行性二足歩行です。(形意拳は槍の技法から生まれたというのは、ウソです。形意拳は漢族から生まれたので、被抑圧民族の回族の心意六合拳を認めるわけにはいきませんでした。) 

*私も蹠行性と指行性に無知でした。病気してから、動物学に触れました。そしてヒトの蹠行性、ネコ科(虎)・イヌ科(狼) の指行性、羊さん山羊さんとバレリーナの蹄行性を知りました。(バレリーナの足指は蹄に進化していないので、たいへんだと想います。) 

*宋氏形意拳の六合歩は、完全な隠れ指行性です。ところが、心意六合拳の鶏歩はわずかに指行性が見えます。それは、後ろ足の踵が少し地面から離れているからです。そのかくれんぼの意味を、病気してから気付きました。

*心意六合拳の鶏行歩の失敗も、蹠行性で歩くからです。鶏行歩は隠れ指行性で歩きます。心意六合拳の技も隠れ指行性で構成されています。

*すなわち、踵は地面にわずかに触れるだけで、足指と趾球で着地します。だから、後ろ足一本の時も、途中経過の時も、前足一本の時も、指行性となります。足指と趾球で立ちます。

*宋氏形意拳の六合歩は完全な隠れ指行性なので、蹠行性で(踵で) 立って歩いてしまう人も現れます。すると、身体は浮いてしまいます。浮いた身体は沈めなければなりません。そこに沈墜勁や震脚が現れます。沈墜勁や震脚は蹠行性の結果生じます。蹠行性の強調といえます。

*隠れ指行性を理解すると、蹠行性にはなりません。すると、沈墜勁も震脚も不要となります。すると、下腿三頭筋の伸張性収縮を理解できます。姿勢勁力の根本を体得できるのです。

*ヒトが指行性になるためには、足首が折れ曲がる必要があります。足首が折れ曲がるためには、鼠蹊部が切り込まれる必要があります。

*さらに、親指側エッジを用いる必要があります。もしも小指側エッジを用いると、蹠行性へ戻ってしまうからです。

*この、鼠蹊部の切り込み、足首の折れ曲がり、親指側エッジ、の三つの要素を学ぶためにスウィング功は生まれました。それは、ヒトの隠れ指行性への道なのです。

(註) 古拳譜には、蹠行性や指行性の記述はありません。それは古拳譜が書かれた当時、動物学がまだ未発達だったからです。しかし、心意六合拳には素朴な動物生態論がありました。そこから動物学へはほんの一歩です。そのほんの一歩をフジマツは歩みました。

(註2) 指行性といえば、アフリカの指行性マラソンが有名です。ところが、ランニングはジャンプ運動です。指行性であっても蹠行性であっても、ジャンプ運動は勁力を生み出しません。地面を蹴るので身体が浮いてしまうからです。ウォーキングは蹠行性のジャンプ運動の一種なので、これも勁力を生み出すことは不可能です。

by tiger-hawk | 2018-07-04 08:40 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー