動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

裏も表も

一般の武術は、表の筋肉を用います。それは大腿四頭筋が中心です。

え? 筋肉ではなく骨で撃つ? それは無理です。筋肉なくして生きてはいけません。

筋肉ではなく腱? それも無理です。腱は筋肉と骨を繋ぎます。武術者は空理空論が大好きです。気の武術、気の太極拳がウソだとバレて骨とか言い出しただけです。

骨も迷信です。陰陽五行説も太極図説も気も迷信です。全ては運動です。姿勢の勁力も運動です。いい加減、迷信から目を覚ましましょう。

姿勢勁力は、裏の筋肉も表の筋肉も用います。しかし同時ではありません。同時だと動けません。

勁力は足の親指の先っぽから始まリます。筋肉としては下腿3頭筋の伸長性収縮です。ところが足は伸びません。心意六合拳の鶏歩では伸びません。宋氏刑意拳の六合歩では伸びません。だから見えません。

武式太極拳の弓歩では、かろうじて見えます。これも訓練を受けなければ無理です。中国では明らかになっていません。無知が蔓延しています。

この下腿3頭筋は大腿2頭筋ヘ、内転筋ヘと繋がります。内転筋も伸長性収縮です。

ところが前足が着地する瞬間、親指が踏み込みます。これも微妙なので見えません。見えるようでは失敗です。力み過ぎです。とてもデリケートな動作なのです。

この瞬間は、大腿四頭筋が主体となります。しかし、地面を蹴ってはいけません。地面を蹴ると立ち上がってしまいます。だから、この大腿四頭筋の動きも見えません。

追伸→体重浴びせ拳を練習していると、自分よりも軽い人しか相手にできなくなります。だから体重浴びせ拳はやめましょう。つまり前ヘ突っ込むことはやめましょう。一般の太極拳も体重浴びせ拳です。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-10-11 08:14 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31