動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

親指で歩きます

姿勢勁力は、足の親指に始まり、足の親指に終わります。体重移動が無いので、体力のあるかぎり無限に続きます。これが心意六合拳、宋氏形意拳、武式太極拳の勁力です。

この親指とは、第一関節から先の部分です。いわゆる指の腹の部分です。拇指球ではありません。

すると、以前は小アーチと言っていたではないか? どうなっているんだよ! ボケ! と糾弾されました。

男は一度言ったことを死守するのだ! え? そんな美学は持ち合わせておりませんけど。情勢が変われば方針も変わります。玉砕とか特攻とか、愚かなことはしません。アホ旧日本軍と一緒にしないでね。

確かに以前、足指と趾球で作る小アーチと言っていました。認めます。でも、人間は進歩するのです。たとえ、全世界から最高級馬鹿と認定されているフジマツでも進歩するのです。アホのフジマツにも意志があるのです。子分にされて支配されそうになっても、拒否した意志があるのです。

小アーチでも勁力は出ますけど、親指のほうが大きい勁力が出ます。だから、勁力は親指に始まり親指に終わります。親指を確保するのは、踵に絶対に後退しないためです。踵に後退すると勁力は死にます。

でも親指は眠っています。眠れる親指姫です。この親指姫をやさしく起こします。もちろん、親指を緊張させてはいけません。地面をつかんではいけません。

そのために、親指で歩く練習をします。そのために、足首をゆるめます。鼠蹊部をゆるめます。親指側エッジを開発します。

親指に体重が載る時間を伸ばします。最終的には、左足の親指、右足の親指と、親指だけで歩きます。

現代日本人は足指を使って歩きません。ほとんど踵だけで歩きます。完全蹠行性です。

これを、親指側エッジを覚醒させた指行性に変えてしまいます。もちろん、全ての日本人を変える必要はありません。

目覚めた人だけが変わればそれでいいのです。それは虎鷹拳院に集う数人から始まります。世界を変えることはできないけれど、自分を変えることはできます。

関係ない追伸→ダーウィンの自然淘汰進化論は、大英帝国主義でしかない。それは家畜と栽培植物から導き出された。しかし大進化にも小進化にも生命の意志があると思う。直立二足歩行は一部のサルの意志だ。不自然な鶏行歩もごく一部のヒトの意志だ。進化は必然ではなく偶然だけれど選択には意志がある。一部の魚は上陸したかった。クジラは海ヘ行きたかった。変化の選択には生命の意志がある。変化しないのも生命の意志だ。

関係ない追伸2 風邪を大根で治して以来、毎日大根雑炊です。ワンパターン! アハ 考えるのが面倒くさい。向上心が欠落しています。よくいわれます。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-11-09 08:29 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー