動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

武芸の全ては後ろ足の踏み込みにあり

膝を使わない心意六合拳の鶏歩、を教えるにはどうしたら良いのか?

膝を使わない弓歩から教えるしかない。心意六合拳の弓歩と武式太極拳の弓歩は、膝を使わない弓歩です。

膝を使わない宋氏形意拳の六合歩も、膝を使わない弓歩から教えるしかありません。

日常歩行も、膝を使わない歩行に切り換えます。これには、踏み出しの問題と、着地の問題があります。

前足を送り出す時は、後ろ足の下腿3頭筋で送り出します。そのために足首が折れ曲がります。この下腿3頭筋は、鶏歩の下腿3頭筋です。下腿3頭筋の伸長性収縮です。

つまり、後ろ足で踏み出します。普通は前足で踏み出します。後ろ足は、カラダを前倒しするために用いられます。前倒し歩行となります。前足の踏み込み、とも称します。

心意六合拳の古拳譜に、武芸の全ては後ろ足の踏み込みにあり、とあります。前足の踏み込みにあらず、というわけです。後ろ足の踏み込みとは、下腿3頭筋の伸長性収縮のことです。

前足の踏み込みの場合、前足の膝と大腿直筋を用います。それがウォーキングです。後ろ足の踏み込みとは、心意六合拳の鶏行歩のことです。ウォーキングと鶏行歩は、対極の存在です。どちらかを選択するしかありません。

着地の問題があります。前足の踏み込みでは、前足の膝と大腿直筋で着地します。その場合、踵に体重が載ります。完全蹠行性となります。

後ろ足の踏み込みでは、前足の力を抜きます。必要ないからです。もちろん、そのまま着地すると怪我してしまいます。ここでも下腿3頭筋を用います。前足一本足の状態を準備します。

着地の時、踵に体重を載せてはいけません。踵は地面に触れるだけです。即時、足指と趾球で立ちます。隠れ指行性一本足となります。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-12-06 08:24 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー