動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

武器と勁力は無関係

みんなの来る前に、久々にリクエストのあった鞭杆=ベンカンをやってみる。鞭杆とは、陝西省の民間に伝わる短棒です。日本でいう杖術みたいなもの。内容はかなり違いますけど。

他に山西省に伝わる鞭杆もあります。私は山西省の鞭杆は習ったことありません。陝西省のベンカンは、棒を滑らせて、長く使うのが特徴だそうです。山西省の鞭杆は、そのようには用いません。山西省の鞭杆も習ってみたい。

武器術には拳の極意がある。武器術を習うと素手の武術の上達が早い。などというのは本当ですか? と質問されました。

武器にはそれぞれ形状があります。するとカラダのコントロールもやりやすい。というか、動きは制限されます。人間のカラダは、かなり自由に動きます。するとカラダのコントロールは、たいへん難しくなります。

武器術をやったから、素手術が上手くなることはありません。残念ですが、それが実情です。武器術から素手の術が生まれた、なんてのも根拠の無い俗説です。つまり、武器術と勁力は無関係です。

勁力なんか無くても、武器はそれだけで簡単に危険なモノです。それが武器の強みです。その強みが無かったら、武器なんて無意味です。

少なくとも、心意六合拳は動物の生態から生まれました。また回族は権力からヒカリモノを禁止されていたので、武器は限られていました。だから棒とその変形が主です。

槍を学ぶと、突きが上達する。という向きもありますが、そんなことはありません。少なくとも、宋氏形意拳と心意六合拳には、そんな関係はありません。槍には槍の動かし方があります。カラダにはカラダの動かし方があります。共通していません。それぞれ学ぶ必要があります。

形意拳は、槍の技法から生まれた。なんて伝説がありますが、こじつけです。ウソです。形意拳は、心意六合拳から派生しました。心意六合拳は回族に伝承されたので、漢族としては、形意拳が心意六合拳から生まれたなんて認めることはできません。

漢族は支配民族で、回族は被抑圧民族です。中国の少数民族抑圧は、日本人の想像できない世界です。しばしば虐殺事件が起こっています。現代も変わりありません。

回族の心意六合拳の先生がウソ単把を教えるのも、そうした歴史的背景があると考えられます。私はウソの型を教わったことがあります。今では笑い話しですけど。みごとにからかわれました。

宋氏形意拳の熊形基本功から、拳の練習をしてみました。前鋸筋から鼠蹊部へ切り込みます。カラダが回転しないように注意します。

カラダが回転してしまうと、足の親指側エッジを確保できません。小指側エッジになってしまいます。すると勁力は消えます。カラダが回転してしまう心意六合拳の先生もいます。残念ですけど。

最後に、心意六合拳の肘の使い方をやってみました。みなさん、肘が浮いてしまいます。相手の胃袋を下からえぐるように撃ちます。蛇行歩の技です。力点が肘に来るように、構造を造ります。力ではなくて構造です。気ではなくて構造です。骨ではなくて構造です。

追伸 武式太極拳めっちゃ簡単トーロに、最後、雲手を入れてみました。顧留馨先生の直伝の雲手です。定歩です。ここだけ武式ではありません。アハハ

by tiger-hawk | 2019-01-10 08:31 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー