人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

もっと弱い鶏歩を、もっと弱い六合歩を

勁力が出る、だけで満足してはいけません。もっと勁力を大きくしなければなりません。

そのために、なにをなすべきか?

もっともっと弱い心意六合拳の鶏歩を造るべき、です。

もっともっと弱い宋氏形意拳の六合歩を造るべき、です。

弱ければ弱いほど、勁力は大きくなります。

太極拳の勁力論に、四両発千斤、とあります。その意味は、小さい力で大きい力を出す、ということではありません。

小さい力だからこそ大きい力が出せる、という意味なのです。

大きい力では大きい力は出ない、という意味なのです。

不思議でもなんでもない。当然の結果なのです。

肩と胸の力を抜きます。鼠蹊部の力を抜きます。足首の力を抜きます。この三つの要素で勁力が出ます。

でも、もっと大きな勁力がほしい。どうしたら良いのか?

もっと弱い鶏歩を、もっと弱い六合歩を、造ります。

そのために、足の力を抜いてしまいます。逆みたいだけど逆ではありません。これが勁力に素直な方法なのです。

私はこれを、心意六合拳の虎抱頭で確認しました。宋氏形意拳の五行拳で確認しました。

足に力が入っていると勁力が出ません。大きい力は勁力のブレーキとなります。ブレーキは外してしまいます。

それでも問題ありません。最後は鶏歩で終わります。最後は六合歩で終わります。だから崩れることはありません。

それは、鶏歩の、六合歩の、勁力トライアングルがあるからです。それが受け止めてくれます。だから、安心して力を抜くことができます。

勁力トライアングルとは、親指と親指側エッジ、足首内側、下腿3頭筋、で造る三角形のことです。これがクッションとなります。

もっともっと弱い鶏歩を、もっともっと弱い六合歩を、造ります。すると、もっと大きな勁力が生まれます。

お知らせ 7月7日、日、12時半から桜台体育館で練習します。はじめて、の人も遊びにおいでませ。道わからない人は、12時に氷川台駅地下改札で待ってます。 ユタシク

by tiger-hawk | 2019-07-05 08:12 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31