人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

力を入れてしまう病

心意六合拳の全ての歩法は鶏行歩、と心意六合拳の古拳譜に明記されています。

ところが、鶏行歩に力を入れてしまう人たちがいます。これが、心意六合拳の悲劇です。宋氏形意拳も同様に、力を入れてしまう人たちがいます。中国人の先生にも日本人の先生にもいます。

力を入れると、どうなるか? 勁力は生まれません。死産ではありません。妊娠しません。単なるマスタべーションに終わります。

力を入れてはいけません。勁力の殺害です。

もちろん、気でもありません。気は詐欺師の商売道具です。

では何か? それは自分の体重です。体重を用います。

では、体重を乗せた拳、が正しいのか? 体重を乗せた拳は、大間違いです。

それは体重を空虚なものと化して、勁力の発生を泡にします。

拳に体重を乗せてはいけません。愚かな行為です。絶対に止めましょう。

体重は足首に降ろします。足首は関節なので、実際の仕事は、下腿3頭筋が担います。下腿3頭筋の伸長しない伸長性収縮です。これが心意六合拳の鶏歩の目的です。宋氏形意拳の六合歩の目的です。

このブログの文章はちんぷんかんぷん、だと思います。それは、あなたが体験したことのない感覚と運動だからです。

そもそも人間の歩き方ではありません。鳥類と恐竜の指行性二足歩行です。人間は踵を用いる蹠行性二足歩行です。だから理解できません。理解した時は、勁力を獲得した時です。でも先へ進めます。

体重を足首に降ろすことは、たいへん困難です。人間は体重を様々なところで支えています。

胸で支えています。胸の力を抜きます。肩で支えています。肩の力を抜きます。背中で支えています。背中の力を抜きます。腰で支えています。腰の力を抜きます。

へっぴり腰で支えています。へっぴり腰はやめます。

尻は収めます。具体的には、腹直筋で内臓を持ち上げるようにします。腹直筋で体幹を立てます。すると尻が収まります。

大腿四頭筋で体重を支えています。大腿四頭筋の伸長性収縮です。地面を蹴る力です。地面を蹴ると、カラダが浮いてしまいます。

大腿四頭筋の役割を縮小します。大腿四頭筋は短縮性収縮して、地面を抑えるようにします。

そして、下腿3頭筋の伸長しない伸長性収縮で前進します。だから鼠蹊部と足首はくびれます。

ところが、ここに落とし穴があります。

下腿3頭筋は、通常、短縮性収縮しか知りません。そこで、下腿3頭筋に力を入れてしまいます。短縮性収縮を強化してしまいます。

すると力感が生まれます。達成感が生まれます。ヤッター、というわけです。

力感があるところに勁力はありません。だから四両発千斤、というのです。小さい力で大きい力を発する、というのです。力感がないのに、強い力=勁力が生まれる、というわけです。

この感覚は難しいので、理解できる範囲で安直に勁力を得ようとして、力を入れてしまうのです。

力を入れれば力は出ません。勁力は永遠に生まれません。通常の感覚に頼った結果です。そんな心意六合拳の先生が、宋氏形意拳の先生が、あなたの周りにいるかもしれません。恐ろしいことです。逃げろー

追伸 発勁とは力を入れることではありません。発勁とは力を出すことです。

by tiger-hawk | 2019-08-18 08:20 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31