人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

ヒラメ筋の弱いスプリング

昨日の体育館から

心意六合拳の虎形套路を練習してみました。

最初に、単虎抱頭があります。擘を撃ち終わった時、とても低い鶏歩になります。

一見、しゃがんでいるようですが、しゃがんではいけません。

しゃがんでいる、とは踵に体重が降りている状態です。この状態になるということは、勁力が死んでいます。もちろん、擘も撃てません。拳も撃てません。

そうではなく、後ろ足に、ヒラメ筋の弱いスプリングを造ります。つまり、やわらかい鶏歩を造ります。すると勁力が生まれます。

足首の力を抜きます。足首の折れ曲がる角度は限界がありますから、あるところで止まります。勁力トライアングルができます。

強いスプリングを造ってはいけません。それは硬い鶏歩となり、地面を蹴ってしまいます。硬い鶏歩は勁力の死です。

やわらかい鶏歩は、ヒラメ筋の弱いスプリングとなります。これが根本勁力となります。

宋氏形意拳の六合歩も同様に、ヒラメ筋の弱いスプリングを造ります。しかし、ちょっとわかりにくい。鶏歩のほうがわかりやすい。

ヒラメ筋の弱いスプリングを造るためには、足首の力を抜かなければなりません。

これには、心理的抵抗を感じる人もいます。ヒラメ筋の弱いスプリングでは、バランスが難しい。

硬い鶏歩ならば、バランスが簡単だからです。でも、硬い建造物が勁力を生むことはありません。

微妙なバランスの中に勁力は生まれます。

力づくで撃ったところで、腕力だけです。勁力ではありません。

しゃがんでいる状態と、ヒラメ筋の弱いスプリングは、できない人には見分けがつきません。もちろん、できた人には見分けられます。

何わけわからないことを言っているのだ? フジマツのボケ! となります。

しかし、勁力と無勁力の境い目は、とても微妙なのです。動画を見てもわかりません。写真を見てもわかりません。できない人にはわかりません。

自分のカラダで感じ取るしかありません。

燕子点水で上下する練習も良いでしょう。

でも足首のくびきを解き放つことが必要です。足首を自ら縛っている人が多いようです。

追伸 足が震えるのは正しい反応なのか? と質問されました。それは、足首の力を抜く意思と抜きたくない意思がぶつかっているのです。無駄な抵抗しているのです。そんな抵抗止めましょう。
訂正します。
どうして足が震えるのか? 足の力を抜いて足首の力を抜かないからです。足首の力だけで立っているわけです。どうあっても足首の力を抜きたくないというわけです。不安なのです。

by tiger-hawk | 2019-10-06 08:02 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー