人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

やわらかい鼠蹊部と下腹部

鼠蹊部のくびれ、についてはかなり以前から発見していたのですが、世間のみなさんからは理解されませんでした。これだけで、ある程度の勁力が出ます。

これ、鳥類=恐竜の骨格を見ると、簡単にわかります。まあ、人間様がなんで鳥の真似をしなければいけないのか? とのお叱りの声があるかもしれません。

心意六合拳の基礎がどうして鶏歩なのか? ニワトリです。人間ではありません。

そこには、人間の直立姿勢についての批判があります。

直立した時、鼠蹊部と下腹部が伸びてしまいました。足首も伸びてしまいました。その結果、勁力を失いました。

その反省の上で、鶏=鳥類=恐竜に学ぶというのが心意六合拳なのです。鳥は指行性ですが、同じ二足歩行です。

もちろん、そんなことは中国の本には書いてありません。しかし、心意六合拳が動物の姿勢を取り入れたのは、思想的根拠があったのです。

私は身体能力が低く、筋力も弱く、頭も弱かったので、どうしても勁力が欲しかったこともあります。

その勁力は心意六合拳の鶏歩の中に隠れていました。私は隠れた勁力を見つけただけです。

様々な幸運にも恵まれました。宋氏形意拳との出会いは決定的でした。

震脚に飽き飽きしていた私は、静かな形意拳に出会いました。そこで、やわらかい前足を理会しました。

震脚や沈墜勁を用いる場合、やわらかい前足では怪我してしまいます。その衝撃に耐えるために、硬い前足が必要となります。やわらかい前足では、バランスを崩してしまいます。

後ろ足を引き寄せる時、音を立ててはいけない、と心意六合拳の師匠に教わりました。それは本質的課題を含んでいました。

それは足首をやわらかく使いなさい、という意味だったのです。

つまり、やわらかい鶏歩ということです。当然、親指側エッジになります。小指側エッジでやわらかい鶏歩では、足首を怪我してしまいます。

これは、心意六合拳の様々な技で試されます。やわらかい鶏歩でないと撃てない技がたくさんあります。

その典型が燕子点水の技です。燕子点水を震脚で撃ったら、膝を壊します。震脚傾向の心意六合拳では、燕子点水をどうやって撃つのだろう? 想像できません。強引にやるのだろうけど。あるいは使わないのかな?

やわらかい鶏歩は、硬い足首の人でも可能です。要するに、地面を蹴らなければ問題ありません。

迫力にこだわる人は、地面を蹴ってしまいます。すると、硬い足首になってしまいます。勁力は生まれません。

心意六合拳の迫力とは何か? みなさんご存知ありません。

それは相手を威嚇してハッタリをかますためにあるのです。迫力は勁力と無関係です。それは自分を鼓舞して相手を脅かすためです。あるいは表演ショーのためです。

迫力があっても勁力がない場合も、当然あります。この辺り、理解していない中国の先生もいます。

あるいは、勁力の無いことを迫力でごまかす、なんてこともあるでしょう。

すなわち、優先するのは迫力ではなく勁力、ということです。

見た目に騙されてはいけません。まあ、見た目に騙されるのが人間なんですけど。

心意六合拳の体幹は、腹筋と前鋸筋で造ります。しかし、ガチガチの体幹ではいけません。それでは撃てない技がたくさんあります。

以前、体幹をアコーディオンに譬えました。伸び縮む体幹です。例えば、単虎抱頭の擘です。もちろん、燕子点水も、虎抱頭も。

体幹の使い方は流派によって異なります。例えば、擘卦拳の体幹は、うねる体幹です。腕の回転に目を奪われてしまいますが、それではいけません。腕の根元は肩ではありません。うねる体幹が腕の根元です。ワニの歩き方が参考になります。天才沖縄古謝先生の体幹を見てみましょう。

鞭杆を教えてくれた上海体育学院の邱先生が、示してくれました。でも、うねる体幹はたいへんです。私は根性無しなので、あきらめました。しかし、鞭杆もうねる体幹を少し理解すると上達します。

心意六合拳の場合、伸び縮みする体幹、となります。体幹を固定的に捉えてはいけません。

鶏歩では、やわらかい鶏歩です。

膝もやわらかく使います。当然、膝に体重を乗せてはいけません。でも、へっぴり腰ではいけません。

形意拳の三体式も固定的に捉えてはいけません。もちろん、震脚を使う場合は、固定的になります。心意六合拳の場合も固定的になります。

震脚を使う場合と使わない場合、世界が全く異なります。

震脚はそのうち使わなくなる、なんて説もあります。それは年取って震脚がしんどくなっただけのこと。そのカラダの使い方は変わりません。三つ子の魂百までも、なんてね。

やわらかい鶏歩では、膝もやわらかく使います。つまり、膝に体重を乗せてはいけません。

太極拳で膝を壊すのは、膝に体重を乗せるからです。単純な話しです。その弓歩は股開き弓歩です。

やわらかい鼠蹊部と下腹部から始めましょう。そして、伸び縮みする体幹を獲得しましょう。

追伸 オラのボロアパートの前に暗渠の小川があるのだが、大丈夫かぁ? 凄い雨ですけど?

追伸 若い頃、オラの太極拳教室に古謝さんと佐藤聖ニさんが遊びに来てくれた。少林拳の練習です。古謝さんのニ起脚を見て、こりゃかなわんよ、と私は降参しました。佐藤さんも苦笑していました。その時、古謝さんは天才だ、と確信しました。それからしばらくして、古謝さんは北京体育大学へ、佐藤さんは中国人民大学へ留学しました。私は上海外国語学院へ行きました。才能の無い私は、違う道を探しました。それは、地に呪われた心意六合拳です。

追伸 棒立ちでも撃てるのか? と質問されました。ハイ撃てます。でも、実は棒立ちができなくなりました。棒立ちのつもりでも、鼠蹊部がくびれています。カラダが変形しました。すいません。いわばインチキ棒立ちです。でも、これが私の棒立ちです。これで自然な棒立ちなんです。涙 逃げろ〜

追伸 どうして月刊秘伝はもっと天才沖縄古謝さんを押さないのかなぁ? どうでもいい達人とか? どうでもいいし 笑 理解できない。まあ、オラには関係ないけど。あヒリヒリヒリ イヤササ 真美ちゃんはチュラカーギー!

追伸 合気上げ、て何か意味があるのかなあ? 無意味じゃね? つかんだ人が既にバランスを崩しているからね。今度、元忍者さんに聴いてみよう。そういえば、オマエの勁力は合気上げだ、とか言ってた間抜けオジサンがいたなあ。元気してるかなあ? どうでもいいけど。んじゃまたね

by tiger-hawk | 2019-10-12 08:03 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー