人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

一本足鶏行歩

心意六合拳の鶏行歩の一歩とは、どのようなものか?

それは一本足状態です。後ろ足一本足ではなく、前足一本足です。

後ろ足はかなり引きつけられていますが、前足をギリで越えません。越えてはいけません。

これは、蹴る直前の状態です。卷地風という低い蹴りの直前です。

前足は軸足になりますから、安定しなければなりません。そうしないと効果的に蹴れません。

そのために、大腿四頭筋の特に大腿直筋を活用します。大腿直筋の短縮性収縮です。

そのために、後ろ足は地面を蹴ってはいけません。カラダが浮いてしまいます。

前回明らかにしたように、ウォーキング、ランニング、ジャンプ、一般的太極拳などは、大腿四頭筋の伸長性収縮です。全て同じ大腿四頭筋の伸長性収縮です。

だからカラダが浮いてしまいます。普通の歩き方も、大腿四頭筋の伸長性収縮です。だから縦揺れします。

鶏行歩も縦揺れする人がいます。だから、前足が着地した時が一歩になります。だから、そのままでは撃てないので、沈墜勁か震脚が必要になります。

鶏行歩が縦揺れする時、本来の勁力は発生しません。勁力の死です。

後ろ足は地面を蹴らずに、足首が折れ曲がります。後ろ足は引きつけられた時、力が抜けています。しかし足先は垂れることなく、拇指球で蹴る準備ができています。

前足は大腿直筋の短縮性収縮を用います。ヒラメ筋は伸長性収縮します。大腿と下腿は逆の運動となります。だから、一般の人は勁力を発見できません。

フジマツはひねくれ者ですが、武術にだけは素直なので、発見できました。つまり、そのままで受け入れます。ニワトリの歩き方を、そのまま受け入れます。

日本人は権威が大好きです。日本人は漢字だけで書かれた文章に権威を感じます。しかし、中国武術の理論は、儒教からの借り物がほとんどです。大したものはありません。

唯一、心意六合拳には素朴な動物生態論がありました。それが救いとなりました。そこから鶏=鳥類=恐竜の指行性二足歩行が明らかになりました。

鶏行歩の一本足構造が明らかになりました。

by tiger-hawk | 2019-12-02 08:02 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31