動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2017年 09月 04日 ( 1 )

腕の生える所=前鋸筋

*肩に力が入ってしまうと、姿勢勁力は死んでしまいます。

*そこで、肩の代わりのものを用意します。

*それが脇腹の前鋸筋です。腕を肩からではなく、前鋸筋から生やします。

*それが心意六合拳と形意拳の称する「龍身」です。

*具体的には、前鋸筋で体幹を制御します。その訓練が、宋氏形意拳の龍形基本功、熊の基本功1号と2号です。

*心意六合拳の全ての技も、体幹を前鋸筋で制御します。

*太極拳のロウシツヨウホも前鋸筋から撃ちます。

*全ての拳・掌は前鋸筋から撃ちます。

*前鋸筋の次に腹横筋が登場します。体幹の始まりは前鋸筋なのです。拳・掌の始まりは前鋸筋です。

*足の始まりは、足指と直結したヒラメ筋です。

*足指ーヒラメ筋の直結のために、鼠蹊部が折れ曲がり、足首が折れ曲がります。それが、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩です。宋氏形意拳の六合歩も同様です。

*足指とヒラメ筋、前鋸筋と腹横筋、この組み合わせが姿勢勁力となります。

*したがって、いわゆる丹田が根源ではありません。体幹は前鋸筋が根源となります。

*鉄牛耕地は、前腕の筋肉と前鋸筋を鍛えます。腕立て伏せは肩甲骨を使ってしまうので、やってはいけません。虎鷹拳院では禁止です。肩甲骨発勁は、最も愚かな発勁です。

*前鋸筋から腕が生えることにより、真実の含胸拔背が実現します。




k101.JPG250px-Serratus_anterior.png




Bob Dylan - Abandoned Desire (Desire Sessions, Edited)

https://www.youtube.com/watch?v=v8w-rRLDqcI



[PR]
by tiger-hawk | 2017-09-04 08:20 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー