動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2018年 01月 02日 ( 1 )

くたびれ果てるまで

*心意六合拳・鶏行歩は、連続する大きい鶏歩、ともいえます。そこで、私は大きい鶏歩の練習をおすすめします。

*ところが実際には、大きい鶏歩は存在していません。

*確かに、大きい鶏歩に近づきますが、前足が着地した瞬間には、後ろ足は浮いています。つまり、幻の大きい鶏歩となります。

*これを詳細に見ると、後ろ足一本時間と前足一本時間の連続となります。

*しかし、歩くということは左右の足が交替します。つまり、後ろ足と前足の区別が無くなります。

*そこで、鶏行歩の最初の動作に注目しました。

*その動作は、鶏歩から前足を挙げる動作です。そこから、後ろ足一本足時間が始まります。この後ろ足一本足時間の運動から勁力が生まれます。

*この後ろ足一本足時間が長ければ、勁力を簡単に理解できます。

*そんな動作があるのでしょうか? それはあります。

*鶏行歩以外の鶏歩で終わる全ての技です。それは例えば、鶏撲食です。

*どうして鶏撲食なのか? それは一番簡単な技だからです。

*その技から、長い後ろ足一本足時間を学びます。

*しかし、地面を蹴るのはヒトの本能です。蹴りたい地面、というわけです。

*そこで、くたびれ果てるまで鶏撲食します。疲れて来ると、地面を蹴らなく成る、というわけです。

*もう息が切れるまでやれば、地面を蹴らなく成ると考えられます。

*私の修行時代、勝手に止めることは許されませんでした。師匠が、止め、というまで延々と一つの技を続けました。

*体育館で教えていると、みんなすぐに止めてしまいますが。残念だと想います。

*但し、膝で歩くクセのある人は、膝を痛めてしまいます。足首ではなく、常に膝に体重がある人です。直立姿勢ならば、そんなに問題ありませんが、鶏歩的状態だと膝を痛めてしまいます。

*日本人の多くは膝で歩いています。膝で立っています。そこから直す必要があります。

*そこで、大きい鶏歩から練習します。

*そして、鶏撲食から練習します。不器用な人は、手の動作を省いてもいいです。

*くたびれ果てるまで、鶏撲食しましょう。

追伸

心意六合拳・鶏歩をやると、戦闘準備完了 ! となります。宋氏形意拳・六合歩をやると、静かな気分になります。え? オチが無い? つまらん ! どうもすいません。

センセー、餅を喉に詰まらせて死ぬことのないように・・・とシロクマさんが心配してくれます。しかし、どうも喜んでいるような感じです。餅を詰まらせて死ぬのはオチとしては面白い、と口を滑らしていました。オラは天女に抱かれて死ぬんですよ。その天女がいないのは問題ですが・・・というわけでまだ死にませんよ。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-01-02 08:09 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー