動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2018年 01月 09日 ( 1 )

尻を当てる

*全ての人の体幹は統一されています。ある人は肩で体幹が統一されています。ある人は腰で体幹が統一されています。

*しかし、姿勢勁力の観点から見ると、肩あるいは腰で体幹が分裂していると考えます。

*どちらも尻が放棄されているからです。

*姿勢勁力では、体幹の底を尻と考えます。底の尻から体幹を動かします。

*それが宋氏形意拳の龍形基本功です。熊の1号です。

*でも尻は一番鈍感な部分です。だから、いつも尻は置いてけぼりになります。

*すると、拳は体幹が欠落して腕力だけになります。

*腕力が強い人はそれでもいいのですが、私のような貧弱な腕力ではどうしようもありません。

*体幹の中心を腹=丹田に置く人もいます。しかし、それではやはり尻が忘れられてしまいます。

*これを私は心意六合拳の熊吊膀で理解できました。

*熊吊膀は肩を相手に当てます。

*そこで多くの人は肩を当てに行きます。結果、肩が突出してしまいます。

*それでは打撃の効果がありません。また、肩を脱臼する危険があります。

*ではどうすればいいのか?

*それは尻を当てると考えることです。

*直接当たるのは肩ですが、その実態は尻を当てるのです。

*すると、体幹全てを用いることになります。

*これで強い打撃となります。

*熊吊膀は肩ですが、これを拳にも当てはめます。

*拳は拳面を当てますが、その実態は尻を当てるのです。

*すると、体幹全てを用いることになります。貧弱な私の腕力でも、強い打撃が撃てます。

*それが心意六合拳の馬形拳です。心意六合拳の全ての技です。

*そして、宋氏形意拳の五行拳となります。一番わかりやすいのは炮拳です。

関係ない追伸

映画ブリムストーンが面白そう。殺人狂牧師を、レイパー父を殺せ ! オカネ無いけど見に行こう。でも100年前のアメリカ怖い。今はアメリカの外でやっている暴力と戦争。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-01-09 08:24 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー