動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2018年 02月 22日 ( 1 )

体重さんイラッシャーイ

(昨日の体育館から)

こんにちわ、つぶれそうな虎鷹拳院の馬鹿頭のフジマツです。

*みんなが来る前に一人で、心意六合拳・天地功をやる。なかなか気持ちいい。これからは毎日やろうと想う。いつも三日坊主なんですが。

*5月4日の伝統武術大会へ向けて体調を整える。三節棍排打功に66歳で挑む。アハハ あっきれいなオネーサン、帰らないでくださーい ! 三節棍排打功やるのはオラだけです。男の子もやりませんからあ。

*三節棍排打功で女性会員を誘う。え? 一人も来ないぞ、ボケ ! やっぱりそうですか。そう思ったんですよ。でもここは雪男さんの魅力で。あっユキオじゃなくてユキオトコです。ヒゲがボーボーなんでオラが命名しました。なかなかセクシーですよ。アハ

*新人さんが来た。以前来たことがあるそうです。フジマツ全く覚えていません。物忘れが多い。人の名前も忘れる。アルツハイマー進行中です。

*ともかく、つぶれそうな虎鷹拳院に救世主現れる、ですね。そだねー(カーリング女子の言葉だそうです。) 可愛いね。

*鉄牛耕地を見てくれ、と言われた。それで見たけど、腹が落ちる。腹で身体を持ち上げるようにしてください。

*これ、腹で腹を持ち上げるようにします。下腹から腹横筋で全体を持ち上げるようにします。すると、前鋸筋が張ります。オペラ歌手みたいな感じ。オペラ歌手知らないけど。たぶんそんな感じ。

*雷声の時も同じです。発勁の時も同じです。排打功で撃たれる時も同じです。雷声も、発勁も、排打功も、みんな同じ、と心意六合拳の師匠に教わりました。(発勁といっても特別なものはありません。少なくとも、虎鷹拳院にはありません。それは他の道場で"秘伝"を教わってください。アハハ )

*腹で腹を、全体を持ち上げる、というのはフジマツの表現です。フジマツ、デブなんで腹を持ち上げて歩きます。

*-みんなで心意六合拳・熊吊膀をやってみる。力を抜いて、ゆっくりとやります。

*そこから、肩の排打功を二種類やってみる。

*いろいろと欠点が見えてきます。最悪なのが、身体が浮いている人です。もちろん、打撃も成立しません。

*全身の力を抜いてリラックスしてください。すると、足首に体重が降りて来ます。そしたら、体重さんイラッシャーイ、と歓迎します。足首が折れ曲がり、指行性になります。そのまま撃ちます。

*それだけかい ! ハイ、それだけです。秘伝もウンコもありません。申し訳ありません。

追伸・・・人間、がんばると地面を蹴ってしまいます。そこで姿勢勁力はがんばらない。力を抜きます。でも、核心は外さない。そこが難しいかもしれません。

追伸2・・・新しい練習法を考えました。これなら狭い自分の部屋でも鶏行歩できます。足が悲鳴をあげるまでやってみます。面白そうです。

追伸3・・・有名な俳優さんが急性心不全で亡くなったそうです。66歳で。オラもうすぐ66歳。急性心不全は60歳の4月でした。人ごとではないですね。残された日々をいい加減に過ごします。当時の医者に、「フジマツさん、心臓が半分止まっているよ。なぜだかわからないけどねー」と言われました。

追伸4・・・ある人から素晴らしいペティナイフいただきました。ありがとうございます。オラの料理、簡単なものぱかりだから、ペティナイフ一本で間に合います。オラ実は調理師だったのですが、離婚した時、包丁は全部置いて家出しました。今は切れないステンレス包丁が一本だけです。これからはこのペティナイフを友達として、残された日々をいい加減に過ごします。グラシアス ! 

[PR]
by tiger-hawk | 2018-02-22 08:40 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー