動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2018年 02月 24日 ( 2 )

2・25木戸銭千円講習会・武式太極拳

(この記事はしばらくトップ下に貼付けます。新しい記事は下のほうをご覧ください。)

2018年2月25日(日) に木戸銭千円講習会・武式太極拳を実行します。

参加者全員が、勁力弓歩ができて、弓歩の発勁ができるように指導します。それに向かってフジマツも努力します。

武式太極拳の簡単套路を習得してもらいますが、弓歩発勁を最優先します。

弓歩発勁は比較的簡単なので、全員体得しましょう。

姿勢勁力なので、弓歩ができれば発勁できます。弓歩を造り、前腕の筋肉で撃つ(押す) だけです。(腱ではありません。筋肉です。腱ならば訓練無しでできてしまいます。しつこい ! )

この前腕筋肉の使い方を、心意六合拳では鷹爪と称します。鷹爪の掌、鷹爪の拳を造ります。

肩に力を入れてしまうと失敗します。肩の力は抜きましょう。

弓歩は隠れ指行性となります。足の親指側のエッジを使います。正確には、親指と人差し指の間の線です。

足の筋肉は、ヒラメ筋ー腓腹筋ー半腱半膜様筋・大腿二頭筋ー内転筋のラインを造ります。特に大事なのが、ヒラメ筋と内転筋です。

2月25日(日) 12時開場 12:15~15:15 (体育館は17時まで使えます。)

練馬区開進第一中学校体育館(地下鉄有楽町線氷川台駅から歩いて10分)

予定定員6名

体育館用シューズまたは地下足袋を用意してください。

申し込み 080-3736-6541 フジマツ

(註)、体育館の手続きは終了しています。変更や中止はありません。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-02-24 08:50

下腿三頭筋"だけ"伸びる

*若い頃、形意拳に興味を持ちました。形意拳ならば、歳取っても撃つことができる、と聴いたからです。爺さんになっても楽しめるというわけです。

*そこで、板橋の◯◯道場へ行きました。当時はそこ位しか無かった。後に、故佐藤聖二さんに、「フジマツさんには暗い過去がある」とからかわれた原因です。(暗い過去なら、20代前半の想像を絶する過去がありますが、とても人には話せません。虎鷹拳院のみんなにも話せません。聴かないでください。)

*そこで形意拳を習いましたが、闘えるイメージが湧きません。実際、空手3級の東大生に歯が立ちません。

*そんな時、中国へ行くチャンスがありました。当時、日中国交回復したばかりで、どうやって中国へ行けばいいのか? さっぱりわかりませんでした。

*今は亡き日本太極拳協会の初めての一般向け中国ツアーでした。日本武道館の地下道場で練習していた団体です。

*朝4時に上海のホテルを抜け出して、街をブラブラしていました。(そんなことするのは私一人です。) すると、大きな食堂を発見。たくさんの労働者がいました。貧しいお婆さんが、食料券を出して現金に替えてくれ、と私に言います。よっほど困っていた様子でした。(当時、中国語はできませんでしたが、なんとなく解りました。)

*ところが私、外国人用のオカネしか持っていません。(兌換券といいました。今はありません。) そんなオカネ見せてもお婆さんにはわかりません。私も労働者食堂のメシを食べてみたかったけど、どうしようもありません。(きっとまずかったと思います。) 文化大革命が終わって数年の頃の話しです。上海も貧しかった。路上に布団をしいて寝ている人たちがいました。厳寒の冬の上海です。死にますよ。(たぶん地方から陳情に来た人たち、あるいは家族が病院に入院している人たちかと思います。)

*食料券は配給制度だと思います。後に手に入ったけど、記念に持っていればよかった。今は持っていません。

*ツアーで河北系形意拳を見ました。あれなら使えそうだな、と思いました。でも習う機会はありませんでした。

*その後、少林拳やったり、八極拳やったり、通背拳やったりしていました。

*同時に、心意六合拳に興味を持ちました。形意拳の素は回族の心意六合拳です。形意拳には十二形拳があります。心意六合拳には十大形があります。どちらも動物形拳です。

*心意六合拳は鶏歩と鶏行歩が基本です。すると答えは用意されていました。ニワトリの指行性一本足のことです。それが動物形拳の根本です。

*形意拳の故郷=山西省太谷県へ宋氏形意拳を訪ねました。その二年後、上海郊外で心意六合拳を習いました。宋氏形意拳も心意六合拳もさっぱり撃てません。アハハ

*でも、一年後、なんとなく見えてきました。心意六合拳の師匠のおかしな後ろ足です。伸びそうで伸びない後ろ足です。粘る納豆の後ろ足です。

*これには八極拳の経験が役に立ちました。八極拳と真逆なことをやればいいわけです。

*ところが、日本人に教えてみると、なかなか上手くいきません。日本人、地面を蹴ってしまうのです。骨の髄まで、地面を蹴ってしまいます。「それなら八極拳やれよ」、と口に出そうでした。というわけで、日本人には八極拳が合っています。ホントですよ。

*どうやって教えればいいのか? 地面を蹴る代わりに、折れ曲がる足首を設定しました。(折れ曲がる足首で地面を蹴ってしまう人もいました。八卦掌みたいです。)

*ところが、日本人の足首は硬直しています。そこで、座り圧腿で足首を曲げてみました。すると、下腿三頭筋が伸びることを発見しました。まあ、当たり前といえば当たり前なんですが。これが心意六合拳の鶏行歩となります。膝は伸びないけど、下腿三頭筋だけ伸びる、というわけです。宋氏形意拳の六合歩(三体式) も同様です。

*というわけで、おじさんとお兄さんの汚い足指をつかんでギュウギュウ曲げる日々が始まりました。何の因果か? オラの晩年にこんな運命が待っていたとは? 神は我を見捨てたのか? ゴルゴダの丘のキリストの嘆きが解ったような気分かな?

*ある人から言われました。「センセーの趾球は肉球みたいですね」だそうです。もはや人間ではありません。ナンデヤネン !

追伸・・・武式太極拳講習会でも、足首ギュウギュウやってあげます。スペシャル・サービスです。せっけん国の美女でもやってくれませんよ。たぶんね。知らないけど。アハハ

追伸2・・・下腿三頭筋だけ伸びる、とは、前腕の筋肉だけ伸びる、と同じ関係です。すなわち、指行性四足歩行動物というわけです。

追伸3・・・あれ? 「内家拳信者に嫌われたい」の記事が1位になってる。あんなふざけて書いた記事が1位なんて・・・読者が求めているのは「お笑い」なのか? もっと真面目に書いた記事を読んでください。え? いつもふざけている? そういわれると否定できない・・・ごめんなさい・・・逃げろ~~

追伸4・・・「浮かないで、できるだけ遠くへ水平移動する」というのが鶏撲食の課題です。これで勁力運動線が長くなります。これは師匠の動きから盗みました。極意ですよ~~ もちろん、地面を蹴ると身体が浮きます。それはランニングだからです。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-02-24 08:44 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー