動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2018年 05月 01日 ( 1 )

絞り方教室

(昨日の体育館から)

*今回は、絞り方教室となりました。姿勢の絞り方です。心意六合拳・鶏歩における絞り方です。宋氏形意拳・六合歩も絞るのですが、鶏歩のほうが単純明快なので、鶏歩から始めるのがよろしいかと考えます。

*スウィング功から始めました。スウィング功により、親指側エッジを顕在化させます。体重を片足の親指と人差し指に落とします。鼠蹊部が切り込まれます。足首が折れ曲がります。

*今日初めて鶏歩をやってみたおじさんFが、鶏歩で勁力を出してしまいました。小さな勁力ですが、初めたその日に出勁に成功するとは、素晴らしいことです。以前のことを考えると奇跡です。

*フジマツも教え方が上手くなったものです。・・・というのはウソです。全てはスウィング功のお陰です。スウィング功により、親指側エッジが明確化していたのです。おじさんFには、既に数回スウィング功と武式太極拳を教えていました。

*それに、鶏歩の絞り方を教えれば、鶏歩の出勁(小さな発勁) はとても簡単になります。

*鶏歩は順歩が基本です。順歩の場合、上半身と下半身の絞りが逆絞りになります。実はとてもおかしな関係となります。

*上半身は脇腹の前鋸筋から半身になります。そのままだと身体は開いてしまいます。しかし、後ろ足の親指側エッジを内側へ絞ります。

*上半身の絞りと下半身の絞りが逆方向となります。すると、身体の中心軸が現れます。そこから撃ちます。

*自然な状態では身体の中心軸が現れません。不自然な状態から、身体の中心軸が出現します。鶏歩を創作した心意六合拳のご先祖様は偉大です。

*逆歩の鶏歩では、上半身の絞りと下半身の絞りが同じ方向となります。とても簡単です。鶏歩の基本は順歩なので、難しいけれど、順歩から始めましょう。

*その他、鉄牛耕地の手型を修正してみました。手をベタ手にしてはいけません。それだと、手首を使うことになります。手首を使うと肩に直接負荷が掛かります。肩を使う結果となります。

*鉄牛耕地の手型は、心意六合拳の鷹爪です。第一関節が陥没してもいけません。全体が丸くなります。そして、前腕と腹筋を用います。

*低くなった状態から、もう一段ギアを上げます。腹圧を上げて、腹圧と前腕で身体を持ち上げます。

(註) 半身の絞りでは、腰を使ってはいけません。脇腹の前鋸筋を用います。宋氏形意拳の龍形基本功、熊の基本功などで学びます。

追伸・・・もっと早くスウィング功を考案していれば、たくさんの人に勁力をプレゼントできたのに。それが残念ですが、これからの人はとても簡単に勁力を得られるようになりました。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-05-01 08:12 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー