動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2018年 05月 08日 ( 1 )

順歩は逆絞り、逆歩は順絞り

*最近作った、開脚または座り禅密功ヨコ動作、を半年振りに来たオバチャンに教えてみました。これ、健康法としてかなり優秀だと感じています。

*オラが最近調子いいのは、この動作の効果です。ホントですよ。この動作、腹筋運動にもなっています。そのため他の腹筋運動はしていません。必要ありません。

*そして、スウィング功も教えてみました。鼠蹊部の切り込みをしっかりやってもらいました。するとオバチャン、勁力を出していました。前腕の筋肉が弱いので、小さな発勁ですけど。

*足の筋肉と骨への体重圧は、心意六合拳・鶏歩よりも、宋氏形意拳・六合歩よりも優れています。裏の筋肉、表の筋肉、内側の筋肉、全てに効きます。だからスウィング功をやってから、鶏歩・六合歩をやると楽です。

*最初の切っ掛けは、親指側エッジをはっきりさせることでした。そのために、膝を内側へ倒してしまいました。これでも、体重は親指と人差し指にあるので、膝を痛めることがありません。

*体幹と足の絞りも確認してみました。

*心意六合拳・鶏歩の場合、基本は順歩ですから、体幹は前鋸筋で外側へギリギリと絞ります。そのままだと身体は開いてしまいます。そこで、後ろ足の親指側エッジを出します。すなわち、足は内側へ絞ります。

*体幹の絞りの方向と足の絞りの方向が逆になります。順歩鶏歩は逆絞りです。すると、身体の中心軸が現れます。普段の姿勢では中心軸が現れません。身体を絞ることによって、中心軸が現れます。

*心意六合拳・馬形拳には、順歩鶏歩そのままで、逆突きする技があります。絞りは順歩なので逆絞りです。こうなると、拳は拳一個分しか出ません。しかし、強力な拳となります。これは大好きな技です。

*逆歩鶏歩は順絞りとなります。蛇行歩などは順絞りです。脇腹の絞りの方向と、足の絞りの方向が同じです。

*逆歩は順絞り、順歩は逆絞り、となります。宋氏形意拳・六合歩も同様です。

*正面で撃つ場合、体幹は左右両側から絞ります。前鋸筋から鼠蹊部へ向かって絞ります。これが、心意六合拳と形意拳の称する龍腰です。これは解りにくいので、順歩の逆絞りと逆歩の順絞りから学ぶと良いでしょう。

*もちろん、どのような場合も、前足と後ろ足は親指側エッジを用います。前足の親指側エッジを疎かにしてはいけません。

*はじめてオバチャンにスウィング功を教えてみたら、ちゃんと勁力を出していました。スウィング功の優秀性を確認できました。

追伸・・・開脚または座り禅密功ヨコ動作、と、スウィング功はオラのアレンジです。オラ権威主義者ではないので、作ることができました。権威主義者は練習しないでしょうけど。姿勢勁力も権威主義者ではないので解明できました。解る? 権威主義者君。

関係ない追伸・・・「謎の アジア納豆」高野秀行、めっちゃ面白かった。オカネ無いので、図書館で借りて読みました。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-05-08 08:42 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー