動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2018年 05月 19日 ( 1 )

権威は捨てて自分の肉体感覚を信じます

*勁力といっても、素材は自分の体重です。骨がー、腱がー、という頭のおかしい人たちもいますけど・・・骨と腱で戦うなんて死神ですね。怖いですねー まあキャッチ・コピーなんでしょうけど。

*姿勢勁力は姿勢の構造で勁力を生みます。当たり前なんで、 キャッチ・コピーはありません。姿勢の構造は自分の体重を支えるためだけではありません。武術なので、相手の体重も支えます。そのために、骨も腱も筋肉も必要となります。

*相手の体重を感じる時、それは一番おいしい瞬間です。その瞬間、後退してはいけません。しかし、踏ん張ってもいけません。踏ん張ると、身体が浮いてしまいます。

*ヒトは歩くので、左右の足が交替します。その時に、一本足になる瞬間があります。その瞬間に踏ん張ると、勁力は死んでしまいます。踏ん張るのではなく、前足一本足の足首が折れ曲がります。その前足はすぐに後ろ足になります。

*踏ん張るのではなく、崩れ落ちるのでもなく、その中間を維持します。すると、心意六合拳の大きい鶏歩状態となります。実際には、まだ前足は着地していないので、鶏歩そのものではありませんけど。

*私は、心意六合拳の師匠の、伸びそうで伸びない後ろ足に着目しました。膝は曲がっていますが、体重は膝にありません。体重は後ろ足足首の内側にあります。足首は関節なので、実際には下腿三頭筋で体重を支えています。骨も腱も支えていますが、それを特に言う必要はありません。

*その下腿三頭筋は伸張性収縮です。ところが、膝は伸びません。だから、見た目はわかりません。踏ん張ると、身体は伸び上がります。ところがその下腿三頭筋は短縮性収縮となります。見た目と反対なので、なかなか理解されません。

*心意六合拳の鷹爪を教えると、一生懸命につかむ練習をする人がいます。鷹爪という言葉は、つかむことを連想させます。ところが、鷹爪も伸張性収縮なのです。前腕の筋肉と指の伸張性収縮です。しかし、つかむことは短縮性収縮です。鷹爪の語感と反対なので、誤解されます。

*心意六合拳と形意拳の称する龍腰とは、体幹の絞りのことです。雑巾を絞るようにギリギリと絞ります。すると、はじめて身体の中心軸が現れます。中心軸を形だけ造っても、無駄なことです。

*ところが、龍腰の語感では、腰を使うことと誤解されてしまいます。腰を使うと、体幹は分裂してしまいます。伝統的用語は問題ありますね。

*私はひねくれ者なので、宋氏形意拳の伝統的理論も、心意六合拳の伝統的理論も疑ってかかりました。もし伝統的理論が有用ならば、なぜ宋氏形意拳も心意六合拳も失敗する人が多いのだろうか? 実際に中国へ行ってみると、宋氏形意拳も心意六合拳も生きている死体が累々と転がっています。ネット動画にも、生きている死体がたくさん動いているのが見えます。生きている死体のほうが迫力ありますけど。

*伝統的理論を重んじるのは、権威主義の現れです。権威主義は、誤った方向へ導きます。権威を信じるのではなく、自分の肉体感覚を信じます。権威なんてウンコです。

*スウィング功を造ってみたら、順歩なのに気がつきました。そこで、逆歩のスウィング功を造ってみました。いわば裏スウィング功です。この裏スウィング功、足にかなり効きます。楽しくなりました。

*裏スウィング功ができると、心意六合拳の馬形拳が撃てるようになります。馬形拳には特殊な拳があります。順歩の鶏歩なのに、逆拳で撃つのです。体幹は絞ったままです。腰も体幹も全く動きません。射程距離は拳一個分だけです。これがたいへん強力なんです。面白いですよ。

*馬形拳を教わった時、師匠から、腰を絶対に使ってはならない、と厳命されました。この場合、体幹も全く動きません。習った当初は、どうやって撃ったらいいのか? 全く撃てませんでした。

*撃てるようになったら、宋氏形意拳・馬形拳の隠し拳も撃てるようになりました。馬形拳の隠し拳も、体幹を全く動かさないで撃てるようになります。これも面白いです。もちろん、習ったことはありませんけど。

*習ったことは、回族の陳先生による後ろ足裏側筋肉の伸張性収縮です。(見せてくれただけですが) これを心意六合拳・鶏歩に、宋氏形意拳・六合歩に、応用すればいいわけです。すなわち、足が伸張しない伸張性収縮です。幻の大きい鶏歩です。これでは全く見えません。気付かないのも無理はありません。これで、心意六合拳・鶏行歩します。

*勁力は権威主義だと見失ってしまいます。権威は捨てて、自分の肉体感覚を信じます。哲学的勁力論も捨てます。抽象的勁力論も捨てます。クソリアリズム勁力論を造ります。

追伸・・・Nさんから、故佐藤聖二さんの本が出たよ、と指摘されたので、ジュンク堂へ行ってみました。佐藤さんには若い頃、たいへんお世話になりました。少林拳を教えてくれました。李英先生の八極拳をいっしょに習いました。常松先生の通背拳を一ヶ月遅れで共に習いました。北京大学の食堂で再会したことは楽しい想い出です。でも、本は残念で悲しいので買えませんでした。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-05-19 08:27 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー