動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2018年 07月 07日 ( 1 )

もっとフニャフニャになろう

お知らせ・・・7月9日(月) は平和台体育館が休館のため練習を休みます。

*先日、Aさんに、腹直筋で内臓を持ち上げる、を教えてみました。でも上手くいかないので、腹直筋で背中を立てる、といいかえてみました。内容は同じです。

*背中を背中で立てる、ではなく、腹直筋で背中を立てる、というわけです。たぶんオペラ歌手か狂言師に似ているのでは? と 勝手に想像しています。腹の底から声が出ます。間違っていたら、ごめんなさい。少なくとも、心意六合拳の雷声ではそうします。つまり、発勁の呼吸法の元です。

*こうすると、腹直筋は緊張しますが、胸、肩、背中、腰、尻、鼠蹊部などはゆるみます。

*鼠蹊部の深い切り込み、は姿勢勁力の要です。そのためには、鼠蹊部をゆるめる必要があります。座り圧腿もそのためにやります。

*ヒトの直立姿勢は、それだけで鼠蹊部が緊張します。鼠蹊部が緊張することによって、ヒトの直立姿勢が成り立っています。腰も緊張します。

*そこで、腹直筋に仕事してもらいます。すると、腰も鼠蹊部も背中もゆるみます。

*一般常識に反しますので、なかなか納得してくれないと想います。学校では反対のことを教えてくれます。背中を背中で立てる、と教えます。でも、大切な要領です。これで、肩をフニャフニャにできます。宋氏形意拳のフニャフニャ五行拳の根っこになります。

*Bさんには、拳立てをやってもらいました。すると、直後、チョコン突きが威力を増しました。フジマツを軽く吹っ飛ばしてくれました。素晴らしいです。前腕の使い方を体得しています。

*でも、ちよっと空手風かな? 腕を伸ばし過ぎです。ある空手出身なので、私とは雰囲気が違います。もう少し、腕を伸ばさないと、宋氏形意拳の馬形拳風になります。次回は、一歩踏み込んでフジマツを吹っ飛ばしてみてください。Bさんは下腿の勁力トライアングルを既に体得しているので、簡単にできると想います。

*勢いを殺す心意六合拳の鶏行歩も、もうすぐにできることでしょう。

*このチョコン突きは、平拳なので、宋氏形意拳の馬形拳が元です。立拳になると、宋氏形意拳の崩拳、または心意六合拳の馬形崩拳になります。

追伸・・・初心者でもできますか? と質問された。初心者でもできる芸術とかスポーツとか、そんなもの世の中に存在しているのだろうか? 絶対に存在していない。もし存在していたら、そんなもの習う必要があるのか? 習う価値無いだろう。めし喰ってウンコしていればよいのでは? 世の中では、初心者でもできます、なんていう教室があるが、ウソに決まっている。詐欺師だよ。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-07-07 08:48 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー