動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2018年 10月 09日 ( 1 )

最終奥義か?

私は本当に馬鹿なのに、姿勢勁力を体得してしまいました。それで、この勁力は誰でもできるものだと勘違いしてしまいました。

それがとんだ間違いでした。そのために無い頭を使ってみました。

その効果が現れて、最近たった2回の練習で勁力を出す人がいました。

心意六合拳の鶏行歩の教え方を、考えて完成しました。それは鶏行歩に隠されている低い蹴りを前面に出すことです。

鶏歩から強い蹴りを撃つためには、前足指の踏み込みが必要となります。この前足指の踏み込みを記憶します。特に親指と人差し指の先っぽです。

これを鶏行歩に適応します。鶏行歩では前足一本足になります。この時、前足親指の踏み込みを用います。ここから蹴ることはしません。この踏み込みで強い軸足を造ります。

もちろん、地面を蹴ってはいけません。それでは身体が浮いてしまいます。勁力は死んでしまいます。

下腿3頭筋の勁力は長く継続させます。

この前足親指の踏み込みが最終奥義かと愚考いたします。

鶏行歩は鶏歩から歩きます。左鶏歩から前足の左足を軸足の後ろ足の右足で送ります。左足は着地の時、親指の先っぽで踏み込みます。

これを繰り返します。つまり、左足親指の踏み込み、右足親指の踏み込み、左足親指の踏み込み、と続きます。その間、浮いてはいけません。ということは、下腿3頭筋は体重の圧力を受け続けます。

しかし、体重の圧力に反発してはいけません。それでは、地面を蹴ってしまうことになります。 つまり、結果として、下腿3頭筋の伸長性収縮となります。

これにより、勁力が発生します。

追伸→ウォーキングは体重の圧力が掛からないので、無意味です。言い換えると、膝で歩いています。足の筋肉を鍛えられません。一般の太極拳も膝で歩いています。この場合、体重の圧力を膝で受けています。だから膝を痛めます。これも無意味です。もちろん、鶏行歩も膝で歩いてはいけません。下腿3頭筋で歩きます。親指の踏み込みでは大腿四頭筋も動員されます。

骨と筋肉が若返る食べ方、大友通明著、青春出版社、なかなか良い本です。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-10-09 08:21 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー