動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2018年 11月 02日 ( 1 )

極意→3箇所抜き

こんにちは! いつもつぶれている虎鷹拳院とアホのフジマツです。

姿勢勁力の極意→3箇所抜きです。3箇所のちからを抜きます。これは、心意六合拳、宋氏形意拳、武式太極拳、に共通する原則です。みなさんが姿勢勁力を身につけるために必要なことです。すぐにできる人もいれば、なかなかできない人もいます。個人差があります。

1 鼠蹊部のちからを抜きます。
2 足首のちからを抜きます。
3  肩のちからを抜きます。

この3箇所は、どうしてちからが入るのでしょうか? それは、ヒトの直立二足歩行の結果です。ヒトの業、ヒトの習慣ともいえます。しかし、頭に欠陥のあるアホのフジマツができたのだから、みなさんは必ずできます。そのように、虎鷹拳院の会員も口々に申しております。

1 鼠蹊部のちからを抜きます。これが根本です。そのために、座り圧腿をおすすめいたします。この時、鼠蹊部だけでなく、下腿3頭筋の圧腿も、大腿ニ頭筋の圧腿も実行します。

この訓練が、裏ルートの開発に効果的です。裏ルートとは、足の親指から足首の内側ヘ、ヒラメ筋ヘ下腿3頭筋ヘ、大腿ニ頭筋ヘ、内転筋ヘ、と繋がります。そのための指行性です。そのための親指側エッジです。

2 足首のちからを抜きます。ヒトは無意識に地面を蹴ります。ですから、意識して足首のちからを抜きます。

心意六合拳の弓歩、鶏歩、鶏行歩、宋氏形意拳の六合歩などで足首のちからを抜きます。すると体重が足首の内側に降りてきます。実際の仕事は下腿3頭筋が担います。

3 肩のちからを抜きます。これは24時間注意しましょう。寝る時の姿勢も大事です。抜けているはずの人も、相手を前にすると肩にちからが入ってしまいます。

相手を押す練習をします。その時、肩を使わないようにします。腕は前鋸筋から生やします。肩は無視します。裏ルートを用います。足の親指から勁力を出します。

最後に、力むのはやめましょう。力むと、ハエの留まるワザができます。もちろん、勁力なんてありません。技のキレを作るためにも力むのはやめましょう。ちからは入れるものではなく、ちからは出すものです。入力ではなく出力です。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-11-02 08:29 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー