人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2019年 07月 09日 ( 1 )

運動スタイルの変態

こんにちは、世界で唯一、心意六合拳と宋氏形意拳の内蔵勁力を解明したアホのフジマツです。

もちろん、心意六合拳と宋氏形意拳にも外付け勁力派があります。それらの人には関係ない話しで、申し訳ありません。

姿勢勁力と称していましたが、姿勢の力なんて誰でも言うらしい。

ところが、私が言う姿勢、人間の姿勢ではありません。人間は蹠行性直立姿勢です。

内蔵勁力は、指行性二足歩行の姿勢です。鶏=鳥類=恐竜の指行性二足歩行です。

心意六合拳と宋氏形意拳の姿勢は、もはや人間の姿勢ではありません。動物の、鶏=鳥類=恐竜の姿勢です。

人間の姿勢、直立姿勢はなにをもたらしたのか? 

肩と胸に力が入る。鼠蹊部に力が入る。足首に力が入る。という三つの力の発生が、人間の直立姿勢の結果です。

これを変えれば、勁力が出ます。肩と胸の力を抜く。鼠蹊部の力を抜く。足首の力を抜く。基本はこれだけです。

問題もあります。力を抜くのが嫌いな人の場合です。これはもう、内蔵勁力をあきらめるしかありません。

人間の歩き方にも問題があります。人間は、地面を蹴って体重移動して歩きます。

地面を蹴ること、を克服します。体重移動すること、を克服します。それが、心意六合拳の鶏行歩です。

これは、人間の本能の否定みたいなものです。だから、困難な人もいます。私の場合、馬鹿なので、簡単でした。なにも考えていませんでした。

でも、武術をやる人の場合、強く撃ちたいという願望があります。すると力が入ってしまいます。地面を蹴ってしまいます。

私の場合、身体能力がかなり低い。頭も弱い。そのために、勁力が欲しかった。ある程度、強い人の場合、力を抜くことはたいへんな作業です。強くなりたい人も、力を抜くことは困難な作業です。

太極拳の場合、力が抜けているフリをします。でも大切なところの力が抜けていません。肩の力が抜けていません。鼠蹊部の力が抜けていません。足首の力が抜けていません。

力を抜くだけでは不十分です。見えない筋肉の伸長性収縮を用います。見えないとは、動作として表れない伸長性収縮です。

前腕筋肉の伸長性収縮は、見えません。前鋸筋の伸長性収縮は、見えません。内転筋の伸長性収縮は、見えません。下腿3頭筋の伸長性収縮は、見えません。大腿ニ頭筋の伸長性収縮は、見えません。

伝統的表現では、鷹爪、龍身、龍腰、円襠、鶏行歩、などと称します。

力を抜く、というのは筋肉の否定ではありません。運動スタイルの変態です。人間の蹠行性運動スタイルから、動物の指行性運動スタイルヘの変態です。

大衆受けを狙って筋肉を否定する武術先生がいますが、ただの詐欺師です。そのほうが商売になるからです。はっきり言って、気で打つ武術先生は詐欺師です。

関係ない追伸 南の島から見学者が来るというので、ワンネー フジマツ ヤイビーン、とあいさつを練習していたら、背後から突然来られたので失敗。ナンデヤネン! 報われないフジマツです。涙

追伸 以前、還暦割引しろや、と言われたのですが、それやると過去に遡り、損害賠償請求されるかも? というわけで、たまあに会員、がおすすめです。普段はリビングルームで、鶏歩や六合歩してればあー でも肩の力は抜いてください。努力しないと抜けません。なんにも努力しない人もいますが、天才的な人です。肩甲骨発勁する人は、死んでも抜けません。ご愁傷さま

by tiger-hawk | 2019-07-09 08:38 | 反人間本能の勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー