人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2019年 07月 16日 ( 1 )

体重移動によらない打撃

昨日の体育館から

見学者さんが来たので、みんなで心意六合拳の弓歩、鶏歩、宋氏形意拳の六合歩、とやってみました。

しかし、腰が張って、尻が出ているので、尻を収める練習に時間を掛けました。正直、なかなか治りません。気長に練習してください。腹直筋で内臓を持ち上げるようにします。腹直筋の伸長性収縮です。

宋氏形意拳の龍形基本功、熊形基本功、ワニ形基本功、とやってみました。ワニ形は難しいので、簡易形にしてみました。簡易形でも大きな勁力が出ます。腹の左右に小さな半円を描きます。

このワニ形を宋氏形意拳の崩拳に応用します。すると、強力な崩拳が生まれます。最後に崩拳を練習しました。一年以上続けてください。なんとかなるでしょう。

最短、一年以上は練習しないと使えるようにはなりません。これが、宋氏形意拳が格闘技の役に立たない理由の一つです。

しかし、もっと根本的な問題があります。宋氏形意拳は体重移動を嫌います。体重移動すると、宋氏形意拳の勁力は消えてしまいます。心意六合拳も同様です。

人間は体重移動によって歩きます。格闘技の打撃は体重移動によって撃ちます。これでは、根本的に相容れません。だから、宋氏形意拳と心意六合拳は、格闘技の役には立ちません。

キックボクシング関係者に宋氏形意拳の基本功を教えて、売名を図った先生たちがいました。彼らの売名は、根本から間違っていたのです。ご愁傷さまです。売名そのものは関係ありません。

では、体重移動によらない宋氏形意拳の打撃は、どのようにして成り立つのか?

撃つ瞬間に、鼠蹊部はさらにくびれます。足首はさらにくびれます。そのようにして、体重移動によらない、地面を蹴らない打撃が成立します。心意六合拳も同様です。

これは、かなり力を抜かないと成功しません。鼠蹊部の力、足首の力、肩の力、をさらに抜きます。

一般の形意拳、一般の心意六合拳、はかなり力が入っているので、体重移動によらない、地面を蹴らない打撃は、実現不可能です。

しかし、体重移動によらない打撃は、大きな勁力を生み出します。そのための宋氏形意拳の六合歩です。そのための心意六合拳の鶏歩です。

追伸 格闘技の役には立たない宋氏形意拳と心意六合拳。これは重要な認識です。24式太極拳が役に立たないのとは、全く違う意味です。24式太極拳は、小指側エッジを使うので、股関節が開き、勁力が形成されません。中国武術は滅びると思っていましたが、体操競技として延命しました。それともまた別の意味です。

追伸 宋氏形意拳の宋光華先生が推手みたいなものをやっているそうです。横拳を応用すれば、捌きができることは早くから分かっていました。そこから推手に発展させることも可能だと、分かっていました。でも推手は無意味です。やられそうになったら、手を入れ替える、足を入れ替える、で対処して反撃できます。だから推手の練習は無駄です。無理に我慢すると、ケガします。膝を壊した人、股関節を壊して手術した太極拳の先生がいました。

追伸 腰または背中で体幹を立てる人がいます。これだと、勁力は形成されません。腹直筋で体幹を立てます。学校教育が間違っているのですが、なんとか克服してください。学校の元は軍隊ですから、根っこは深いのですが。いわゆる直立不動の姿勢が元凶です。

by tiger-hawk | 2019-07-16 08:32 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー