人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2019年 07月 31日 ( 1 )

勁力とは勢いを殺すことなり

気の力、は悪質なファンタジーです。悪い妖怪です。では、フジマツがファンタジーではない勁力を解説します。夢を壊して申し訳ありませんが。

勁力とは何か?

勁力とは、勢いを殺すこと、です。それが、心意六合拳、宋氏形意拳、武式太極拳の勁力です。

一般の太極拳を見ると、ものすごい勢いがあります。

え? なにをバカなこと言っているんだ? 太極拳はゆっくりだから勢いなんかあるわけ無いだろ! フジマツのバカ!

フジマツは確かにバカですが、この場合は100%正しい。

人間は地面を蹴って歩きます。つまり、歩くだけで勢いが発生します。だから、歩くとカラダが浮いてしまいます。

24式太極拳では、さらに後ろに下がって勢いを付けます。バックスイングするようなものです。

この勢いが勁力を殺します。だから、反対に勢いを殺す必要があるのです。

歩く勢いは、人間の直立姿勢から生じます。直立姿勢を観察すると、胸を張り、鼠蹊部を伸ばし、足首を伸ばしています。

この三つの要素が根本的間違いなのです。

だから、査骨の下にくびれを造ります。鼠蹊部にくびれを造ります。足首にくびれを造ります。

それが心意六合拳の鶏歩です。宋氏形意拳の六合歩です。

特に難しいのが、鼠蹊部のくびれです。鶏=鳥類は指行性二足歩行なので、鼠蹊部がくびれています。しかし羽があるので見えません。恐竜の想像図がわかりやすい。あるいは、スピードスケートの選手です。

足首のくびれも難しい。人間は足首も地面を蹴るからです。だから、心意六合拳も宋氏形意拳も、足首のくびれていない場合が少なくありません。

鼠蹊部がくびれていないと、どうしてもカラダが前へ突っ込んでしまいます。勢いが生まれます。これは、人間の姿勢の運命なのです。

人間は踵を用いる蹠行性二足歩行なので、どうしても足首がくびれません。これは人間の運命なのです。

心意六合拳の創始者は、ニワトリの一本足に着目しました。完全に歩く勢いを殺しています。

歩く勢いを殺すところに勁力が生まれます。それが心意六合拳の鶏行歩なのです。

歩く勢いを殺すと、体重は下腿3頭筋に、ヒラメ筋に降りてきます。この体重が勁力の種になります。この種を勁力トライアングルで大きく育てます。

勢いは勁力の種を殺してしまいます。勁力の殺害です。

追伸 鼠蹊部のくびれ、は実際に指導を受けなければ理会が困難です。フジマツは自分で発見したけど、これは例外です。また一回で理会できる人もいます。数回の修正でも理会できない人もいます。個人差がかなりあります。

by tiger-hawk | 2019-07-31 08:20 | 反人間本能の勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー