人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2019年 10月 04日 ( 1 )

力の方向が違います

人間の歩き方は、とても負担が少なく合理的だそうです。つまり、コストパフォーマンスが良い。つまり、疲れにくい。

それに対して、心意六合拳の鶏行歩はとても非合理です。つまり、コストパフォーマンスが悪い。つまり疲れます。

このコストパフォーマンスの悪さが、勁力を生む、とも言えます。もっと複雑な問題がありますが。

どうして足の力を抜くのか? これは、地面を蹴らないためです。

しかし、鶏行歩は、蹠行性の人間が指行性の二足歩行をします。これはたいへん負担が大きい。それだけ、筋肉の負担が大きい。足の力を抜いていられません。

騙したのか? そんなことはありません。力の方向が違ってきます。力を入れるのではなく、力を出すのです。

具体的には、下腿3頭筋は短縮性収縮するのではなく、伸長性収縮します。通常の歩き方では、下腿3頭筋は短縮性収縮します。

太極拳は自然指向ですから、下腿3頭筋は短縮性収縮します。

沈墜勁や震脚では、やはり下腿3頭筋は短縮性収縮します。

蹠行性では下腿3頭筋は短縮性収縮します。

この本には反論できないだろ! とxさんが、整体入門、野口晴哉、ちくま文庫、を読めボケ! と持ってきた。

確かに反論できません。気は物質以前の存在、とあります。つまり、宇宙以前の存在です。

宇宙以前の存在は、神の領域です。そんなこと、人間が論じることはできません。お手上げです。降参します。アハハ

前腕は例外、について書くつもりでしたが、脱線しました。それは後日に。では、神の領域からは…逃げろや逃げろ!

by tiger-hawk | 2019-10-04 08:35 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー