人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2019年 11月 02日 ( 1 )

筋肉の覚醒

気イ気イ言う頭のおかしい人たちはどうでもいいので、筋肉の覚醒の話しをします。なお、筋肉が覚醒していない人は実感として全くわかりません。オマエの文章わからないと言われても、困ります。

前回の補足から
宋氏形意拳の崩拳を成功させるためには、前腕筋肉の覚醒=鷹爪と、前鋸筋の覚醒=龍身が必要不可欠です。鷹爪が無いと、拳先がブレブレです。フニャフニャなのは拳先ではありません。肩がフニャフニャなのです。肩をフニャフニャにするのは難しいので、拳先をフニャフニャにする人が多い。本末転倒です。

宋氏形意拳の先生の中には、拳先がブレブレの先生もいます。それは失敗例です。本場の先生だから失敗しない、ということはありません。

足元から、その一 ヒラメ筋
ヒラメ筋の伸長性収縮です。力を入れると短縮性収縮してしまいます。力を入れてはいけません。体重を用います。

直立姿勢では、ヒラメ筋は隠れたままで、出てきません。心意六合拳の鶏歩が最適です。その時、無意識に地面を蹴ってしまいます。すると、前足に体重移動してしまいます。この無意識が厄介です。そんな失敗例が中国にも珍しくありません。

で、後退すると、へっぴり腰になってしまいます。前も後ろも地獄です。へっぴり腰にならず、鼠蹊部の切れと下腹部のくびれから始めましょう。

そのニ 内転筋
内転筋の覚醒はなかなか難しい。心意六合拳の弓歩で内転筋を膨らませます。この時、股を開いてはいけません。鼠蹊部が伸びてしまいます。

太極拳は小指側エッジを使う流派が多いので、股開き弓歩になってしまいます。その場合、内転筋は永遠に覚醒しません。
続く

by tiger-hawk | 2019-11-02 08:33 | 反人間本能の勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー