人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

2019年 11月 08日 ( 1 )

最後のハードル

筋肉の覚醒 その四

5 前鋸筋の覚醒、です。
これが最後のハードルです。でも、かなり高い。このハードルを超えられず挫折した残念な人もいます。確かに大衆受けを狙うならば、こんなハードルを取り払って、気と丹田、を表看板にすれば良い。

気と丹田は妄想です。しかし、気と丹田の思想を考えてみたら、その元は中国伝統思想ではなく、日本軍の精神主義でした。

日本軍がアジア太平洋戦争に敗北した根本思想は、精神主義=気と丹田の思想でした。つまり、気と丹田の思想は敗北主義そのものです。特攻の思想も敗北主義です。

そして、日本人の精神構造は、敗戦後も変わりませんでした。日本を破滅に導いた辻政信は、戦後国会議員にまでなりました。腐った国日本です。

だから、現代の武術屋も太極拳屋も達人先生も、気と丹田の思想に呪縛されています。その点では一貫しています。

でも、気と丹田の思想は敗北主義なのです。だから、永遠に勝利することはありません。ただ、入門者を失敗に導くだけです。なんと恐ろしい思想なのでしょうか。人の武術人生を失敗に導くのです。そんな思想は捨て、筋肉の覚醒の道を歩みましょう。

筋肉の覚醒の最後が、前鋸筋の覚醒です。日頃、人間は肩を使っています。それを拡大すると、肩甲骨発勁となります。肩甲骨発勁は、僧帽筋を使うそうです。

肩甲骨発勁を長期間練習していると、もはや前鋸筋は覚醒しません。鉄牛耕地はできなくなります。背中が右肩と左肩の間で陥没してしまいます。だから、腕立て伏せはできます。

すると、前鋸筋も前腕の筋肉も覚醒することはありません。

心意六合拳の技の打撃は、前鋸筋が要となります。

宋氏形意拳の技の打撃は、前鋸筋が要となります。

いわゆる寸勁も、前鋸筋による打撃です。

心意六合拳の起勢の半身は、鶏歩の半身は、肩ではなく、前鋸筋で造ります。

実際には、肩を使う中国の先生もたくさんいます。前鋸筋に無知なのです。だから、中国の先生だからといって、単純に信用してはいけません。

フジマツの場合は、偶然に身を任せただけですが。いい加減そのものです。神様のお導きです。アハハ 才能も素質も無いフジマツを神様が哀れんでくれた結果です。でも、勁力は、前鋸筋は、自分で発見しました。

宋氏形意拳の龍形基本功は、肩で回すのではなく、前鋸筋で回します。

宋氏形意拳の熊形基本功は、肩から動くのではなく、前鋸筋から動き、鼠蹊部を切り込みます。

宋氏形意拳の五行拳は、陰陽五行説ではなく、前鋸筋で撃ちます。特にわかりやすいのが、パオ拳です。
つづく

追伸 気と丹田の思想は敗北主義でした。だから、気と丹田では勁力ができないわけです。気と丹田は無能でした。

by tiger-hawk | 2019-11-08 08:08 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー