動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

筋肉から見た姿勢勁力

*姿勢勁力の成功と失敗は、鼠蹊部にカギがあります。指行性も鼠蹊部から始まります。

*鼠蹊部の深い切り込みが、折れ曲がる足首につながります。折れ曲がる足首が指行性へつながります。心意六合拳、宋氏形意拳、武式太極拳に共通しています。

*鼠蹊部の切り込みを教えるのに、女性だと問題あります。つぶれそうな虎鷹拳院に女性が来ることは滅多にありませんが。(男性も滅多に来ませんけど) どうやって教えたらいいのかな? 誰か教えてください。

*男性には、鼠蹊部に力を入れている人がたくさんいます。まずは鼠蹊部の力を抜きましょう。心意六合拳の鶏行歩も、鼠蹊部の力を抜くと成功へつながります。

*でも今回は、筋肉から見た姿勢勁力、をやってみます。え? 骨から?  腱から? それは難しいです。他の道場がよろしいかと愚考いたします。

1、下腿三頭筋の伸張性収縮

*これは、足の親指側エッジから始まります。親指側エッジとは、足袋のラインです。すなわち、親指と人差し指の間のラインです。覚醒させるにはスウィング功が最適です。

*世間の下腿三頭筋の運動は、短縮性収縮のようです。ですから使えません。伸張性収縮にするには、伸びそうで伸びない足にすることです。これも、地面を蹴らないスウィング功がおすすめです。すると、心意六合拳の鶏行歩が理解できます。ここでも、鼠蹊部がカギになります。

2、内転筋の伸張性収縮

*これはわかりにくいのですが、弓歩からわかります。半腱半膜様筋と大腿二頭筋から内転筋へつなげます。かなり強い意識をかけます。内転筋が膨らむ感覚です。

*内転筋で上半身と下半身がつながります。

3、腹横筋の伸張性収縮

*腹横筋を左右横へ引っ張ります。結果として、腹が少し凹みますが、それが目的ではありません。同時に尻を収めます。これも結果として、尻が収まります。意識を強くかけます。

4、腹直筋の伸張性収縮

*腹直筋で内臓を持ち上げます。腹に力を入れる、と考えて短縮性収縮してしまう人がいます。それは誤解です。それだと背中も緊張してしまいます。腹直筋を上へ伸ばすようにします。

5、前鋸筋の伸張性収縮

*前鋸筋が膨らむようにします。これは、鉄牛耕地や浅い拳立てで刺激できます。鉄牛耕地が難しい人も拳立てなら問題ありません。一般的な深い拳立てだと、肩甲骨が出てしまいます。それだと腕立て伏せと同じ結果となりますので、浅い拳立てにします。ギリギリ肩が出ないところで止めておきます。

6、前腕筋肉の伸張性収縮

*これが心意六合拳の鷹爪のことです。前腕筋肉と指先を直結させます。これも難しいので、毎日心がけます。

7、隠し味の上腕二頭筋の短縮性収縮

*これが伸びそうで伸びない宋氏形意拳と心意六合拳の馬形拳です。心意六合拳には全く伸びない馬形拳もあります。これで気がつきました。あくまで隠し味なので、そんなに強く使いません。

*心意六合拳の龍形裹風(りゅうけいかふう) では、腕が全く伸びません。この場合は強く使います。つまり、龍形裹風では、前腕筋肉の伸張性収縮と上腕二頭筋の短縮性収縮を用います。なんか矛盾しているようですが、肘を脇腹にくっつけてしまうので問題ありません。

*空手や中国武術では、上腕三頭筋の伸張性収縮でいわゆる突きを実行します。姿勢勁力では上腕三頭筋の伸張性収縮を用いません。前腕筋肉と前鋸筋の伸張性収縮を用います。そして、隠し味として上腕二頭筋の短縮性収縮を用います。

それではまた

追伸・・・武式太極拳無料教室作りましたけど、さっそくつぶれそうです。本体の虎鷹拳院もつぶれそうなので、同じようなものですが、武式太極拳無料教室はつぶれても無料窓口として残します。元々一人で練習していた時間なので、つぶれても一人です。アハハ 9月に体育館が借りられたら、宋氏形意拳と心意六合拳の基本功・講習会を開きます。借りられなかったら、平和台体育館でやります。あんまり暑いので、開進第一中学校体育館では龍形を集中してやることにしました。これは楽しいですよ。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-07-31 08:20 | 姿勢勁力

鼠蹊部中心主義宣言

*26年位前、回族心意六合拳の陳先生の発勁方法を一回だけ見る機会がありました。「この勁で撃つ」というものだから、あっそうなんだと納得しました。(ウソ単把も教えてくれました。ありがとうございます。アハ)

*で、帰国してから教えてみたら、誰一人としてできませんでした。アホのフジマツができたのだから、誰でもできると確信していました。短気な自分は絶望しました。

*その後、自分が変態なんだ、と納得しました。頭がおかしいのです。当時の会員のみなさんには申し訳ありませんでした。古い友人には、脳が未発達だと指摘されました。そんな当たり前のことを言われたので、その友人は切りました。アハハ

*私が陳先生の方法を理解できたのは、頭がおかしいのが原因ですが、それだけではありません。

*武術経験者も格闘技経験者も、体重移動による寄りかかり発勁をします。みんなやります。私にはそれが欠落していました。

*そんな稚拙な技術と呼べないようなものには、若い頃から頼ったことがありません。もしも、発勁とか勁力とか称するものが現実に存在するとしたら、そんな幼稚な技術ではないだろう、と勝手に決めつけていました。そんな幼稚な技術の延長線上に発勁はない、と直感的に判断しました。

*もしも体重移動による寄りかかり発勁の延長線上に、本物の発勁があるのだとしたら、習う価値はありません。そう確信しました。

*私が姿勢勁力に導かれたのは、必然でもありました。自分がその方向へ自分の意思で歩んでいたのです。「腹直筋で内臓を持ち上げる」ことも自然とできました。誰かに習ったものでもありません。

*肩と胸の力を抜けば、姿勢を保つためには腹直筋を使うしかありません。選択の余地はありません。

*宋氏形意拳の龍形基本功では、背中、肩、胸の力を抜くことを学びます。そうなると、体幹を支えるために使えるのは腹直筋しかありません。

*背筋も使えません。腰も使えません。腰痛は腰を使うからなります。腰を使わない方法を学べばいいのです。もちろん、腰は回転しません。体幹は尻を含めて一体化します。

*心意六合拳にとっても、とても都合がいい姿勢です。武式太極拳にとっても都合がいい。これしかない。

*これヨーガの火の呼吸に似ているよ、と言ったら呼吸法として理解しようとしていた人がいました。もちろん、こちらの意図は呼吸法ではありません。この場合、呼吸法はどうでもいいんです。姿勢の造り方ですから。

*腰を使わないとしたら、何処を使うのか?

*それが鼠蹊部です。身体の動きの中心は鼠蹊部です。それしかありません。鼠蹊部中心主義です。

*鼠蹊部は龍腰でも使います。心意六合拳と形意拳の称する龍腰は、前鋸筋から始まり鼠蹊部へ至ります。鼠蹊部でクロスして内転筋へ至ります。このラインで上半身と下半身が統一されます。

*鼠蹊部が身体の要となります。

*古来、身体の中心は丹田とされてきたらしいです。フジマツ馬鹿なので、丹田がわかりません。それで自分の経験から、鼠蹊部中心主義になりました。鼠蹊部が動きの中心です。姿勢勁力の要です。え? 中国の先生はそんなこと言わない? そんなことは知りません。自分さえ良ければそれでいいんです。

*動きの中心が鼠蹊部ですから、鼠蹊部はやわらかくします。動きの中心が硬かったら、動けません。日本人には鼠蹊部が硬い人がたくさんいます。これは学校教育が関係していると考えられます。学校教育は軍隊教練が基本ですから、軍隊の姿勢が求められます。いわゆる「気をつけ」姿勢です。「気をつけ」では、鼠蹊部を硬直させます。

*鼠蹊部が硬いと、心意六合拳の鶏歩ができません。宋氏形意拳の六合歩ができません。鼠蹊部をフニャフニャにしましょう。

追伸・・・フジマツ流浅い拳立てを教えてみたら、次々と勁力を出す人が現れました。なかなか面白い現象です。9月に体育館が借りられたら講習会しますから、この浅い拳立てと出勁をやってみたいです。オモロイデェ~~旦那はん 女性でもできます。

追伸2・・・28日(土)10時から平和台体育館で個人練習をやるつもりでしたが、台風前兆の雨にビビって逃亡しました。申し訳ありません。おわびに8月4日(土) 10時から平和台体育館で個人練習します。時間のある方は遊びにおいでませ。

追伸3・・・普通の腹筋運動は、腹直筋の短縮性収縮なので姿勢勁力としては役に立ちません。腹直筋も伸張性収縮させます。

追伸4・・・正直にいうと、寄りかかり発勁って、恥ずかしくないのかなあ? というのが感想です。あっ言っちゃった。ごめんなさい。逃げろ~~ 

[PR]
by tiger-hawk | 2018-07-30 08:49 | 姿勢勁力

目に見える勁力から始めましょう

*姿勢勁力の第一歩は・・・武式太極拳=喬松茂スタイルです。その弓歩に勁力が露骨に現れています。


*だからこそ、喬松茂先生は教えなかったのではないか? あまりに簡単に勁力がわかってしまうから。誰でも強くなってしまうから。だから弟子の身体が浮いていても指摘しない。(私にはわかるようにつぶやいたのかもしれないけど。)


*でも私は回族心意六合拳の陳先生のお陰で、下腿三頭筋の伸張性収縮を知ってしまった。武式太極拳の弓歩も、同じことをしている。その入り方が違うだけで、最後は同じになる。


*幸か不幸か、フジマツは心意六合拳の勁力を知っていた。だから武式太極拳の勁力を簡単に理解できた。


*全国のみなさんも、武式太極拳から始めると効果的かもしれません。武式太極拳は姿勢勁力の第一歩、です。


*心意六合拳の鶏歩は難しい。宋氏形意拳の六合歩は難しい。その勁力は目に見えません。武式太極拳の弓歩なら、すぐに成果が出ます。達成感が得られます。


*鶏歩の勁力は目に見えない。できる人にしか見えない。六合歩も同様です。なかなか成果が得られない。ならば、第一歩として武式太極拳をやるべきではないのか? 


*でもまあ、個人の好みがありますからね。難しいところではあります。しかし、目に見える勁力から練習したほうがいいのでは? と愚考いたします。


*姿勢勁力には高い身体能力は要りません。しかし、沈墜勁や震脚などの動作勁力と違って目に見えません。そこで、目に見えるところから始めましょう。


*目に見える姿勢勁力は、武式太極拳の弓歩形成過程です。それと、回族心意六合拳の陳先生スタイルの鶏歩から弓歩、です。


*そして、勁力がほんの少し見えるのが、心意六合拳の鶏行歩です。鷹抓把などの技も鶏行歩に基づいています。


*最後に、目に見えない勁力です。それは、心意六合拳の鶏歩と宋氏形意拳の六合歩、です。目に見える動作がありません。


*準備段階として、下腿三頭筋の圧腿があります。これは座ってやるものと、立って虚歩状態でやるものがあります。


*インチキ・フジマツのいうことは信用できないという人も、武式太極拳に興味がある人も、武式太極拳無料教室へ来てみてください。練馬区民限定を外しました。姿勢勁力を実感できると、めっちゃ楽しいですよ。


*最低限必要なものは、下腿三頭筋の伸張性収縮と、前腕筋肉の伸張性収縮、です。


*前腕筋肉への体重圧力は、鉄牛耕地と拳立て、です。拳立ては両立拳の幅をコブシ一個位にして、肩甲骨が出ないようにあまり深くしません。鉄牛耕地が難しい人も、拳立てならできます。手が痛い場合は、タオルを畳んで敷いてみましょう。タオルを三回折ります。


*目に見える勁力ですが、なかなかできない人もいます。その原因は、力の入れ過ぎです。力を入れれば力は出ない、ということを知るべきです。力を入れるとは、筋肉の短縮性収縮です。短縮性収縮すると、伸張性収縮はできません。いわゆるフクラハギの体操をやるべきではありません。


[PR]
by tiger-hawk | 2018-07-29 08:45 | 姿勢勁力

お知らせ7・28

*ごめんなさい。台風なので、28日(土)午前の個人練習は休みます。19時からの練習は予定通り休みます。

*29日(日)13時からの武式太極拳無料教室は実行します。練馬区民限定は外しました。みなさん、遊びにおいでください。武式太極拳の発勁はとても簡単です。なにしろ弓歩だけですから。会員の方も遊びにおいでください。15時15分まで練習できます。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-07-28 08:29

下腿三頭筋の覚醒プログラム

お知らせ・・・7月28日(土) 19時~は事情により練習を休みます。なお、28日午前10時から平和台体育館第一武道場で個人練習します。時間のある方は遊びに来てください。

*姿勢勁力の要は下腿三頭筋です。下腿三頭筋への体重圧力と下腿三頭筋の伸張性収縮が姿勢勁力の根本です。

*しかし、ヒトの下腿三頭筋はたいへん鈍くなっています。それに比べ、大腿直筋と膝の感覚はたいへん鋭い。

*これは、ヒトが蹠行性だということが深く関係していると思われます。蹠行性のヒトは、膝で立って膝で歩きます。さらに現代日本人は、足指を使って歩かないので足指が退化しつつあります。日本人の50%は外反母趾になっているらしいです。

*足指を使って歩く。前足指に体重が載っているのを確かめて、後ろ足を前へ送る。足指で地面を蹴らない。ということを実行すると、足首が折れ曲がります。すると指行性に近づきます。下腿三頭筋も刺激されます。

*回族の陳先生スタイルを教えてみても、全くできない人もいます。下腿三頭筋の感覚が欠如しているようです。心意六合拳の鶏行歩ができないのも、下腿三頭筋が超鈍くなっているからです。そのために、大腿直筋で地面を蹴ってしまいます。

*これでは、心意六合拳の鶏歩を教えても、宋氏形意拳の六合歩を教えても効果はありません。

*それで、下腿三頭筋の覚醒プログラムを考えてみましょう。

1、座り圧腿での、下腿三頭筋の伸張性収縮

2、虚歩状態での下腿三頭筋の伸張性収縮 (両手あるいは片手で前足つま先をつかみます。そして、前足の後ろ側を伸ばします。片手の場合は、足と反対側の手でつかみ、片方の腕で膝の少し上を押さえます。)

3、武式太極拳における弓歩での下腿三頭筋の伸張性収縮

4、回族・陳先生スタイルでの下腿三頭筋の伸張性収縮

*という4段階の下腿三頭筋覚醒プログラムを考えてみました。

*その中で閃いたことがありました。

*武式太極拳の虚歩なんですが、あれも前足の下腿三頭筋の伸張性収縮としてしまえば、套路練習も効率的になるのではないか? 

*武式太極拳(喬松茂スタイル) の虚歩は、下腿三頭筋だの圧腿と解釈してしまうのです。これも下腿三頭筋の覚醒の一環となります。

追伸・・・武式太極拳無料教室始めました。練馬区民限定でしたけど、限定を外しました。誰でもどうぞ。日曜日13時~14時、平和台体育館第一武道場、個人使用料300円(65歳以上150円)かかります。平和台体育館でイベントがある場合、武道場が使えない時もあります。二十四式などとは全く違うので、がっかりしないようにね。高い身体能力は要りません。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-07-27 08:27 | 姿勢勁力

身体の動きの中心は鼠蹊部

お知らせ・・・7月28日(土) 19時~は事情により練習を休みます。代わりに午前10時から平和台体育館第一武道場で個人練習します。

*身体の動きの中心は鼠蹊部です。姿勢勁力の心意六合拳、宋氏形意拳、武式太極拳では、そのように動きます。

*この鼠蹊部中心を理解できれば、心意六合拳、宋氏形意拳、武式太極拳の全ての基本功と技ができるようになります。

*宋氏形意拳の龍形基本功も、熊形基本功も、五行拳も、十二形拳も、心意六合拳の十大形も、鼠蹊部を中心として動きます。

*しかし、現代日本人の鼠蹊部は硬直しています。これをゆるめる必要があります。そして、鼠蹊部を切り込みます。

*スウィング功は、鼠蹊部を深く切り込むことと、親指側エッジを開発するために作られました。

*この鼠蹊部を股関節と解釈してはいけません。股関節としてしまうと、外側へ広がってしまいます。

*また中国語のクアでもありません。クアとは腸骨の辺りを差します。これも外側です。鼠蹊部は内側の中心です。

*鼠蹊部は前鋸筋からつながっています。そのラインは鼠蹊部でクロスして内転筋へ達します。これを心意六合拳と形意拳では、龍腰と称します。

*前鋸筋は前腕の筋肉と直結します。これを心意六合拳と形意拳では龍身と称します。

*前腕の筋肉は指先と直結します。これを心意六合拳では鷹爪と称します。喬松茂先生の武式太極拳も同様の手型です。

*そして、鼠蹊部は深く切り込まれます。すると、足首は折れ曲がります。すると指行性に近づきます。

*人類の直立姿勢は、鼠蹊部を伸ばすことによって完成しました。したがって動物武術者は、完全に直立してはいけません。棒立ちのように見えても、常に鼠蹊部は切り込まれているようにします。

*胸を張ることなく、腹直筋で内臓を持ち上げてやります。すると大胸筋が使えません。小胸筋と前鋸筋を使うことになります。

*鼠蹊部を中心とするためには、足指で歩くことが大切です。ところが、現代日本人は足指を使って歩きません。そのために、足指が退化しつつあります。結果として、外反母趾になります。

*足指、特に親指と人差し指に十分に体重が載るように歩きます。小指側エッジを使ってはいけません。小指側エッジを使うと、がに股になってしまいます。小指側エッジを使う二十四式太極拳は、がに股太極拳です。

*鼠蹊部をゆるめて、身体の動きの中心とします。

関係ない追伸・・・最近やっと森田童子さんが亡くなった悲しみを、受け止めることができるようになりました。同い年で、同じ時代を生きた人でした。彼女の歌を聴くと青山高校のバリケードを思い出します。死の匂う破滅の時代でした。あれからたくさんの友達と先輩が死にました。自分はまだ生きています。この生を大切にして、やりたいことをやっていきます。フジマツが死ぬ前に来月、八極拳の先生が会ってくれるそうです。ありがとうございます。まだ地平線の向こうへは行かないつもりです。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-07-26 08:38 | 姿勢勁力

鼠蹊部と内転筋と親指側エッジ

*ある人に電話で質問された時、鼠蹊部の切り込まれた例として、相撲の蹲踞を上げてみました。すると、蹲踞は鼠蹊部が開いている、と反論されました。質問者の鼠蹊部とは、表面的な認識しかありませんでした。それで、別の観点から話してみました。

*でも、本意ではありませんでした。それでここで記してみます。実は、蹲踞の姿勢は鼠蹊部が閉じています。鼠蹊部の開いた状態とは、足の小指側エッジを用いた状態です。蹲踞で小指側エッジを用いると、たいへん不安定になるのでまずあり得ません。

*小指側エッジを用いると、内転筋が効きません。するとたいへん不安定になります。例えば、お年寄りは内転筋が衰えてくるので、転びやすくなります。内転筋は身体バランスの要です。内転筋の働いていない状態を、開いた鼠蹊部と称します。

*蹲踞でも、武式太極拳の弓歩でも、心意六合拳の弓歩でも、親指側エッジを用います。すると、内転筋が使えます。するといわゆる太極拳の円襠の状態となります。二十四式太極拳では、小指側エッジを用いると教えますが、大間違いです。それでは円襠ができません。

*質問者の鼠蹊部の認識はたいへん浅いのですが、それは世の中の認識が遅れているためです。質問者のせいではありません。いいかえると、フジマツの認識が先に進み過ぎているのです。

*鼠蹊部が切り込まれていないと、鼠蹊部が伸びていると、身体はフワフワと浮いてしまいます。私のフワフワ身体の原点は、山西省太谷県にありました。

*宋氏形意拳の先輩の拳を見ていると、身体がフワフワと浮いていました。ああなっては駄目だな、と反面教師にしました。ところが、自分の身体も浮いていました。すると、もはや歩けません。そこで、歩くのをあきらめました。

*六合歩の定歩で、歩かずに、ひたすら五行拳を撃ちました。それしかできませんでした。それでも、実は浮いていたのですが。

*普通の形意拳では、後ろ足の大腿直筋に体重の圧力を掛けます。それで浮くことは無くなる「みたい」です。ところが、大腿直筋はジャンプする筋肉です。結局は地面を蹴ってしまいます。解決にはなりません。

*地面を蹴ると身体は浮いてしまいます。浮いた身体は沈めなければなりません。それが沈墜勁や震脚の由来です。ところが、宋氏形意拳には沈墜勁も震脚もありません。何か解決策があるはずですが、先生が教えてくれることはありません。

*地面を蹴るとは、たいへん微妙な問題です。別に強く蹴る必要はありません。フワッと浮くだけで、蹴っていると見なされます。だから、ほとんどの人は身体が浮いています。

*中国の先生は、自分で発見しろという立場です。しかし、発見できなかった人も先生となります。そして弟子を育てます。もはや、なにがなんだかわかりません。何処に真実があるのか? 何処にも真実は見当たりません。

*今でこそ、自分の体重は足首近くに降りています。しかし、これは長期間の訓練の結果です。教わっても、すぐにできるものではありません。つまり、秘伝でも秘術でもありません。古拳譜を読んでも役に立ちません。巻物を解読しても無駄なことです。

*心意六合拳の鶏歩訓練の目的は、宋氏形意拳の六合歩訓練の目的は、下腿三頭筋へ体重の圧力を掛けることです。しかし、その前提条件は足首が折れ曲がることです。足首が折れ曲がるための前提条件は、鼠蹊部が深く切り込まれることです。

*鼠蹊部が深く切り込まれるためには、尻を出してはいけません。尻を出さないためには、腹横筋を左右横へ引っぱり、腹直筋で内臓を持ち上げてやります。

*繰り返しますが、中国の先生の立場は、自分で発見しなさいということです。つまり、姿勢の構造は解明されていません。理論化もされていません。

*フジマツは馬鹿なので、何も考えずにできてしまいました。しかし、普通の人は頭がいいので、今は説明するようになりました。それでも、鼠蹊部の感覚はたいへん鈍くなっています。

*これは鼠蹊部を伸ばして直立した人類の歴史と関係しています。また学校教育の影響がたいへん強いと考えられます。学校教育の全てが正しいわけではありません。特に姿勢の造り方は間違っています。胸を張ってはいけません。背筋を伸ばしてはいけません。腹直筋で内臓を持ち上げてやります。

*言葉で鼠蹊部を説明しても、伝わることはありません。鼠蹊部を深く切り込む、といったところで理解されません。そこで、男性の場合は、鼠蹊部を強く押してやります。すると尻が出ます。そこで、腹直筋で内臓を持ち上げる、と説明します。あるいは腹部を撃ちます。女性の場合は? 無理なので、女性のコーチが必要なんですが? アハハ

*いえることは、世間の鼠蹊部の認識はたいへん遅れているということです。武術界でも太極拳界でも、そもそも認識されていません。こんなこというのは、アホのフジマツだけです。

追伸・・・今夏のおすすめ>拳立て、です。鉄牛耕地ができなくても拳立てならできます。コツは深くしないこと。深くすると肩甲骨が出てしまいます。10回1セットにすれば誰でもできます。痛い場合は、タオルか雑巾をしいてやってください。両手の間はコブシ1個位にします。強くなりますよー 女性でもできます。腹が落ちないようにしましょう。そのために、少し狭くします。おすすめです。

追試2・・・オバケ太極拳にならないように、自分の武式太極拳を少しカチカチにしてみました。カチカチ太極拳、かなり上手くいきました。これもふぇいすぶっくに載せるかな? また英語と日本語で非難ゴーゴーだあ~~

[PR]
by tiger-hawk | 2018-07-25 08:26 | 姿勢勁力

動作勁力の人間世界と姿勢勁力の動物世界

*発勁とか発力とかいうけれど、それは大きく別けて二種類あります。沈墜勁などの動作勁力と姿勢勁力です。

*心意六合拳と宋氏形意拳の姿勢勁力の根本とは何か? それは、下腿三頭筋への体重圧力と、下腿三頭筋の伸張性収縮、です。

*下腿三頭筋への体重圧とは、例えば心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩、などです。スウィング功も同様です。

*武式太極拳の弓歩も心意六合拳の弓歩も、その根元は下腿三頭筋です。それは蹠行性(せきこうせい) では無理です。足首が折れ曲がり隠れ指行性になり、親指側エッジを用いることにより下腿三頭筋が伸張性収縮します。

*下腿三頭筋の伸張性収縮は、回族の陳先生が教えてくれました。陳先生は、後ろ足の踵を上げて降ろしました。そして一言、「この勁で撃つ」と言いました。それだけです。それだけで、足の表側の筋肉と膝を使っていないとわかりました。足の裏側の筋肉を用いているとわかりました。

*足の表側の筋肉とは、大腿直筋のことです。足の裏側の筋肉とは、下腿三頭筋のことです。後に、下腿三頭筋の伸張性収縮と理解しました。(その当時は、下腿三頭筋の言葉も伸張性収縮の言葉も知りませんでした。) 

*その日の晩に心意六合拳の師匠に質問しました。しかし、陳先生の説明は一笑に付されました。それは、陳先生が私にウソ単把を教えたことも関係していたと思われます。(このウソ単把は、漫画「拳児」に出てきます。故松田先生も騙されていました。) 

*しかし、私にはわかってしまいました、師匠も同じことをしていると。それは師匠の、伸びそうで伸びない後ろ足=鶏行歩のことです。鶏行歩は連続する大きい鶏歩です。

*通常の小さい鶏歩で発勁する時は、下腿三頭筋の伸張性収縮は隠れています。なぜなら、足は伸びないから。足の形は変化しません。下腿三頭筋の伸張性収縮は外見ではわかりません。(できる人にだけ見えます。) 

*でも、鶏行歩の大きい鶏歩では、ほんの少し見えるのです。(これも普通の人には見えませんけど) 私には、師匠の鷹抓把や鶏撲食の技で、勁力が隠されていると気がついていました。

*私の鷹抓把を見て、師匠の兄弟子が、「初めて見た時はどうしようもない奴と思ったが、少しは進歩したな」と褒めて? くれました。初対面から一年は過ぎていました。

*初対面の頃の自分の映像が残っていますが、確かにどうしようもないものでした。あれでは、人を指導できません。批判できません。間違ってコボクマシーン1号に渡してしまいました。彼は今でも私をからかっています。一生の不覚でした。当時は、フワフワと身体が浮いていました。もちろん、鶏歩もまるで駄目です。

*沈墜勁などの動作勁力では、どうなっているのでしょうか? それは、大腿直筋への体重圧力と勢い、で構成されています。

*大腿直筋への体重圧力とは、馬歩が典型的です。大腿直筋は人類の直立二足歩行の要です。人類は(当時は猿人) 、大腿直筋で地面を蹴って直立二足歩行を始めました。曲がっていた大腿骨を真っ直ぐにして、大腿直筋を大きく改造しました。化石人類学の本にそうあります。

*この大腿直筋は地面を蹴るための筋肉です。そのために、人類は大腿直筋を大きく改造しました。地面を蹴るとは、ジャンプすることです。だから大腿直筋はジャンプするための筋肉です。

*ウォーキングもランニングもジャンプ運動です。だから通常の歩行もフワフワと身体が浮いています。だから普通の太極拳も身体がフワフワと浮いています。

*つまり動作勁力とは自然勁力です。それに対して姿勢勁力は不自然勁力です。姿勢勁力は、恐竜=鳥類=ニワトリの指行性二足歩行に基づいています。それが心意六合拳の鶏行歩です。

*心意六合拳の技は、十種の動物の生態から学びました。人間由来ではなく、動物由来なのです。だから、人間武術ではなく動物武術です。これは深刻な問題です。そのために、心意六合拳も形意拳も人間に戻ってしまった流派もあります。そのほうが現在では主流派のようです。

*さて、姿勢勁力には勢いが欠落しています。勢いは姿勢勁力を殺します。そのために、ストップします。前足はストッパーとなります。だから、鶏行歩は前足一本足になり止まります。そのために地面を蹴らない、ともいえます。

*拳・掌の構造を見てみましょう。

*普通の拳・掌は、上腕三頭筋の伸張性収縮を用います。これは空手でも中国武術でも同様です。

*ところが、姿勢勁力の心意六合拳と宋氏形意拳では、上腕三頭筋の伸張性収縮を用いません。

*では何を用いるのでしょうか? それは前腕の筋肉の伸張性収縮と、前鋸筋の伸張性収縮を用います。ということは、途中が空っぽです。だから、途中は力が抜けています。肩も力が抜けています。これが、宋氏形意拳のフニャフニャ崩拳の由来です。

*もちろん、人間武術の心意六合拳と形意拳では、上腕三頭筋の伸張性収縮を用いています。それは私の知るところではありません。動作勁力の世界ですから、姿勢勁力とは無関係です。

追伸・・・なんでそんなに武術するのか? と質問されました。ただなんとなく生きていてもつまらない。旅行にも興味が無い。スポーツにも興味が無い。お酒も飲めない。女性にも相手にされない。テレビも無い。食事にも興味が無い。寿司も焼き肉も大嫌い。というわけで武術しています。達人にもなれないけど。18歳で死ぬ予定だったけど生き残ってしまった。60歳で腎不全と心不全で死ぬところだったけど、生き残ってしまった。というわけでなんとなく武術しています。アハハ どうでもいいじゃね? 面白ければそれでいいのだ ! 武道精神のかけらも無いけど。ウフ

追伸2・・・武式太極拳無料教室に太極拳経験者が来ると、オバケ太極拳やってます。そんなこと教えてないけど・・・できあがったイメージを捨てられないみたいです。まあ普通の人はそうです。オラは過去に習った流派を簡単に捨てます。あっさり捨てます。そういうの得意です。頭を白紙にします。元々馬鹿なので、自然にできます。なんにも考えずにできます。勁力もなんにも考えないとできます。勁力のイメージも捨てましょう。一時的に馬鹿になりましょう。オラのように全面的に馬鹿にはならないでください。そんな心配は無用ですけど。刷り込まれたイメージを捨てることはたいへんみたいですね。オラ知らないけど。

追伸3・・・ふぇいすぶっくに動画を載せろやボケ ! とXさんに言われた。そんなこというたかて、わての動画、世界中から非難されるんやでえ。英語でも日本語でもボロクソやんか。どないしてくれるんや ! 雪男さんに頼んでみまっか。どうせなら徹底的に叩かれるために、宋氏形意拳のフニャフニャ五行拳を載せるんやでえ。叩かれたら逃げるでえ~~

[PR]
by tiger-hawk | 2018-07-24 08:37 | 姿勢勁力

勁力は二乗になる

*姿勢勁力の根本は、体重の圧力プラス下腿三頭筋の伸張性収縮です。ところがここに様々な問題を含んでいます。

*体重の圧力とは、例えば心意六合拳の鶏歩です。宋氏形意拳の六合歩です。

*体重圧の掛かるべき部位は下腿三頭筋です。しかし普通の人は、体重圧が膝に掛かります。その結果、膝を痛めます。どうしてでしょうか?

*それは日頃、膝で立って膝で歩いているからです。ヒトの直立姿勢は膝で支えられています。ヒトの直立二足歩行は膝で実行されます。正確には、膝と大腿直筋で成立しています。膝から上で歩いています。

*ウォーキングとランニングはジャンプ運動です。それらは大腿直筋のジャンプ運動です。ウォーキングは見た目ジャンプしていないようです。でもそれは見た目だけです。地面を蹴っている限り、大腿直筋のジャンプ運動となります。

*普通の太極拳は、これに小指側エッジを加えます。すると、外側広筋が加わります。その結果、がに股となります。無意識にがに股となります。本人達は知りませんけど。

*体重圧を下腿三頭筋に掛けるためには、前提条件があります。それが、鼠蹊部の深い切り込みと折れ曲がる足首です。第一の課題は鼠蹊部の深い切り込みです。これが無いと始まりません。

*ところが人類はこれを捨て去ったのです。サルからヒトになる過程で、直立姿勢となりました。直立した時、その仕上げに鼠蹊部を伸ばしてしまいました。

*さらに鼠蹊部に力を入れてしまいました。それは日本の学校教育のお陰です。いわゆる「気をつけ」の姿勢です。これは軍隊由来の姿勢です。大日本帝国万歳 !

*おじさんたちの鼠蹊部を修正してあげようとするのですが、その鼠蹊部の硬さに唖然とします。まるでコクンリートを流し込んだみたいです。あるいは鼠蹊部が化石化しています。ナンデヤネン ! 硬くするのはそこやないやろ ! あっきれいなオネーサン、帰らないでくださーい !

*これは座り圧腿から修正する必要があります。どうして鼠蹊部を深く切り込む必要があるのか? 鼠蹊部が切れていないと、膝に体重が掛かってしまうからです。いくら足首が折れ曲がっていたとしても、無駄になります。

*さて、鼠蹊部の深い切り込みができたとします。そして、足首が折れ曲がります。すると何が起こるのでしょうか? いわゆるバネができます。このバネのことを雪男さんによれば、「伸張反射」と称するそうです。一つ利口になりました。ありがとう

*ところがこの伸張反射をそのままにしてはいけません。バネを作動させません。それを下腿三頭筋の伸張性収縮に変換してしまいます。

*つまり正確にいうと、第一段階が体重の圧力を下腿三頭筋に掛ける、となります。心意六合拳の鶏歩、あるいは宋氏形意拳の六合歩です。

*第二段階が、下腿三頭筋の伸張性収縮です。心意六合拳の鶏行歩となります。勁力は二乗となります。

*ところがこれを瞬間に実行します。時間差がありません。時間差を見せません。すると全ては目に見えません。少なくとも、できない人には見えません。見えるのはできる人だけです。するとますますわかりません。イジワルしているわけではありません。

*フジマツは馬鹿なので、何も考えずにできてしまいました。申し訳ありません。でもみなさんは頭がいいので、問題を整理する必要があります。

*またみなさんは思考がランニング仕様、あるいはスポーツ仕様になっているので、これを一旦白紙にする必要があります。

*体重圧を下腿三頭筋に掛けたところで、下腿三頭筋の伸張性収縮をしたところで、歩けるわけでも走れるわけでもありません。雪男さんの表現によれば、むしろ、ストップを掛ける、ということです。前へ行けません。もちろん、突っ込むこともできません。体重移動もできません。撃つことだけはできます。

*武式太極拳の弓歩では、時間差を見せます。その過程を学べます。そのために武式太極拳はゆっくりと練習します。普通の太極拳は何のためにゆっくり練るのか? さあ? とても言えません。勘弁してやってや。ほな逃げるでえ~~

関係ない追伸・・・タワーレコードで偶然見つけたCD。EMMYLOU HARRIS & LINDA RONSTADT、LIVE ON KSWM、いつの録音がわからないけど、二人とも若くて乗りに乗っている。編集は雑だけど、名盤です。リンダは病気で引退してしまったけれど、この頃はきれいです。エミルウの太い眉毛は健在です。そんな時代です。いまはもう入荷していないようです。

本当に東京オリンピックやるんかい? この地獄の暑さ、死人が出るでえ~~。日本政府と東京都知事はキチガイか? 間違いない ! 

[PR]
by tiger-hawk | 2018-07-22 08:35 | 姿勢勁力

立ち上がるな !

*いつでも、どこでも、鼠蹊部の切れているアホのフジマツでございます。オジサンやオニーサンを見ていると、鼠蹊部を前へ突っ張っています。なんだか滑稽に見えてしまうフジマツは頭がおかしいのかもしれません。というよりそれに加えて、ヒトではなくサルなのでしょう。

*南米のオマキザルも時には直立二足歩行するそうですけど、その写真を見ると、鼠蹊部が伸びていません。常時直立二足歩行するヒトは、鼠蹊部を伸ばして直立したことがわかります。

*ボブ・マーリィは「立ち上がれ」と歌いました。しかし、動物武術の姿勢勁力者は、立ち上がってはいけない、と主張します。

*地に呪われた者は、さらに地に呪われよ、と主張します。

*形意拳の三体式を見ると、多くの人は鼠蹊部が切り込まれていません。宋氏形意拳も例外ではありません。それが失敗の元です。

*心意六合拳の鶏歩と鶏行歩は、鼠蹊部が切り込まれていないことにより失敗します。

*武式太極拳の喬松茂先生スタイルも、鼠蹊部が切り込まれていないことにより失敗します。

*鼠蹊部を修正してあげようと、オジサンの鼠蹊部に触るとガチガチに固まっているのでびっくりします。あれはなんでしょうか? 下腹部に力を入れているようです。そんなところは気張らなくていいのですが。

*鼠蹊部を伸ばしてしまうと、足の表側の筋肉で立つしかありません。鼠蹊部を切り込むと、足の裏側の筋肉で立つことになります。

*さらに低い姿勢になると、足首が折れ曲がります。すると、足指と趾球で立つことになります。指行性に近づきます。

*姿勢勁力の始まりは鼠蹊部の切り込みです。全ての始まりは、非直立姿勢です。この鼠蹊部の切り込みは、写真を見てもわかりません。

*どんな武道・武術も姿勢を大事にします。でもそれらは人間の姿勢です。姿勢勁力の姿勢は人間の姿勢ではありません。それはニワトリ=恐竜由来の姿勢です。人間の直立二足歩行ではなく、恐竜の指行性二足歩行です。

*恐竜の体幹は横になっています。大きな尻尾でバランスを取ります。しかし、人間には大きな尻尾がありません。だから、スピードスケートは簡単に転びます。

*そこで、腹直筋で内臓を持ち上げてやります。もちろん、鼠蹊部は切り込まれたままです。

追伸・・・鼠蹊部の切り込み、といったところでこのblogの読者にもさっぱりわかりまへん。まあ、それも仕方おまへん。言葉だけではどうしようもあらしまへん。ほなまた

[PR]
by tiger-hawk | 2018-07-21 08:41 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30