動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

直立姿勢は使えません

*姿勢の勁力は、特定の姿勢において現れるものではありません。それは、たった一つの原則において現れるものなのです。

*それが、鼠蹊部の深い切り込み、です。だから、直立姿勢は使えません。

*だから、ヒトからサルに変身します。サルも二本足で立ちます。二足歩行するサルもいます。サル回しのニホンザルは二足歩行します。チンパンジーも、オマキザルも、時には二足歩行します。

*しかし、サルは直立できません。サルはヒトと違って、大腿骨が曲がっているからです。木から降りた類人猿は、大腿骨を真っ直ぐに変えて、大腿直筋を大きくして、直立二足歩行を始めました。それが初期人類=猿人です。(化石人類学の説です。)

*というわけで、タントウ・立禅の姿勢でも、姿勢勁力を出せます。太極拳の起勢でも、姿勢勁力を出せます。相撲の立ち合いの姿勢でも、姿勢勁力を出せます。

*それが、鼠蹊部の深い切り込み、なのです。ところが、尻を出してはいけません。尻を出すと、姿勢勁力は死にます。

*だから、姿勢の力は、骨の構造のことではありません。少なくとも、姿勢勁力はホネ主義者が知らない勁力です。

*相撲の姿勢の真似をする武術者もいます。しかし残念ながら、尻が出ています。姿勢勁力まで到達できません。

*尻を収める=提肛ができればいいのか? ところが鼠蹊部が切り込まれていないと、姿勢勁力は発生しません。

*つまり、必ずしも心意六合拳の鶏歩である必要はありません。宋氏形意拳の六合歩である必要はありません。

*ではなぜ、鶏歩が存在するのか? 六合歩が存在するのか? それは、近一本足だからです。一本足に近い歩型だからです。

*二本足の姿勢勁力はあまり大きい勁力は出ません。それは体重が分散するからです。

*一本足にすれば、体重が集中します。つまり理論的には大きい勁力が出ます。しかし、一本足は不安定です。だから、近一本足の鶏歩・六合歩を訓練します。

*いいかえると、一本足状態でも姿勢勁力は発生します。だから、心意六合拳の鶏行歩は歩くことができます。鶏行歩は、連続する一本足のことです。

*親指側エッジを使うのも、体重を集中するためです。小指側エッジを使うと、がに股になり、体重が分散してしまいます。

お知らせ・・・武式太極拳無料教室、日曜日13時~14時、平和台体育館第一武道場、今募集中。簡単に勁力が出ます。肩と鼠蹊部に力が入っていると、難しくなります。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-08-31 08:08 | 姿勢勁力

体幹の統一でウーロンを撃て !

(昨日の体育館から)

*やっと涼しくなりました。地獄のような学校体育館も練習できる環境になりました。最近、あの超鈍いX君が勁力を出すようになりました。「天変地異の前触れか? 」などと雪男さんが言ってました。そんなことはありません。みなさん、落ち着いて行動してください。神の鉄槌は振り下ろされません。今の所は? 

*石の上にも三年、です。ついにX君も覚醒したのです。使える技が心意六合拳の虎抱頭だけ? という状況も変化するでしょう。宋氏形意拳の崩拳はまだ無理のようですけど。

*というわけで、心意六合拳の烏龍擺角も使える技にしよう、というシリーズが始まりました。烏龍とは黒い龍のことです。

*実はこのウーロン、私、超ヘタクソでした。全く撃てません。習った時は、どうしよう、と困りました。こんなん、できるわけあらへん。そんな私にならないように、みなさんは確実に撃てるようになりましょう。もちろん、今は大好きな技の一つですけど。

*ウーロンは体幹の統一が必要です。通常、ヒトの体幹は分裂しています。雪男さんは、前鋸筋を使え、と言います。

*私の前鋸筋は腹直筋と連動しています。腹直筋で内臓を持ち上げると、前鋸筋も小胸筋も連動します。これは鉄牛耕地の結果です。鉄牛耕地は腹と前腕で実行します。え? 前腕の腱だ? ハイハイ、ホネ主義者さんですね。おつかれさまです。ホネ踊りしてください。

*腹直筋と前腕の筋肉で鉄牛耕地します。すると、その中間が覚醒します。それが前鋸筋です。すると、前鋸筋と前腕の筋肉が直結します。前腕の筋肉は指先と直結します。それが心意六合拳の鷹爪となります。腹横筋も連動します。

*腹横筋ー腹直筋ー前鋸筋(小胸筋) ー前腕の筋肉ー指先、というルートが拓かれます。これが体幹の統一です。これが、心意六合拳と形意拳の称する龍腰・龍身となります。

*龍腰・龍身を獲得すればウーロン=黒い龍も撃てるようになります。

*ところで、ウーロンは搖閂把(鶏形展翅) を横にしたような技です。すると用法も、搖閂把と同じように、内側へ入る、やや外から入る、大外から撃つ、の三つになります。

*しかし、ウーロンの形を見ると、もう少し複雑な用法が見えてきます。相手の前腕を叩く、相手の後腕を捌く、顔面にダミー打撃を入れる、反対側の腕で顔面にダミー打撃を入れると同時に、胸に頭突きする。

*あれ? 心意六合拳にフェイントは無い、とフジマツは言っていたではないか? このウソつき ! ハイ、いきなりのフェイントはありません。第一撃は実撃です。しかし、途中でダミー打撃する場合があります。

*ウーロンの場合、第三動作でダミー打撃しています。第一動作でフェイントすると読まれる可能性があります。しかし、第三動作でダミー打撃すると避けられません。なんと姑息な心意六合拳 ! しかも、第四動作でもダミー打撃と同時に頭突き !

*ではなくて、よくできてます心意六合拳。誰がこんな技作ったのでしょうか? そういえば、最初の心意六合拳学習期間で、このウーロンを習いました。初心者が習う技ではありませんけど? なかなか消化に時間が掛かりました。

*ウーロンは心意六合拳の特徴がよくでています。それは体幹の統一です。するとウーロンの原形は、龍形十字劈ではないのか? と見えてきました。入り方も似ています。すると、龍形裹風の原形も龍形十字劈かもしれません。

*そういえば、心意六合拳の師匠から最初に習った技が、蛇行歩と龍形十字劈でした。ナンテコッタ ! わてアホやねん。すんまへんなあ・・・

なんか予定と違ったけれど、勘弁なあ・・・逃げろ~~

*ちょっとだけ・・・姿勢の力は誰でも言いますけど、姿勢勁力に発勁動作はありません。つまり、動きません。でも、絶対に踏ん張ってはいけません。どんな場合も踏ん張ってはいけません。勁力が出ません。自分の体重が静かに足首に降りて来るのを待ちます。それが心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩となります。力を入れてはいけません。推手でも踏ん張ると怪我します。膝を壊した人もいます。股関節を壊した人もいます。推手なんか捨てましょう。どうせ勁力できないし。あなた、洗脳されていませんか? 

追伸・・・なんで、不思議な1980年代、の記事がランキング一位なんだ? ただの回顧録なのに? もっと理論的な記事を読んでください。一年ぶりにビール飲んで頭がおかしくなっただけです。え? 元から頭おかしい? ほっといてんか !

追伸2・・・本日、ある男性の鼠蹊部をチョイチョイと修正したら、勁力出ました。鼠蹊部は偉大だなあ~ みなさんもヒトからサルへ変身しましょう ! 

[PR]
by tiger-hawk | 2018-08-30 08:33 | 心意六合*形意

ヒトからサルヘ

*フジマツは身体能力が低くて頭も悪い。なぜ、そのような劣った人が姿勢勁力を獲得できたのか? 虎鷹拳院の会員にはアスペルガーといわれています。

*それは、身体能力が低くて頭も悪かったので、勁力を獲得することに集中したからです。それしか道はありませんでした。

*もしも身体能力が高くて頭も良かったら、それは格闘技の才能や武術の素質があるということです。身体能力と頭脳で試合にも勝てるからです。勁力なんか必要ありません。

*しかし、歳取ってみると、姿勢勁力を獲得しておいて良かったと、しみじみ想います。そもそもパンチ・キックの才能もありません。体当たりするパワーもありません。震脚は疲れるから嫌です(笑) 。

*36歳になり、震脚にうんざりしていた私は、静かな宋氏形意拳に導かれました。するとそこには、震脚も沈墜勁も、十字勁も纏絲勁もありませんでした。もう静かな勁力を獲得するしか選択肢はありませんでした。

*しかし、やはり頭が悪いフジマツは、宋氏形意拳だけでは姿勢勁力を獲得できませんでした。宋氏形意拳を学習してみて、歩けなく成ったからです。歩くと身体が浮いてしまいます。

*その歩く問題を、心意六合拳の鶏行歩、鶏撲食、鷹抓把などで解決しました。心意六合拳の師匠の伸びない後ろ足に気がつきました。回族の陳先生は、下腿三頭筋の伸張性収縮を示してくれました。示しただけで、教えてくれたかどうかは微妙ですけど。

*ともかくそれで方向性は決まりました。もう39歳になっていましたが、人生の方向性は狂っていましたが、武術の進む道は決まりました。

*しかし、人を教えるとなると難しい問題がありました。それを最近、鼠蹊部の深い切り込み、として解決しました。あるいは鼠蹊部の後退です。直立姿勢ではありません。直立姿勢とは、鼠蹊部を伸ばすことです。

*つまり、ヒトからサルへ戻ることによって、解決します。猿人と類人猿の中間のような鼠蹊部を獲得します。それが心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩となります。

追伸・・・宋氏形意拳・宋光華先生の得意技の一つは猴形拳です。心意六合拳・張克強師匠の得意技の一つは猴形拳です。

追伸2・・・八極拳同窓会の飲み食い代は李英先生が出してくれました。「佐藤聖二さんの本が高くて買えない」というフジマツの困窮ぶりを哀れんでくれたみたいです。しかしそれでいいのか? 恥を知れ ! 逃げろ~~

追伸3・・・姿勢の力、はいろいろな人が言っているけど、姿勢勁力は動かない発勁、なんです。そこのところ、次回は書いてみます。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-08-29 08:33 | 姿勢勁力

不思議な1980年代

*関係ない話題ですけど・・・八極拳同窓会があるというので、のこのこ出かけてきました。30数年ぶりで会う人もいました。雰囲気がまるで変わっていなかった。オラはすっかりおじいさんになりましたけど。(自分が最高齢です。)

*佐藤聖二さんが亡くなった時に太気拳の人が教えてくれて、李英先生と昔の仲間に会えました。それ以来です。これからは一年に一回は集まろう、なんて話しになりました。誰かが亡くなった時、なんて悲しいですから。音信不通の人もいますから、この記事見たら電話ください。(080-3736-6541フジマツ) 

*李英先生によれば、出会ったのは1980年6月だそうです。第一発見者はオラです。なんか武術の匂いがしたので、ヘタクソな中国語で話しかけてみました。すると長春から来た、八極拳やっている、というので、これは凄い発見だと興奮しました。そこで、公園で無理矢理見せてもらいました。その時、李英先生の腕時計のバンドが壊れたのは、オラが無理にやらせたせいです。ごめんなさい。当時、先生は二十歳だったそうです。(当時、松田隆智先生の本で八極拳の名前だけは知られていましたが、誰も見たことが無いという時代でした。ユーチューブもスマホも無い時代です。今の若い人には想像できない世界ですね。)

*それから、李英先生中心の八極拳グループができました。他に、オラは桃果団というサークルを作っていました。全く宣伝していなかったのに、優秀な若者がちらほら集まりました。北の丸公園の田安門広場で練習していました。佐藤さんも時々来て少林拳を教えてくれました。それから、日本武道館のトイレの前で練習しているグループがありました。こちらは今は亡き日本太極拳協会の一部の人たちです。

*状況は錯綜していましたが、出入りしている人も錯綜していました。そこに太気拳の佐藤聖二さん(当時高校生) もあちこち顔を出していました。今考えると、不思議な時間と空間でした。その不思議な1980年代が一番楽しかった、と李英先生も仰っていました。

*オラの武術の原点も、1980年から85年の八極拳でした。そして、日本武道館のトイレの前で様々な人たちと出会いました。優秀な若者たちと美人のお嬢さんたちでした。

*1984年に上海外国語大学へ一ヶ月の語学研修へ行きました。その頃から、自分一人の道を模索していました。その時に、ちらっと心意六合拳も習いました。今練習している心意六合拳とは全く違う系統ですけど。

*上海からの帰りに北京大学によって、中国人民大学に留学中の佐藤聖二さんと会えたのが楽しい想い出です。

お知らせ・・・武式太極拳無料教室始めましたけど、二名になってしまいました。つぶれそうなので誰でも歓迎します。日曜日13時から、平和台体育館第一武道場です。「ニホンザルに学ぶ太極拳の起勢」という新しい技? も作りました。これはなかなか優秀ですよ。ホントです。

追伸・・・八極拳同窓会にて・・・佐藤聖二さんの本が出ているよ、と言ったら、なんで買って来なかったボケがあ、とみんなに叱られました。でも、値段が高いし、太気拳にも意拳にも興味ないし、あの本が部屋にあると悲しくなるし、で、立ち読みしただけでした。これからも買うことはないので、他のみなさん買ってください。逃げろ~~ 今日もゴーヤーちゃんぷるですよー

追伸2・・・八極拳同窓会に重要人物が一人欠けていたので、試しにググってみたら、混元太極◯◯◯の幹部になってた。アハハ 連絡するから次回は来てね。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-08-27 08:48

四両発千斤は動作ではありません

*日本の太極拳人口は50万人と聴いたことがあります。これは一時的に講習会に参加した人、止めた人、死んだ人、なども含まれていると考えられます。そこで、仮に10万人としてみます。

*10万人が練習しているのに、四両発千斤を体得している人はほとんどいません。どうしてでしょうか?

*太極拳の有名な先生が、「沈墜勁を使わないんだって? 」と私のことを面と向かって嘲笑したことが過去ありました。原因はここにあります。嘲笑されたこと、ではありません。彼のこと可哀想だなあ、と同情はします。

*沈墜勁を使うこと、が四両発千斤を解明できない原因なのです。なぜなら、四両発千斤は動作ではないからです。

*どんな動きをしてみても、物理の法則を越えることはできません。その人の肉体の条件=身長と体重、身体能力、筋肉量、骨量、耐久力、などを越えることもできません。「気の力」をもってしても無理です。(気の力とは心理学のことです。それはまた別のお話。) 

*しかし、そこに姿勢の構造力を加えると、状況は違ってきます。動作に基づく力ではなく、姿勢に基づく力です。

*いいかえると、沈墜勁などの動作を加えるから、四両発千斤は解明できないということです。震脚も同様です。(これは優劣の話しではありません。世界観が違うだけです。) 

*太極拳の有名な先生が沈墜勁を使うということは、太極拳の世界が動作勁力の世界だということです。そうなると、四両発千斤は永遠に解明されません。10万人が練習していても解明されません。

*四両発千斤は目に見える動作にはありませんでした。なかなか目につきにくい姿勢に、四両発千斤はありました。(こうなると動画を見ても、さっぱりわかりません。) 

*いわゆる含胸拔背もその一部です。それは鎖骨の下を凹ませることです。すると、きゃしゃな女性でも、デブの私の身体を片手で支えることができます。(他に、足の親指側エッジを使う、などの要素もあります。) 

*しかし、男性の場合は動いてしまうので失敗します。体重移動してしまいます。そして失敗します。動作を加えると姿勢が崩れてしまうからです。

*だから、前腕だけで撃て、と指導しています。直接には前腕の筋肉だけで撃ちます。それが心意六合拳の鷹爪です。上腕も使いません。前腕だけです。

*武式太極拳(喬松茂先生スタイル) のロウシツヨウホも同様です。

*姿勢の構造力に基づくので、勢いとか迫力とか無関係になります。これを宋氏形意拳では「静」と称します。四両発千斤の解明には、宋氏形意拳がカギとなりました。

*しかし、宋氏形意拳は歩かないので、歩くことの解明には心意六合拳の鶏行歩が必要でした。

*太極拳の創始者=武禹襄の唱えた四両発千斤は、動作ではありませんでした。それは姿勢の中にありました。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-08-25 08:40

太極拳の四両発千斤の真実

*太極拳には、四両発千斤、という不思議な発勁の方法がある。小さな力で大きい力を出す方法のこと、だそうです。

*その言葉を初めて見たのは、たぶん松田隆智先生の本だったと思います。「太極拳入門」という本です。もう手元に無いので、確認できませんけど。もしかしたら間違っているかもしれません。

*その後、武術雑誌にも載って、四両発千斤の言葉は有名になったけど、その中身については誰も知りませんでした。その解説もありませんでした。太極拳の指導者も知りません。

*中国の武術雑誌や本を見ても、さっぱりわかりませんでした。

*後年、私は四両発千斤の言葉の意味を解明しました。それはいくつかの偶然が重なりました。

*第一に、八極拳を学習したことです。後ろ足で地面を蹴り、前足でも地面を強く蹴る、動作勁力の典型ともいうべき八極拳です。

*第二に、八極拳の対極にある「静」の形意拳を形意拳の故郷=山西省太谷県で学んだことです。それが宋光華先生の宋氏形意拳でした。

*第三に、心意六合拳の鶏行歩を解明したことです。

*第四に、太極拳の始まりの武式太極拳(喬松茂先生スタイル) を学んだことです。太極拳は武式太極拳から始まります。陳式太極拳ではありません。

*陳式太極拳の村には、太極拳の名称がありませんでした。十三勢長拳などと呼称していたそうです。陳式太極拳の元の形を学んだ武禹襄は、それに改革を加えて、太極拳と名付けました。だから、太極拳は武禹襄から始まります。

*武禹襄は儒教の先生でした。儒教はむかしの中国では宗教であり科学でした。つまり、儒学者は教養人、知識人でした。その武禹襄が太極拳の名称を考案しネーミングしたのです。だから、武禹襄が太極拳の創始者です。

*武式太極拳は動作がたいへん小さい。とても撃てません。効果的な打撃は望めません。それは武式太極拳が勁力を基本としているからです。勁力を前提としているからです。勁力の無い者には撃てません。

*しかし当時の私は、宋氏形意拳と心意六合拳を体験していました。まだ稚拙でしたが、姿勢勁力を理解していました。だから、武式太極拳の理解に苦労しませんでした。

*どうして、小さな力で大きい力を出せるのか? それは動作ではなく、姿勢の構造力があるからです。 だから最後は前腕の力だけ用いれば大きい力を出せます。それが心意六合拳の鷹爪です。武式太極拳の手型も鷹爪と同じです。

*その姿勢は、太極拳の起勢の中にあります。四両発千斤は秘密の方法ではありませんでした。最初の起勢に勁力はありました。

*しかし、人々は無知でした。無知は不幸の始まりです。

*しかし、今、フジマツによって四両発千斤は解明されました。四両発千斤は誰でもできるものとなりました。

*起勢の姿勢ができれば、だれでも四両発千斤できます。でも、フジマツの指導が必要です。それはとても微妙な姿勢だからです。

*知りたい人は開進第一中学校体育館へ見学にイラッシャーイ。あなたの疑問に答えてあげます。四両発千斤はもはや秘密ではありません。口の軽いフジマツが解明してしまったから。(合気上げとは無関係です。念のため)

*松田隆智先生は生涯、八極拳から離れませんでした。だから、四両発千斤は解明できませんでした。四両発千斤は姿勢の勁力だからです。

*私は八極拳の先生の恩を忘れて、八極拳の裏切り者となりました。だから四両発千斤を解明できました。

*こうしたことを考えると、武術の原理とか統一理論とかの志向は、実に無意味だと思います。

*ただ、四両発千斤は楽でいいです。小さい力で済みますから、怠け者の私にとっても都合がいい。

*太極拳の起勢の造り方は、直立姿勢からフニャと力を抜いて崩れてしまいます。その続きは体育館で・・・チャンチャン

追伸・・・威張っている人は鼠蹊部が硬いという法則を発見しました。鼠蹊部が硬いと姿勢勁力はできません。鼠蹊部をやわらかくするためには、素直になる必要があります。いいかえると素直な人は上達が早い。威張っていないけど鼠蹊部が硬い人もいます。そんな人は鼠蹊部だけやわらかくすればいいわけです。虎鷹拳院には上から目線の人も来ます。オラ尊敬されるような人間ではないけれど、見下して練習しても無駄な時間になります。ナンダカナア・・・


[PR]
by tiger-hawk | 2018-08-24 08:25 | 姿勢勁力

発勁動作がありません

*武術には発勁打撃のための方法があるらしい。ふ~ん、そうなんだあ。

*実は、虎鷹拳院とフジマツには、発勁打撃の方法が・・・無い ! ありません。本当なんです。信じてください。

*無かったらどうするんだよ ! 技が使えないだろうが ! 馬鹿野郎 ! 

*ご心配には及びません。発勁打撃の方法が無くても問題ありません。

*そもそも、発勁動作そのものがありません。動作勁力ではないので、発勁動作がありません。(動作勁力とは、沈墜勁、震脚、十字勁、纏絲勁、開合、などのことです。) 

*姿勢勁力の心意六合拳、宋氏形意拳、武式太極拳、には発勁動作がありません。

*姿勢の構造が勁力を生み出します。だから、発勁動作は要らないのです。

*それが太極拳の勁力論・・・「四両発千斤」なのです。小さい力で大きい力を生みます。それは姿勢の構造力だからです。

*直接には、前腕の筋肉で撃ちます。前腕の筋肉なんて鍛えても大したことありません。それが、心意六合拳の鷹爪のことです。それが、四両発千斤の四両のことです。

*四両とは小さい力のことです。小さい力とは直接には心意六合拳の鷹爪のことです。

*でもそれだけではありません。小さい力とは、姿勢の構造力のことです。

*それは例えば、宋氏形意拳の龍形基本功のことです。

*龍形基本功の姿勢を取れば、片手で自分よりも重い相手を楽々と支えられます。虎鷹拳院で体験した人も多いと思います。

*姿勢勁力に成功した人は、一様にその力感の無さにびっくりします。あれ? ほとんど力を使っていないのに?

*それは、姿勢の構造力だからです。

*でもそんなことは信じられません。で、なにかやります。なにかやることによって失敗します。

*そのなにかとは体重移動です。(寄りかかり発勁と、虎鷹拳院では称します。)

*しかし、体重移動は人間の本能です。ヒトは体重移動によって歩きます。

*地面を蹴ると体重移動が生じます。それによってヒトは直立二足歩行するのです。

*体重移動の力量を大きくするためには、落下すればいいのです。それが沈墜勁です。

*体重移動の力量を大きくするためには、より強く地面を蹴ればいいのです。それが震脚です。

*後ろ足で地面を蹴り、前足で地面を蹴ります。二回、地面を蹴ります。(八極拳、河北系形意拳などの場合)

*姿勢勁力は地面を蹴りません。だから、体重移動はありません。

*でも心意六合拳の鶏行歩は歩きます。だから、左右の足の交替は、突然起こります。徐々に体重移動することなく、突然、左右の足は交替します。それがニワトリの一本足歩行です。

*そのために、蹠行性から指行性になります。ヒト・サルなど霊長類の蹠行性ではなく、恐竜=鳥類の指行性です。

お知らせ・・・8月26日(日) は事情により休みます。代わりに25日(土) 10時~平和台体育館第一武道場で練習します。

追伸・・・どうして姿勢勁力の発見が難しいのか? それは地面を蹴るのが人間の本能だからです。ではフジマツは馬鹿なのに、なぜ発見できたのか? そこが不思議なんですが、あきらめが早いんです。過去の武術体験をあっさり捨てられます。みなさんは、なかなか過去の武術体験や格闘技体験を捨てられません。その違いだけです。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-08-23 08:12 | 姿勢勁力

最後のカギは? 世界初公開 !

*若い頃、疑問に思ったことがありました。どうして武式太極拳の動作はあんなに小さいのだろう? あんな小さな動作に何の意味があるのだろうか?

*ものの本には、武式太極拳は小架式、とあります。小架式とは、架式が小さいということです。これでは何の説明にもなっていません。架式が小さいから動作が小さい?

*フジマツは馬鹿である、なぜならアホだから。・・・というのと同じです。これを同義反復といいます。無意味です。フジマツが馬鹿なことは否定できませんが。

*その後は武式太極拳に興味が無かったこともあり、すっかり忘れていました。そして、武式太極拳を学習した時も、そんな疑問は忘れていました。

*今はわかります。武式太極拳の動作はどうして小さいのか? それは勁力があることを前提にしているから。

*勁力があれば、動作はどんどん小さくできます。勢いも迫力も要りません。見ている人にはさっぱりわかりません。動画を見てもわかりません。(それが愉快なフジマツは性格が悪い。アハハ) 

*私には大きな問題とはなりませんでした。武式太極拳以前に、心意六合拳の勁力を理解していましたから。でも、武式太極拳しか知らない人にとっては、たいへんな問題となります。これを説明・解説してくれないと、一生、勁力を体得できません。形は理解できても、中身は体得できません。中身とは姿勢勁力のことです。

*宋氏形意拳の拳理は「静」だそうです。確かに宋氏形意拳は静かです。沈墜勁も震脚も十字勁も纏絲勁もありません。体重移動もありません。いわゆる発勁動作もありません。

*どうしてでしょうか? それは姿勢勁力があることを前提としているからです。でも初心者は勁力なんてありません。どうすればいいのでしょうか? 

*それを私は、身体が浮いている宋光華先生の兄弟子から学びました。その先輩を反面教師としました。失敗例から学ぶのです。

*でもそれだけでは不十分です。最終的には、心意六合拳の鶏行歩や鶏撲食・鷹抓把から解決しました。「カギは後ろ足にあり」・・・それだけで解決しました。下腿三頭筋の伸張性収縮を内部運動にします。

*しかし一般の人を教えるためには不十分です。私はそれだけでできてしまったために、できない人を理解できませんでした。

*そこで、折れ曲がる足首、をカギとしました。それでも不十分でした。それでも理解・体得できない人もいました。

*そこで、鼠蹊部を深く切り込む、をカギとしました。それでも不十分でした。それでも理解・体得できない人もいました。

*そこで、後ろ足側の鼠蹊部を深く切り込む、をカギとしました。これでたいていの人は勁力が出ます。これが最後のカギです。前足側の鼠蹊部はたいていの人は切り込まれています。問題は後ろ足側の鼠蹊部です。

*心意六合拳の弓歩と鶏歩、武式太極拳の弓歩、宋氏形意拳の六合歩、心意六合拳の鶏行歩、全てに当てはまります。これで指導すれば、どんな鈍い人でも勁力を出します。

*でも成功しない人もいます。そんな人は、尻を出しています。後ろ足側の鼠蹊部を切り込みますが、尻は収めます。成功しない人は、尻を収めると鼠蹊部を突き出します。セックスではありませんから、そんなことをしてはいけません。

*その解決法は腹筋にあります。腹横筋を左右横へ引っ張ります。腹直筋で内臓を持ち上げてやります。腹横筋も腹直筋も伸張性収縮です。

*内田なんとかが、「腹筋を強く鍛え過ぎてはいけない」などとアホなことを書いていました。なんにもわかっていない先生です。一般的な腹筋運動は、短縮性収縮です。それが問題なのです。短縮性収縮ではなく、伸張性収縮で鍛えます。それは椅子に座っていても鍛えられます。誰にもわかりません。それが、腹直筋で内臓を持ち上げる、ことなのです。これを習慣にしてしまいます。実は鉄牛耕地でやっていることなのです。腕立て伏せではできません。

*そして、肩の力を抜きます。これはなかなか抜けません。特に男性は抜けません。威張っている人は抜けません。24時間抜くように意識します。

*最後のカギは、後ろ足側の鼠蹊部を深く切り込む、ことです。世界初公開です。中国の先生でも教えてくれません。そんな認識がありませんから。この認識は、世界でただ一人、アホのフジマツだけです。古拳譜を見てもわかりません。

追伸・・・いつもお中元とお歳暮を送ってくれるX先生。最後のカギを教えてあげるからイラッシャーイ。一回で学習できるよ。途中で挫折した人もイラッシャーイ。一回で学習できるよ。推手に騙されている人も、腱と骨先生も、気に騙されている人も、イラッシャーイ。一回で学習できるよ。あとは努力次第です。でも・・・腹直筋で内臓を持ち上げる、はある程度の筋肉量が必要です。これも努力次第です。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-08-21 08:48 | 姿勢勁力

中途半端じゃなお成れない

*馬鹿じゃ成れない。利口じゃ成れない。中途半端じゃなお成れない。・・・これが動物武術者の心得です。本当ではありませんが、なかなか参考になります。(本当は渡世の心得です。) これで破滅する場合もありますが、成功する場合もあります。受け取り方次第です。

馬鹿じゃ成れない・・・考えない人は駄目です。正しいイメージが必要です。がむしゃらにやっても無駄です。力を込めても駄目です。鼠蹊部の力を抜く必要があります。足首の力を抜く必要があります。肩の力を抜く必要があります。

利口じゃ成れない・・・小賢しい知恵は必要ありません。スピリチュアルなイメージも必要ありません。神秘的なエピソードが好きな人は他の道場へ行ってください。虎鷹拳院に神秘はありません。実際うんざりしています。姿勢勁力についても全て公開しています。固定観念も要りません。

*推手は必要ありません。騙されているだけです。推手を数十年やって、結局、勁力のできなかった有名な先生を知っています。私の古い友人でした。私は推手を捨てたら、姿勢勁力ができました。宋氏形意拳も、心意六合拳も、武式太極拳も、成功しました。推手は滅びの道です。時間の無駄です。かといって、がむしゃらに殴り合っても無駄です。

*伝統思想は必要ありません。昔はこんな思想もあったのか、と読むだけで十分です。武術の向上の役には立ちません。昔は正しかった、と考えても無駄です。近代合理主義が全て正しいわけでもありませんが。スポーツ理論も必要ありません。武術の原理も必要ありません。統一理論も必要ありません。みんな、我が道を行くのだ、と居直ればいいのです。つまり最高の武術は存在していません。最高の突きもありません。何処にもそんなものはありません。探しても無駄です。

*私は震脚にうんざりしていたので、「静」の宋氏形意拳に導かれました。しかし、宋氏形意拳の全てが正しいわけではありません。心意六合拳の全てが正しいわけではありません。武式太極拳の全てが正しいわけではありません。

*震脚が好きな人は震脚の道を進んでください。それがどうなろうと知りません。人生は短いので、責任は取れません。逃げろ~~

*気が好きな人は気の道を進んでください。それがどうなろうと知りません。人生は短いので、責任は取れません。シラネ

*骨と腱が好きな人は骨と腱の道を進んでください。いいんじゃないですか。知らないけど。アハハ

中途半端じゃなお成れない・・・中途半端は駄目です。徹底的に下腿三頭筋に体重を降ろします。自分の体重を降ろします。下腿三頭筋に力を込めてはいけません。逆効果です。自分の体重に任せます。そして、足首の内側に勁力のバネを造ります。勁力トライアングルです。足の親指と人差し指で親指側エッジを造ります。足首は折れ曲がります。

*足の親指と人差し指、足首の内側、下腿三頭筋の下部、で勁力トライアングルを造ります。徹底的にやりますが、力を込めてはいけません。その勁力トライアングルで前進します。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-08-19 08:54 | 姿勢勁力

運命に逆らうのが心意六合拳の鶏行歩

*武式太極拳(喬松茂スタイル) を学んだ時、歩いていないと理解できました。武式太極拳では歩けません。だから歩きません。

*武式太極拳ではどうするかというと、弓歩を造った後、後ろ足を引き寄せています。そこから方向を変えて後ろ足を前へ出します。

*弓歩を造る時、下腿三頭筋の伸張性収縮を用います。下腿三頭筋の伸張性収縮では歩けないのです。

*ヒトが歩く時、どうしているのでしょうか?

*それは地面を蹴ります。すると体重移動が起こります。この体重移動で歩くわけです。右足から左足へ、左足から右足へ体重移動します。

*これが身体を浮き上がらせてしまいます。

*宋氏形意拳を学んだ時、歩くと身体が浮いてしまうことを理解しました。そこで、歩けなくなりました。ひたすら、定歩の六合歩で五行拳を撃ちました。それしかできなくなりました。

*しかし、心意六合拳の鶏行歩を見ると歩いています。歩けないのに歩いています。どうなっているのでしょうか?

*おかしいではないか。今までの言説はウソだったのか? いいえウソではありません。

*心意六合拳の鶏行歩は、体重移動していないのです。鶏行歩は地面を蹴りません。だから、体重移動が起こりません。だから、歩いているとは言えません。少なくとも、人間の歩き方ではありません。

*鶏行歩も下腿三頭筋の伸張性収縮を用います。すると歩けなくなります。下腿三頭筋の伸張性収縮では、体重移動が起こらないのです。

*ではどうなるか? 右足(左足) と左足(右足) の交替は"突然"起こります。体重移動の途中経過がありません。

*ですから、自然な滑らかさがありません。右足(左足) の一本足状態が、突然、左足(右足) の一本足状態に変わります。

*これがニワトリの歩き方=鶏行歩の実態なのです。

*そのために、指行性二足歩行となります。人間の蹠行性(せきこうせい) 二足歩行を捨てて、ニワトリ=恐竜の指行性二足歩行を採用したのです。

*具体的には、足裏の移動時間がほとんどありません。踵からつま先までの移動時間がとても短くなります。踵は地面に触れるか触れないかという微妙な感覚となります。

*なんのためにそんなことをしたのか? 人間の歩き方を捨ててまで?

*それは下腿三頭筋の伸張性収縮を維持するためです。その内部運動を保存するためです。内部運動があれば、勁力が発生するからです。

*武式太極拳では歩くことを放棄しました。宋氏形意拳では歩くことをあきらめました。しかし、心意六合拳は歩くのです。なによりもフットワークを大切にしたのです。

*宋氏形意拳の崩拳など五行拳は、たいへんに速くなりました。形意拳を知る人は、私の崩拳を見てびっくりします。(一般論として宋氏形意拳が速いわけではありません。私が力を抜いて速くしました。速くできる可能性がありました。それがフニャフニャ崩拳です。) 

*宋氏形意拳は体重移動を放棄して、下腿三頭筋の伸張性収縮を内部運動にしたので、速度をどんどん上げられます。

*しかし、心意六合拳は鶏行歩のフットワークを大切にしました。そのために、拳の速度は考慮しませんでした。心意六合拳の拳はほとんど動きません。動いてもそんなに速くはありません。

*心意六合拳は矛盾しています。ヒトは蹠行性二足歩行なのに、ニワトリ=恐竜の指行性二足歩行を採用したからです。骨格から矛盾しているのです。

*そこで、足首は折れ曲がります。その足首の折れ曲がりのために、鼠蹊部の深い切り込みが必要となります。しかし、尻を出してはいけません。

*そこで、腹横筋を左右横へ引っ張ります。腹直筋で内臓を持ち上げてやります。

*内臓が下がるのは、ヒトの直立姿勢の運命ですが、その運命に逆らいます。

*下腿三頭筋の伸張性収縮では歩けません。体重移動が起こりません。その運命に逆らいました。それが心意六合拳の鶏行歩です。

*運命に逆らうのだから、姿勢勁力は不自然な勁力となります。

追伸・・・脳が未発達(友人の評価) のフジマツができたのだから、勁力は誰でもできると思い込んでいました。でも、脳が未発達だからこそ、発想が非常識なのだとわかりました。武術を歩けるか歩けないか、などと考えるフジマツは頭がおかしい。アハハ 

[PR]
by tiger-hawk | 2018-08-18 08:48 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー