動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

親指の秘密

(昨日の体育館から)

*「センセーのそのおかしな親指について書いてみたらどうですか? 」とZさんに言われた。というわけで、私の親指の秘密について書いてみます。

*親指といっても手の親指ではなく、足の親指です。しかし、拇指球ではありません。第一関節から先の部分です。いわゆる指の腹です。これから述べる親指とは、その部分を差します。

*勁力の起点は何処か? 足の親指です。勁力の終点は何処か? 足の親指です。起点と終点が同じです。ここにおいて、姿勢勁力は永久に続きます。もちろん、心肺機能その他の疲労により、勁力運動は止まります。しかし、構造的には永久ともいえます。

*勁力は足の親指から出て、足の親指で止まります。これは宋氏形意拳の龍形基本功、心意六合拳の鶏行歩などの訓練により、獲得した動きです。

*身体は足の親指により統一され、一個の塊となります。すると強い力=勁力を生み出します。これが龍形基本功、鶏行歩などの動きとなります。

*身体が横へ動いても、親指は保たれます。通常、横へ動くと、親指から踵へ中心が移動してしまいます。すると勁力は消えます。ヒトは蹠行性(せきこうせい) なので当然そうなります。ところが、指行性を習慣化してしまうと、いつも親指中心で動けるようになります。もちろん、親指側エッジをいつも用います。

*身体が横へ動いても、斜め後ろへ動いても、親指の中心点は移動しません。

*これは、宋氏形意拳の横拳、心意六合拳の龍形裹風(りゅうけいかふう)、虎擺尾(こばいび)、などの訓練により獲得できる動きです。全ては同じ親指の動きです。

*つまり、親指中心の動きは宋氏形意拳と心意六合拳の訓練の当然の帰結です。誰かに教わったものではありません。中国の先生に習ったものでもありません。中国の先生はそんな解説をしてくれません。

*私はインチキの天才なのか? 天才のインチキなのか? わかりませんが親指はわかってしまったのです。でもこれを普通の人に求めることは酷なので、教えることにしています。それがパチモンの生きる道です。

*親指は(他の指も) 地面をつかんではいけません。もっとやさしく地面と接します。体重を少しだけ掛けます。少しでいいんです。たくさん掛けてはいけません。

*親指は(他の指も) 踏ん張ってはいけません。力を込めてはいけません。力を込めると筋肉が過緊張してしまいます。五本指の靴下を履く必要もありません。無理に指を広げる必要もありません。でも足袋はいいかもしれません。

*相手を押す時、撃つ時、相手の体重を親指が感じ取ります。肩で感じ取ってはいけません。腰で感じ取ってはいけません。親指が感じ取ります。

*すると、進退も自由に素早く実行できるようになります。この訓練は、鶏行歩の前足一本足歩行で実行します。前足一本足の中身は、前足の親指です。

*この親指の覚醒により、様々な技ができるようになります。この親指は、宋氏形意拳と心意六合拳と武式太極拳に共通しています。(残念ながら、インターネット動画では足の親指の動きは見えません。目の前で実際にやって見せても、見えません。解説してあげなければ永遠にわかりません。私は例外です。)

*親指から踵へ移動してしまうとは、鼠蹊部の切り込みが足りないともいえます。鼠蹊部の切り込みが甘くなっていないか、チェックしてみましょう。

*親指の秘密、教えました。ここだけの話しです。他の人には秘密にしてくださいね。超秘伝なんですう。ホナ、ヨロシウ

追伸・・・内家拳とは何のこと? とYさんに質問されました。内家拳とは、孫禄堂がでっち上げた根拠の無い概念です。彼は、形意拳、八卦掌、太極拳の自分がやっている三つの流派を無理矢理に統合して、内家拳なるものをでっち上げました。その悪影響は今日まで中国武術を混乱させてきました。神秘主義のカビがはびこってしまったのです。その罰が当たったのか、彼の作った孫式太極拳には勁力がありません。彼は武式太極拳を習い、そこから孫式太極拳を作りました。武式太極拳の先生は意地悪をして、肝心の弓歩を教えませんでした。武式太極拳の弓歩には、下腿三頭筋の伸張性収縮が備わっています。それが欠落した孫式太極拳には永遠に勁力が欠落してしまったのです。この弓歩欠落の事情については喬松茂先生から直接聴かされました。

関係ない追伸・・・玉城デニーさんが県知事に当選とのこと。沖縄が平和の島になることを祈ります。広大な嘉手納基地も無くなってほしい。

お知らせ・・・10月8日(月)の練習は16時からです。平和台体育館第一武道場にて。体育の日イベントがあるのですが、16時から使えます。個人使用料は無料です。遊びにおいでください。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-09-30 08:42 | 姿勢勁力

さようなら形意拳幻想

*世の中、幻想に満ちあふれています。骨幻想、気幻想、推手幻想、陰陽五行説幻想、太極図説幻想、合気上げ幻想、形意拳の崩拳幻想、などなど。まるで幻想小説のようです。幻想つまりファンタジーです。ファンタジーの世界に生きていれば、生きながら天国にいるわけです。幸せです。

*でも一生、ファンタジー映画を見ているわけにもいかないでしょう。いつか、映画館を出なければいけません。いつか、クリストファー・ロビンは100エーカーの森を出て行くのです。さようならクマのプー。こんにちわ、チャーリー・ブラウン。

*オッパイもみ高校生は、形意拳幻想に浸っていたのでしょう。とりわけ五行拳幻想、特に一撃必殺の崩拳幻想など。だからネット動画の世界から出てはいけなかったのです。虎鷹拳院に来てはいけなかったのです。

*ところが、一撃必殺の崩拳は幻想なのです。そんなものはファンタジーなのです。しかし、そのファンタジーを捨てた時、あなたは強い崩拳を獲得する一歩を得られます。なんか逆説的ですが、それしかありません。

*つまり、現実に戻りましょう。ネット武術動画の世界から抜け出ましょう。ネット武術動画はネトゲみたいなものです。見ても得られるものはありません。秘伝は得られるかもしれません。秘伝もファンタジーですから。

*ではどうやって現実に戻るのか? それはまず力を抜くことです。でも、全身の力を抜いてはいけません。それでは寝てしまいます。(ちはる、おやすみなさい。) 全身リラックスしてはいけません。

*ポイントがあります。それは主に三つあります。三カ所です。

その一・・・肩の力を抜きます。胸の力を抜きます。肘の力を抜きます。それがいわゆる含胸拔背・沈肩墜肘の意味です。その代表は肩の力です。これは男性にはとても難しくなります。何もしなくても肩にハンガーが入っています。いわゆるハンガー病です。あるいは相手を目の前にすると、肩が緊張してしまいます。肩は24時間フニャフニャにしましょう。これがフニャフニャ崩拳への第一歩です。

その二・・・鼠蹊部の力を抜きます。これもなかなかたいへんのようです。私は苦労したことがないので、硬い鼠蹊部の存在を知りませんでした。現在は鼠蹊部に焦点を当てて指導しているので、硬い鼠蹊部にびっくりしています。女性でも硬い人がいます。女性の場合は指導が難しいので(警察に逮捕される) 、自分の鼠蹊部に指を立ててもらうことにしました。え? それも気持ち悪い? 死ね ! フジマツ ! そっそんなこと言わないで。あっきれいなオネーサン、帰らないでくださーい !

その三・・・足首の力を抜きます。足首に力が入っていると、何もしなくても地面を蹴っています。足首の力を抜いて、親指側エッジを用いると隠れ指行性になります。これで心意六合拳の鶏行歩も成功します。

*この三点が主要なポイントです。また、背中がガチガチな人もいます。これも問題なので、背中の換わりのものを用意します。それが腹直筋です。腹直筋で内臓を持ち上げてやります。これで背中のガチガチが解消されます。これは腹直筋の伸張性収縮です。

*これだけでは弱い構造なので、ここに筋肉の伸張性収縮を導入します。

*代表的なものとして、前腕筋肉の伸張性収縮です。つまり心意六合拳の鷹爪です。これで撃ちます。空手や中国拳法などは上腕三頭筋の伸張性収縮で撃ちます。しかし、姿勢勁力の宋氏形意拳、心意六合拳、武式太極拳は前腕筋肉の伸張性収縮で撃ちます。

*また、下腿三頭筋の伸張性収縮です。これで撃ちます。心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩、武式太極拳の弓歩、です。手=前肢は前腕筋肉です。足=後肢は下腿三頭筋です。四足歩行動物として考えると簡単に理解できます。

*そして、前鋸筋の伸張性収縮です。これで前腕筋肉と前鋸筋が直結します。これが心意六合拳と形意拳の称する龍身です。

*前鋸筋から鼠蹊部へ結合させます。さらに鼠蹊部でクロスして内転筋へ繋ぎます。内転筋も伸張性収縮します。これで、体幹と下半身が結合します。これが心意六合拳と形意拳の称する龍腰です。龍腰は腰とは無関係です。腰は消します。

*腹横筋の伸張性収縮で体幹の下部を造り固定します。

*え? 筋肉ではなく腱? ハイハイ、幻想王国へようこそ ! 

お知らせ・・・特別セミナーは来年2月に予定しています。個人特訓は随時受け付けています。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-09-29 08:12 | 心意六合*形意

死んでいる指先の覚醒

(昨日の体育館から)

*「トントン孫の肩たたき発勁」が成功しました。田植発勁に続いて、これから使えるかもしれません。

*これはAさんの、ガツン肩たたきを少し変えただけです。ガツン肩たたきは痛いし危険なので、軽いトントン孫の肩たたきに変えてみました。すると、あの超鈍いBおじさんが勁力出していました。これ面白いです。ウフフ

*「トントン孫の肩たたき」で肩の力が抜けただけのことです。それだけのことです。申し訳ありません。

*それと、Bおじさんの心意六合拳・鷹爪も少し上手くなってきました。死んでいる指先が覚醒してきたのです。

*普通の人の指先は死んでいます。姿勢勁力者はそのように普通の人を見ています。鷹爪の訓練により、指先は覚醒します。鷹爪の訓練は発勁の重要な条件です。

*普通の人は、第三関節に力を込めてしまいます。そうではなく、第三関節を広げます。極端に広げます。第三関節の表面が白くなるまで広げます。最初は痛いはずです。痛い位広げます。武式太極拳の喬松茂先生もそのように仰っていました。

*そうすると、前腕の筋肉に直結します。あっ腱にも骨にも直結します。筋肉ー腱ー骨は一体に使うものです。ホネ主義者のように筋肉を否定してはいけません。一般受けを狙ってはいけません。キ主義とかホネ主義とか、大衆受け狙いに騙されてはいけません。

*では足指はどのように使うのでしょうか? 足指は無理に広げる必要はありません。地面をつかむ必要もありません。地面をつかむと筋肉が過緊張してしまいます。

*足指は自分の体重を感じます。体重を感じ取れるように訓練します。それだけでいいんです。それはどのように?

*普段、歩く時に、足指に体重が載る時間を作ります。すると、足指が覚醒してきます。足指の特に、親指と人差し指です。つまり、親指側エッジを用います。

*武式太極拳の弓歩も、心意六合拳の鶏歩も、宋氏形意拳の六合歩も、親指側エッジを用います。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-09-27 08:46 | 姿勢勁力

さようなら内家拳幻想

*こんにちわ、最底辺の虎鷹拳院とフジマツです。体育館はだいたい病気した頃に戻りました。スカスカです。体育館は寂しいのですが、身体は調子いいので、心意六合拳の高速鶏行歩を再開しました。鉄牛耕地も回数よりも深く大きくやるようにしています。狭い浅い拳立ても、一本足でできるようになりました。


*宋氏形意拳はさらに力が抜けてきました。もちろん、力を抜くといっても全身ではありません。ヨーガの死のポーズではありませんから。肩の力と鼠蹊部の力を抜きます。これで問題ありません。実は、下腿三頭筋の伸張性収縮も隠してしまいます。見えるようでは、力の使い過ぎです。これは心意六合拳も同様です。


*形意拳が好きなオッパイもみ高校生を追放してみて、形意拳のネット動画を見てみました。いやあ、ガチガチ形意拳でお腹いっぱいです。なんであんなに力入れているのだろうか? 不思議です。でも他人様ですから、どうでもいいんですけど。北京の武術館もそんな感じでした。私のフニャフニャ崩拳は、ミット撃ちを時々やることにしました。誰かミット持ってください。お願いします。


*心意六合拳の鶏行歩はなかなか難しいらしい。そこで四段階練習法を作ってみました。


第一段階、一歩鶏行歩


*一歩で止まります。つまり、大きい鶏歩になり止まります。その時、前へ突っ込んでいないかどうか、チェックします。大きい鶏歩で勁力が出るかどうか、試験します。たいていの人は地面を蹴るので、前へ突っ込む結果となります。抜き足差し足の人は、身体が浮いてしまうので、それもまた勁力が出ません。


第二段階、前足一本足鶏行歩


*前足一本足になった瞬間に止まります。その時、前足指のストッパーが効いているかどうかチェックします。前へ突っ込んでいないかどうか、チェックします。これでも撃てますので、テストしてみてください。


第三段階


*連続する大きい鶏歩です。ここで普通の鶏行歩となります。


第四段階


*高速鶏行歩です。これで完成です。


*なんか予定の記事と違ってしまったけど、まっいいか。いい加減ですいません。え? 意念? 気? 心? 古代哲学? 内家拳? そんなことはどうでもいいんです。アハハ 楽しくやりましょう。それにしても内家拳幻想は精神病みたいです。何とかなりませんかねえ。


*ガチガチの身体を治すために、長拳基本功でもやればいいのにと思うのですが、みんな嫌がるのでやりません。ガチガチの身体のまま心意六合拳や宋氏形意拳をやるものだから、ガチガチの心意六合拳や宋氏形意拳ができあがります。それで、せめて座り圧腿だけはやらせることにしました。


*普通の形意拳教室は月10000円位かかるらしい。たいへんだけれども、形意拳は五行拳と十二形拳とその変形だけだから、二週間あれば覚えられます。(套路なんかどうでもいい。あっ秘密ですう。) まあ一ヶ月として、あとはユーチューブで独学してみればあ? とオッパイもみ高校生に言ってみる。長くいるとヤバいし。リーズナブルな太極拳団体に所属して形意拳をやる、という手もあります。それなら月3000円位で済む。どうせレベルは変わらないし。上手く形意拳愛好者の先輩に取り入る必要がありますけど。(あっこれは秘密です。) コミュニケーション障害だと難しいですね。営業力を磨いてください。

勁力が出るか出ないかはあなた次第です。ナンデヤネン ! 



追伸・・・あるアイドルの女の子は腕立て伏せが50回できるそうですが、オラは鉄牛耕地が16回で限界です。どうもすいません。ゴーヤーチャンプルばかり食べていたけど、ゴーヤーの季節は終わりです。これから何を食べればいいのだろうか? またシャケ雑炊に戻るしかないか? そういえば、もうすぐ練馬大根の季節ですね。ウフフ

[PR]
by tiger-hawk | 2018-09-26 08:33 | 心意六合*形意

足首ー鼠蹊部ー肩(前鋸筋)

*インターネットの武術動画を熱心に見ている人たちがいます。私はほとんど興味ありません。私が見るのは、WWEのサーシャ・バンクスだけです。サーシャ可愛い。なんちゅう動機ですか ! あんたアホとちゃうか ! 武術動画なんか見てもクソ面白くもありませんけど?


*動画を手に入れて満足する人たちがいます。理解に苦しみます。動画なんか見ても、さっぱりわかりません。身体の微妙な動きは見えません。


*ヒトの身体は基本的に浮いています。それは、直立二足歩行を採用してしまったからです。四足歩行ならば浮いていなかったのに。


*浮いている身体の解決法が、沈墜勁や震脚です。浮いているのだから、沈めればいいのです。だから、沈墜勁や震脚は自然勁力です。浮き沈みを繰り返します。姿勢勁力は不自然勁力です。浮いているのが自然なのに、その法則にしたがいません。浮くこともなく、沈むこともありません。


*それはヒトの直立二足歩行に反します。だから、心意六合拳の鶏行歩は、直立二足歩行ではありません。鶏行歩は、もはや、ヒトではありません。だから、ニワトリに変態します。


*幸いなことに、ニワトリも二足歩行です。恐竜の時代から二足歩行です。ですから、チョイチョイと加工すればニワトリに一部ですけど変態できるのです。これは幸運でした。


*では、ニワトリ=鳥類=恐竜と、サル=ヒトの違いとは何か? 


*それが踵を用いない指行性と、踵を用いる蹠行性の違いです。


*恐竜=鳥類やネコやイヌには踵がありません。踵に相当する関節はありますが、上のほうにあるので地面には触れられません。恐竜展で確かめてください。近所のおとなしいイヌでもいいけど。噛まれても知らない。


*浮いている身体、浮いていない身体、を見分けることは難しい。幸い私は、宋光華先生と宋光華先生の弟子の先輩を比較することができました。そして、残念ながら自分も浮いていることを確認できました。


*でも、治し方はわかりません。そのために、歩けなくなりました。仕方無いので、歩かない練習だけにしました。六合歩の定歩でその場で、ひたすら五行拳を練習しました。


*自分で教えてみて、身体がガチガチな人は、それだけで浮いていることを確認しました。でも、本人に伝えても無駄なことです。本人はゆるんでいるつもりですから。


*ガチガチな身体といっても、全身を指摘されても困ってしまいます。そこで、ポイントを絞ります。


*それは肩と鼠蹊部です。鼠蹊部は要注意です。


*鼠蹊部の切り込みといってもチンポの根元ではありません。チンポの根元(見た目) から斜め9cm上の辺りです。これは自分の場合なので個人差があります。自分で確かめてください。斜め上ということは両側にあります。ここを凹ませます。


*大腿直筋主体で立っている人の鼠蹊部は硬くなっています。自分で確かめてください。私は見ただけでわかります。


*大腿直筋で立つということは、大腿直筋で地面を蹴っているということです。


*ではその治し方は? それが折れ曲がる足首、です。しかし、足首は鼠蹊部と連動しています。


*だから、鼠蹊部から治します。鼠蹊部を深く切り込みます。


*しかし、鼠蹊部は肩と連動しています。だから肩もゆるめる必要があります。肩ー鼠蹊部ー足首、という連携があります。この関係を無視できません。


*肩の代わりのものは前鋸筋です。


*硬い鼠蹊部の代わりのものは腹横筋です。腹横筋と前鋸筋を結ぶものは腹直筋です。だから、腹直筋で内臓を持ち上げてやります。


*ヒトの足首は基本的に硬くなっています。それは直立姿勢だからです。この直立姿勢を崩してしまいます。


*そのために、鼠蹊部をゆるめて足首をゆるめてしまいます。足首をゆるめると指行性に近づきます。足指が使えるようになります。


*その足は親指側エッジを用います。小指側エッジを用いると、がに股になり股関節が硬くなります。股関節をやわらかくするために、がに股は治します。


[PR]
by tiger-hawk | 2018-09-22 08:50 | 姿勢勁力

9・23心意六合拳・龍形セミナー

*連絡がなくてあきらめていたのですが、突然、9月23日(日) の学校体育館の使用許可が降りました。立場弱いので、これを活用することにしました。というわけで、武式太極拳無料セミナー&心意六合拳・龍形セミナー、を実行します。のつもりでしたが、武式太極拳は申し込みがゼロなので中止して、心意六合拳だけにします。

*心意六合拳は、基礎の鶏行歩と鶏撲食からやります。鶏行歩の発勁も練習します。その上で、龍形もやります。

*心意六合拳・龍形セミナーでは、龍形十字劈と龍形裹風をやります。龍形裹風が撃てるようになるまでしつこくやります。実はなかなか難しい。そのために、腹横筋龍形基本功を作りました。これはたいへん優れものです。

*心意六合拳・龍形セミナーは有料です。予定4名です。電話予約してください。080-3736-6541フジマツまで。

<心意六合拳・龍形セミナー>・・・撃てるまでやります。鶏行歩と鶏撲食もやります。鶏行歩の発勁もやります。

9月23日(日) 12時00分~16時30分、開進第一中学校体育館(地下鉄有楽町線氷川台駅から歩いて10分) 電話予約080-3736-6541フジマツまで 予定4名 参加費3000円

(注意) 蚊が出るかもしれません。気になる人は虫除けスプレー用意してください。虎鷹拳院の定期会員は参加自由です。体育館は17時終了です。

この記事はしばらくトップ下に貼付けます。新しい記事はもっと下のほうを見てください。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-09-22 08:12

引進落空その二

*太極拳の極意・・・四両発千斤と引進落空を解明してしまったフジマツ・・・インチキなのか悪魔なのか天才なのか? いえ、どれでもありません。パチモンです。アハハ

*でもこんなこと、月刊秘伝を大枚1000円で買っても読めないですよ。それをタダで読めるなんて、あなた幸運です。でもこんなことしているから、男子高校生にオッパイをもまれてしまうのですね(涙)。でも形意拳が好きな彼、つぶれている虎鷹拳院なんかやめて素晴らしい道場で学んでいることでしょう。それともまたユーチューブで独学しているかな? 将来は達人、間違い無し ! その頃は私、もう死んでますから、どうなろうと関係ありませんけど。アハハ

*引進落空なんですけど、少し説明不足でした。特に引進落空の落空について・・・

*撃ち抜かない打撃とは何か? これが、体重移動しない、ということの意味なんです。撃ち抜かない=体重移動しない、ということです。そして、地面を蹴らない、ということです。

*そのためには、身体が流れてはいけません。前足膝が流れてはいけません。そのために、前足指のストッパーが大切になります。親指と人差し指の先端です。第一関節から先の部分です。拇指球ではありません。

*体重移動してしまう、前足膝が流れてしまう武術太極拳連盟の太極拳は、永遠に引進落空ができません。永遠に発勁できません。みんなでお遊戯しているよ~~ 

*撃ち抜かないということは、撃った瞬間に力を抜いてしまう、ということです。陳式太極拳の拳はどうして震えるのか?

*それは、撃ち抜かないからです。撃った瞬間に力を抜いてしまうからです。ところが、やがて震えることが自己目的化してしまいます。

*宋氏形意拳の先生の中には、拳がかなり震える先生がいます。それも震える拳が自己目的化しています。これを本末転倒といいます。無知は悲しいことです。

*心意六合拳の拳と掌は、震えることがありません。それは、最初から最後まで鷹爪が貫徹されているからです。(肩の力は24時間抜きます。) 

*つまり、前腕の筋肉はしっかり使います。(腱と骨だけではありません。) 最初から最後まで使います。ところが、上腕の筋肉は使いません。だから肩も緊張しません。

*鷹爪を作らせると、上腕から肩から全身を硬直させてしまう人がいます。とても残念なことです。筋肉は部分的に使います。

*武式太極拳の手型は心意六合拳の鷹爪と同じです。これが武式太極拳の理解につながりました。ですから、武式太極拳の掌と拳は震えることがありません。

*震える拳は、撃った瞬間に鷹爪も解いてしまうということです。だから鷹爪が見えません。隠しているのかもしれません。

*ところで、鷹爪を教えるとほとんどの人は第一関節に力を入れてしまいます。それは大間違いです。第一関節に力を入れると、手型はとても安定します。実は、鷹爪はとても不安定なんです。だから安定させるためには、前腕の筋肉が必要となります。

*そういえば、心意六合拳の鶏歩も、宋氏形意拳の六合歩も、とても不安定です。これらを安定させてしまうと、勁力は発生しません。面白い現象です。つまり、勁力はとても不安定で、微妙なものです。

追伸・・・オッパイもみ男子高校生は、ユーチューブの世界で既にほとんど達人になっていたようです。だったらその道を進めばいいのに、なんで虎鷹拳院に来たのかな? もう達人だからオラの指導は無視していたし。そのままファンタジーの世界に住んでいれば幸せになれますから。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-09-21 08:08 | 姿勢勁力

9・ 20お知らせ

お知らせ・・・9月20日(木) の練習は事情により休みます。ごめんなさい。
[PR]
by tiger-hawk | 2018-09-20 08:16

太極拳の引進落空とは何か?

*太極拳の引進落空とは何か? と質問されました。知りません。アハハ でも、四両発千斤は姿勢勁力で説明できます。そこで、引進落空についても説明できると考えます。

*引進落空は、前後二つに分けられます。引進と落空です。

*引進とは何か?

*この引とは、相手の動きを誘発する、誘導するという意味です。相手の動きを引き出します。進とは、相手の動きを引き出したところから攻撃します。心意六合拳には引手法という心理学的技術があります。

*相手の隙を撃つのではなく、相手の防御を引き出します。そして、相手の力を助長させます。そこから攻めます。なにがなんでも突進するのが心意六合拳ではありません。単純に突進したら、カウンター攻撃をもらってしまいます。

*合気道には合気道の心理学があるように、心意六合拳には心意六合拳の心理学があります。勁力ばかりではありません。

*落空とは何か?

*これは打撃法です。相手を真下に落とします。吹っ飛ばしてはいけません。それでは衝撃が後ろへ抜けてしまいます。吹っ飛ばすのは、練習の方便です。相手の安全のためです。

*吹っ飛ばされても後ろが崖でも無い限り、そんなに致命的なダメージはありません。上手く受け身を取りましょう。

*ヤバいと思ったら自分から吹っ飛ばされればいいのです。我慢すると身体に毒です。我慢するとダメージが重くなります。つまり、踏ん張ってはいけません。踏ん張ると怪我します。膝を壊したりします。(推手なんか負けてもいいんだよ、というのはその意味もあります。なんであんなものに拘るのか? 理解に苦しみます。あんたアホとちゃうか? ) 

*真下に落とす、とは衝撃が相手の体内に留まることです。衝撃が留まるように撃ちます。

*そのためには、撃ち抜いてはいけません。途中で止めてしまいます。ここが肝心です。

*体重移動してはいけない。前のめりになってはいけない。前足指のストッパーを使う。肩を出してはいけない。前足膝を出してはいけない。などというのは、その意味もあります。撃ち抜いてはいけないのです。

*武術太極拳連盟の太極拳は、前足膝を出します。これは致命的欠陥です。膝を痛めるから、という理由だけではありません。身体が流れる、という理由だけではありません。勁力が漏れてしまいます。あの人たちは、勁力という言葉を知っていても、勁力に無知なのです。ご愁傷さまです。同情します。

*衝撃が相手の体内に留まるように撃ちます。私はこれを心意六合拳の単把と馬形拳で、宋氏形意拳の崩拳で、学びました。どちらも撃ち抜きません。

*だから、見た目の激しさは無用です。そんなものはどうでもいいのです。そんなものに騙されてはいけません。

追伸・・・身体が前へ流れてしまう人は、撃ち抜いてやろう、という意識があるためではないか? と考えられます。撃ち抜かなくていいんです。撃ち抜いてはいけません。それは逆効果になります。

追伸2・・・中国の太極拳の先生は、本当のことを教えません。本当のことを教えると、自分が不利になります。自分の不利益になります。弟子に倒されてしまいます。それが習慣になると、やがて本当のことは忘れ去られてしまいます。そして、本当のことは誰も知らない、先生も知らない、という状況になります。そのほうが平和ですけど。やっぱり平和がいいですよね。真実を知れば幸せになる、というものではありません。不幸になるかもしれません。アッハ

[PR]
by tiger-hawk | 2018-09-18 08:43 | 姿勢勁力

発勁の条件その四

*姿勢の勁力は誰にでもできます。ところが、こんなことは経験したことがありません。鼠蹊部の深い切り込みも、実際に体験しなければわかりません。体験してみると、みなさん、びっくりします。こんなに深く切り込むのか? 

*だからこのblog も無意味なんです。blog を読んでもさっぱりわかりません。だから体育館に遊びにおいでください。鼠蹊部の深い切り込みについて教えてあげます。これは普通の人にはなかなか理解できないことなのです。私は特異な発達障害なので、常人のできないことができてしまいました。

*鼠蹊部の深い切り込みについては、ティラノサウルスの想像図が参考になります。もちろん、後ろ足側の鼠蹊部です。ティラノサウルスは恐竜なので、ヒトと同じ二足歩行です。でも、ヒトの蹠行性二足歩行ではなく、指行性二足歩行です。

*恐竜の後継者の鳥類も指行性二足歩行です。ところが、鳥類では羽が邪魔で鼠蹊部が見えません。鳥類の骨格標本ならば、鼠蹊部が見えます。

*では同じヒトで鼠蹊部が深く切り込まれている例はないのか? 恐竜や鳥類ではなく、ヒトとして。

*それがありました。それがスピードスケート選手の鼠蹊部です。でも、問題があります。身体が倒れ過ぎています。あれでは、武術の姿勢としては使えません。不安定過ぎます。簡単に倒されてしまいます。

*恐竜だと大きな尻尾があるので身体が横倒しでも安定します。ところがヒトには尻尾がありません。これは大問題です。

*ヒトには尻尾が無いので、体幹を立てる必要があります。つまり、体幹は直立させる必要があります。

*体幹を立てて、なおかつ鼠蹊部を深く切り込むにはどうしたらよいか?

*その解決法が、腹直筋で内臓を持ち上げる、ことなのです。

*しかし、尻を出してはいけません。尻が出ると、上半身と下半身が分裂してしまいます。いいかえると、腰を使ってしまいます。

*腰を使ってはいけません。身体が分裂してしまいます。

*そこで、腹横筋を左右横へ引っ張ります。これによって、尻を収めます。尻を収めることによって、腰を消します。

*これによって上半身と下半身が統一されます。さらに、腹直筋で内臓を持ち上げることによって、体幹を直立させます。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-09-17 08:35 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー