動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

直立姿勢を捨てる

どうして心意六合拳の鶏行歩が難しいのか?

鍛え過ぎているから、じゃない?  とおばちゃんに言われた。なるほど! おばちゃん頭いい! アホのフジマツとは違う。

鍛えるとは、世間一般では、地面を蹴ることです。つまり、いきなり大腿四頭筋です。裏側ルートを作ることができません。裏側ルートとは、下腿3頭筋から大腿ニ頭筋ヘ、内転筋ヘの、道です。

ランニングもウォーキングも鶏行歩も、地面を蹴ってしまいます。他の方法を知りません。直立二足歩行では、地面を蹴るしかありません。

だから、心意六合拳の鶏歩でも宋氏形意拳の六合歩でも、地面を蹴るしかありません。静止状態でも、地面を蹴っています。

地面を蹴ると、身体は浮きます。そのままでは発勁できないので、沈むしかありません。それが沈墜勁や震脚です。それが自然の成り行きです。

いわゆる24式太極拳がフワフワ浮いているのは地面を蹴っているから、です。力強くではなく、力弱く地面を蹴っています。結果として同じことです。

ランニングは力強く地面を蹴ります。24式太極拳は、力弱く地面を蹴ります。同じく浮きます。

裏側ルートを作るためには、大腿四頭筋の力を抜くことです。いきなり大腿四頭筋の習慣を捨てることです。

これは人類の本能を捨てることです。木を降りたサルは、地面を蹴って直立し、地面を蹴って直立二足歩行を始めたのです。

その直立二足歩行を捨てます。まずは直立姿勢を捨てます。

直立姿勢を捨てるために、鼠蹊部を深く切り込みます。ヒトと同じ二足歩行する動物がいます。それが、鳥類です。ニワトリです。彼らの骨格を見ると鼠蹊部のところで折れ曲がっています。先祖の恐竜も同じです。そして指行性です。

心意六合拳が、鶏歩、鶏行歩と称するのは、直立姿勢を捨てたからです。直立姿勢を捨てるために、鼠蹊部を深く切り込みます。

直立するために伸ばした鼠蹊部を、深く切り込みます。指行性になるために、足首を折り曲げます。これが姿勢勁力の基本構造です。

始まりは、直立姿勢を捨てることです。

追伸→弓歩の造り方。ゆるうい弓歩をまず造ります。足首近くのヒラメ筋から絞ります。すると大腿ニ頭筋ヘ、内転筋ヘ繫がります。最初に力を抜くことが大切です。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-10-31 08:31 | 姿勢勁力

膝付き鉄牛耕地

よくわからなあい、心意六合拳の鷹爪、とおばちゃんがいう。

こうなったら、前腕の筋肉を刺激するしかない、と決めました。でも、おばちゃんに鉄牛耕地は無理そう。

そこで、膝付き鉄牛耕地をやらせました。なるべく、ゆっくり。思っきり、前に倒します。前髪が床に付くまで倒します。10回ゆっくりやってもらいました。最後は沈没したけど。アハ もちろん腕立て伏せは絶対禁止です。

これでは、腹筋はあまり刺激できません。でも、前腕の筋肉は刺激できます。おばちゃんの前腕の筋肉をたくましくしてあげましょう。学校体育館の兄さんたちにも、やらせましょう。武式太極拳教室でもやらせましょう。武式太極拳の手型は、心意六合拳と同じ鷹爪です。

筋肉ではなく腱だというホネ主義者は、来なくていいです。気持ち悪いから。腱は筋肉と骨を結ぶものです。筋肉の無い腱は無意味です。そんなに筋肉が嫌いなら、自分の腕の筋肉をナイフで削り取ってください。もちろん、これは屁理屈です。つまり、ホネ主義者の理論は屁理屈ということです。屁理屈では進歩できません。

キ主義者の理論も屁理屈です。そんなことより、下腿3頭筋の伸長性収縮で歩きましょう。心意六合拳の鶏行歩です。

でも鶏行歩は、簡単ではありません。多くの人は、大腿四頭筋の、特に大腿直筋で歩いてしまいますから。大腿直筋も使いますけど、いきなり大腿直筋ではいけません。

下腿3頭筋の特にヒラメ筋から歩きます。最初にヒラメ筋が出動します。プロセスがあります。プロセスを無視してはいけません。勁力が発生しません。そのために足首は折れ曲がります。

ヒラメ筋から、大腿ニ頭筋ヘ、内転筋ヘ、最後に大腿直筋ヘ、というプロセスです。物事には順序があります。料理には手順があります。手順を無視しては、おいしい料理はできません。

追伸→下腿3頭筋の圧腿を毎日やりましょう。そして、足首を折り曲げるとヒラメ筋のスイッチが即時に入る身体を作ります。鶏歩と並行して訓練します。大腿直筋のスイッチを遅らせます。

鍛え過ぎて、硬い筋肉を作った人は、やわらかい筋肉に改造しましょう。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-10-30 08:31 | 姿勢勁力

背中のS字を消す

どうして背中のS字を消さなあかんねん?

と聴かれたことがありました。木を降りたサルは、胸椎と腰椎でS字を作りました。それは直立姿勢のためです。

4足歩行動物は、頸椎をのぞく脊柱が全体で凸型に弯曲しています。

しかし、ヒトは胸椎と腰椎でS字を作りました。それによって、体を立てることができるようになりました。そして真正面を見ることができるようになりました。

しかし、直立姿勢のために、上半身の体重がほぼ腰椎に掛かるようになりました。これが腰痛の原因になります。

姿勢勁力は、直立姿勢を放棄することによって、S字を消します。心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩、などは直立姿勢を放棄しています。

しかし、それは腰痛の予防のためではありません。

全体重を足首の内側に降ろすためです。もちろん、足首は関節なので、体重に耐えられません。実際の作業は下腿3頭筋が担います。下腿3頭筋の伸長性収縮です。よくあるふくらはぎ体操は、下腿3頭筋の短縮性収縮ですので、使えません。

これが姿勢勁力の根本となります。だから体重移動すると、この勁力は消えてしまいます。心意六合拳の鶏行歩は、左右の足が交代するだけです。体重の前倒しがありません。

体重を前倒しさせると、下腿3頭筋ヘの体重の圧力が消えてしまいます。結果、勁力の死です。

単純に低い姿勢を取ると、膝に体重の圧力が掛かります。そして膝を壊します。

姿勢勁力は、膝痛を予防することもできます。しかし、鼠蹊部が深く切り込まれていないと、膝を痛めます。膝に体重が掛かるためです。

もちろん、鼠蹊部の深い切り込みは、膝痛を予防するためではありません。

鼠蹊部の深い切り込みは、足首を折り曲げるためです。足首を折り曲げるのは、全体重を足首の内側に降ろすためです。

背中のS字を消すとは、腰を消すことです。しかし、尻が出ていると腰は消えません。その尻を収めることを、提肛と称します。

尻を収めるために、腹横筋を左右横ヘ引っ張ります。すると、これが、鼠蹊部の深い切り込みに関係しています。腹横筋の伸長性収縮が、鼠蹊部の深い切り込みを決定します。

背中のS字を消しただけだと、背中が曲がってしまいます。背中を立てるために、腹直筋で内臓を持ち上げます。腹直筋で背中を立てます。
どや、おもろいやろ?

参考 不思議すぎる人体のしくみ図鑑、宝島社

[PR]
by tiger-hawk | 2018-10-29 08:01 | 姿勢勁力

四両発千斤は錯覚?

四両発千斤、の意味とは、とても小さい力が大きい力を発する、ということです。これは、実際に虎鷹拳院で発勁に成功した人の実感でもあります。だから、とても不思議に感じます。

もちろん、これは錯覚です。小さい力がいきなり大きい力に成るわけありません。それでは、超能力になってしまいます。私たちは平凡な人間です。超能力なんてありません。古典的物理学に支配されている人間です。

小さい力が大きい力に変わるには、別の大きい力が加わる必要があります。それが姿勢勁力です。

ところが姿勢勁力は動作がありません。だから、目に見えません。

それで不思議に感じます。

ところが、それも錯覚なのです。鼠蹊部の深い切り込み、折れ曲がる足首、前腕の筋肉と前鋸筋の直結、指先と前腕の筋肉との直結、前鋸筋から鼠蹊部ヘの切り込み、さらに鼠蹊部でクロスして内転筋ヘ達する、体重は足の親指に達する、下腿3頭筋の伸長性収縮、など、これらは全て動作なのです。

ところが、これらの動作は身体内部の動作なのです。あるいは、とても微妙な動作なのです。ですから、目に見えません。ですから実感できにくいものなのです。

もちろん、姿勢勁力に成功した人には、目に見えます。でも、動画を見せても、説得力がありません。できない人には信じられません。なにしろ、経験したことがありませんから。そのような人には、目に見えないのです。正確には、見る目がない、ということです。

そこで、気とか、骨とか、妄想する人も現れます。妄想は、何処まで行っても妄想なのです。妄想とは広まると迷信です。迷信は否定しましょう。

これが、心意六合拳、宋氏形意拳、武式太極拳、の姿勢勁力です。姿勢を作ることも動作なのです。でもとても微妙な動作なので、一般の人には見えません。

例えば、鼠蹊部の深い切り込み、を見せてみたところで、無駄なことです。一般の人にはわかりません。やってみないと、わかりません。成功しないと納得できません。

四両発千斤は、錯覚なのですが、その勁力は実在します。

追伸→姿勢勁力といえども、その素材は自分の体重です。しかし、自分の体重を意識して生活している人はいません。勁力運動している瞬間も、自分の体重を意識していません。そのために錯覚が生じるともいえます。

なお、体重を浴びせると、下腿3頭筋ヘの体重の圧力が空っぽになり、勁力は死にます。だから体重移動は使えません。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-10-28 08:36 | 姿勢勁力

10/28おしらせ

お知らせ→10月28日、日曜日、は平和台体育館がなんとか大会で昼間使えません。そのために、武式太極拳無料教室は、19時から20時で実行します。
[PR]
by tiger-hawk | 2018-10-27 18:30

親指の出現のために

いつ頃、足の親指に気付いたのか? 自分でもわかりません。例えば、宋氏形意拳の崩拳です。後ろ足の親指から撃っています。でも力は抜けています。親指が地面を蹴ることはありません。親指が地面をつかむことはありません。

世の中の達人といわれる先生が、地面をつかむのを見て、ヘえー、そうなんだ、と不思議でした。だから五本指の靴下にも全く興味がありませんでした。普通の靴下で十分です。

心意六合拳の鶏行歩は、前足一本足になります。その時も親指で立ちます。それも自然に、成り行きです。他の技も同じです。後ろ足に成る足の親指で撃つ。前足の親指はストッパーに成る。

始まりは親指で、終わりは親指です。すると、なにも変わりません。

撃てない人を見ると、親指がはっきりしません。力の入れ過ぎです。踵に移動したりします。それで失敗します。

力を抜かないと、親指が現れません。勁力はとても臆病です。力が入っていると、引っ込んでしまいます。妖精みたいです。アハ

力を抜くのは、宋氏形意拳のフニャフニャ崩拳で得意です。

力は何処から抜けるのか? 力は鼠蹊部から抜けます。鼠蹊部の深い切り込みから、力が抜けます。

このブログの最初の写真に、宋氏形意拳の六合歩を用いました。手指で鼠蹊部の切り込みを示しています。でも気付いた人はいません。自分の鼠蹊部が伸びていることは、わかりません。

人間の本能は、鼠蹊部を伸ばします。それが、ヒトの直立姿勢です。そして、鼠蹊部を伸ばしたまま歩きます。それが、ヒトの直立二足歩行です。

鼠蹊部の力を抜くと、足首が折れ曲がります。足首が折れ曲がると、親指が出現します。

足首の力が抜けないと、親指は隠れたままです。ヒトの直立二足歩行は、足首が硬直しています。鋼鉄の足首です。

隠れている親指に、出て来てもらうために、足首の力を抜きます。

足首の力を抜くために、鼠蹊部の力を抜きます。

特に、日本人は足指を用いて歩きません。だから、親指は隠れたままです。そして親指は退化しています。親指の感覚は死んでいます。

隠れている親指に、出て来てもらいましょう。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-10-27 08:28 | 姿勢勁力

途切れない勁力

発勁というと、爆発、といわれます。爆発してしまえば、それでお終いです。すると、再構築する必要があります。それが、震脚発勁です。

姿勢勁力は爆発しません。だから再構築する必要はありません。非常に誤解される表現ですが、弓は引き絞ります。そのままです。矢は放たれることがありません。

それが心意六合拳の鶏歩です。宋氏形意拳の六合歩です。それが下腿3頭筋の伸長性収縮です。足は伸びることがありません。膝が伸びません。飛び出す寸前なのですが、永遠に飛び出すことがありません。尽きることの無い泉のようです。

下腿3頭筋は内転筋に一体化します。その勁力は上昇しません。

そうではなく、前腕の筋肉は、前鋸筋と一体化します、前鋸筋は鼠蹊部ヘ向かって切り込まれます。鼠蹊部でクロスして内転筋ヘ達します。

内転筋で、体幹と足が合体します。身体は一つのかたまりになります。勁力が伝わるわけではありません。そのようには考えません。

それが心意六合拳の渾身拳です。一般にいわれる勁力の伝達は、姿勢勁力ではありません。勁力を伝えると考えると、結局は地面を蹴る結果となります。

心意六合拳の鶏歩で、もっとも勁力の出る足首の角度があります。それを教えるために、田植え発勁をしてみました。それは、親指の覚醒する角度です。一点しかありません。後は自分でやってください。学習と記憶です。

入門編のつづきです。
鼠蹊部をゆるめるためには、腹横筋の覚醒が必要です。腹横筋を左右横ヘ引っ張ります。腹は少し凹みますが、あくまで結果として、です。意図的に凹ませてはいけません。腹横筋を覚醒させないと、鼠蹊部はゆるみません。

肩をゆるめるためには、鎖骨下をゆるめることが必要です。すると大胸筋がゆるみます。大胸筋は用いません。大胸筋を大きくする必要もありません。

また上腕三頭筋を用いると、どうしても肩が緊張します。そのためにも、上腕三頭筋を用いません。拳を伸ばす時も上腕三頭筋を用いません。前腕の筋肉だけです。だから拳を伸ばす時、上腕三頭筋はフニャフニャです。これが、宋氏形意拳のフニャフニャ五行拳となります。

足首をゆるめるためには、ヒトの直立姿勢を放棄します。直立姿勢は、鼠蹊部から始まります。伸びている鼠蹊部を否定します。軍隊的姿勢、学校的姿勢を放棄します。

足首をゆるめると、足首は折れ曲がリます。これに親指側エッジを加えます。すると親指が覚醒します。この親指をいかなる時も確保します。横ヘ動く時も、親指を確保します。小指側ヘ移動してはいけません。斜め後ろヘ撃つ時も、親指を確保します。踵ヘ後退してはいけません。

追伸→心意六合拳の鷹爪で、手首に力を入れてしまう人がいます。それは鷹爪としては間違いです。指先まで勁力が貫徹しません。同じことをキョンシーがやっています。キョンシーが鷹爪の訓練をしていたとは、聴いたことがありません。キョンシーの動画を確認してください。手首に力が入っています。そのほうが簡単だからです。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-10-26 08:36 | 姿勢勁力

ゆるうい特訓から

つぶれそうな虎鷹拳院なんですが、どうしようかな? 今いる会員を強化するしかありません。それは、ゆるうい特訓です。これ、ゆるうい、に特徴があります。ガンガンやっても効果ありません。ガンガンやりたい人は、震脚のある道場ヘどうぞ! 後は知らないけど? アハ

で、どうすればいいのか? ゆるうい心意六合拳の弓歩から内転筋の覚醒に結び付けました。まだ力をいきなり入れてしまうガンガン派もいますけど。なんでだろう? 不思議だなあ?

心意六合拳の鶏歩は難しい。そこで、逆歩で勁力を出す練習をしてみました。ほぼみんな成功しました。

順歩だと、鼠蹊部が開きがちです。そこで逆歩です。強制的に鼠蹊部を閉じます。龍形にその技があります。その完成形から発勁します。これ、かなり上手くいきました。

その調子で順歩の鶏歩します。まずは逆歩からです。いきなり順歩の逆拳なんて無理ですから。

というわけで、姿勢勁力の入門編です。それは三つのゆるめ、三つの力抜きです。

Ⅰ 肩をゆるめる
2 鼠径部をゆるめる
3 足首をゆるめる
肩が硬いのは、鼠蹊部から来ています。
足首が硬いのは、鼠蹊部から来ています。
身体の中心は鼠蹊部です。つづきます。また明日

[PR]
by tiger-hawk | 2018-10-25 08:29 | 姿勢勁力

動くのは前腕だけ

姿勢の力なんですが、動く部分はあります。それが、前腕の筋肉です。それが心意六合拳の鷹爪です。

前腕の筋肉だけで上腕三頭筋は動きません。腕を伸ばすのは、上腕三頭筋です。普通の突きでは、上腕三頭筋を用います。空手でも中国武術でも同様です。

ところが、姿勢の力では、上腕三頭筋が動きません。心意六合拳、宋氏形意拳、武式太極拳、みんな同様です。つまり、いわゆる突きがありません。

では上腕三頭筋は全く用いないのか? 用いる瞬間があります。それは、撃った瞬間です。

撃った瞬間、相手の体重の圧力が来ます。その圧力を受け止めます。つまり、消極的な使用法です。

僧帽筋も同様です。相手の圧力の壁になります。これも消極的な使用法です。つまり、上腕三頭筋も僧帽筋も意識する必要がありません。

この上腕三頭筋と僧帽筋は、鉄牛耕地の副産物で大きくなります。でも衣服を着ていれば見えません。気になりません。だから問題ありません。

撃つ時、前腕の筋肉だけ使います。これだけは確認してください。

この前腕筋肉の根っこが前鋸筋です。つまり、腕は肩から生えていません。腕は前鋸筋から生えています。これが心意六合拳と形意拳の称する龍身の意味です。

姿勢の勁力は、動きません。動くのは、前腕の筋肉だけです。だから体重移動しません。相手に寄りかかりません。

押す時も体重を浴びせません。私がとても違和感を感じるのは、体重を浴びせる人です。とても気持ち悪い。

体重を浴びせる瞬間、下腿3頭筋が死にます。身体が浮きます。勁力の死です。

体重を浴びせる時、地面を蹴っています。もちろん、本人にはわかりません。

それは、地面を蹴ることがヒトの本能だからです。体重移動と地面を蹴ることは、同じことです。

木から降りたサルは、それ以来、地面を蹴って移動してきたのです。だからウォーキングもランニングも、地面を蹴ります。

心意六合拳の鶏行歩は、地面を蹴りません。だからニワトリの前足一本足に学んだのです。心意六合拳のご先祖様は偉大です。

地面を蹴るのは、大腿四頭筋です。だから最初に大腿四頭筋にスイッチが入ります。

そうではなく、自分の体重の圧力を下腿3頭筋で受けます。その圧力を、左右交代するだけです。

追伸→あなたの太極拳は、気ですか? とマジで聴かれたことがありました。この人、キチか? と思ったけど、運動です、と答えました。こんなことが世の中にまかり通るなんて、腐った世の中ですね。迷信に死を!
気とは気持ちのことです。気持ちだけでは妄想になってしまいます。気持ちを実現するには、方法論が必須です。自分の肉体と脳神経に対する方法論です。

追伸2 姿勢勁力には三つのカギがあります。明日書きます。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-10-24 08:04 | 姿勢勁力

一つの岩になります

最近、下腿の絞り、で内転筋の覚醒に成功する人が続出しています。これさえできれば、心意六合拳と武式太極拳の弓歩で勁力が出ます。おばちゃんも成功しています。

凄いです、下腿の絞り。誰が考えたのでしょうか。もちろんアホのフジマツです。自画自賛です。

でも、なかなか成功しない人もいます。最初から足をガチガチに固めてしまっている人です。なんでそんなに力を入れるのかなあ? 理解に苦しみます。

最初から足をガチガチにすると、大腿四頭筋がガチガチです。特に大腿直筋と外側広筋がガチガチです。もう対処できません。ナンデヤネン! 不思議だなあ?

最初は足をゆるめておいてください。そこから私が絞ってあげると成功します。ここでも失敗の原因は、力の入れ過ぎです。

そんなことは教えていませんけど? 力というと、力を入れることしか知りません。しかし、勁力運動では、力を出すことが求められます。

一生懸命やる人は、どんどん力が入ります。どんどんアリ地獄にハマります。悲惨な闘いです。自滅を自ら求めています。もう救う手立てはありません。迷わず成仏してください。ア−メン

日頃、リラックスしているはずの24式太極拳の経験者もガチガチ地獄です。いかに太極拳指導者が無能なのか? がわかります。

見掛けのリラックスなんか要りません。未経験者のほうがすぐにできます。太極拳とか中国武術とか、本当に使えません。エライコッチャ!

体幹では、腕を肩からではなく、前鋸筋から生やします。前鋸筋から鼠蹊部ヘ切り込みます。鼠蹊部の下部でクロスして、内転筋ヘ達します。

内転筋で上半身と下半身が結合します。身体は一つのかたまりとなります。アイ、アム、ア、ロック、です。あなたは一つの岩になります。力の伝達ではありません。

前鋸筋から生えた腕は、心意六合拳の鷹爪と結合します。前腕筋肉の伸長性収縮です。

腹横筋は左右横ヘ伸長性収縮します。腹直筋は縦に伸長性収縮します。

この一連の作業を実行します。これを渾身拳と称します。あなたは一つのかたまり、一つの岩になります。最初から一つのかたまりになる人は、とても脆い、すぐに壊れる岩となります。全身はバラバラ死体となります。あなたはバラバラ死体にならないでください。

追伸→心意六合拳の鶏歩の、とても簡単な練習方法を作りました。明日、教えます。

[PR]
by tiger-hawk | 2018-10-23 08:38 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー