人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2019年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

鷹爪と崩拳

心意六合拳の鷹爪はどうして難しいのでしょうか? 間違ったことを教えている先生もいるそうです。ネタ元がフジマツなので、お恥ずかしい限りですけど。

鷹爪は、指先と前腕の筋肉を直結させます。前腕の筋肉は伸長性収縮させます。

筋肉が嫌いな人は、筋肉ではなく腱、と言います。腱だけでは無理です。たぶん精神病なのでしょう。治療してください。

ここで腕の筋肉について整理してみましょう。

上腕二頭筋は短縮性収縮させます。いわゆる力こぶができます。何かを引き付ける動作で用います。

上腕二頭筋の裏側に上腕三頭筋があります。腕を伸ばす動作で用います。空手の突き、ボクシングのストレートパンチ、中国武術の拳、などで用います。

上腕三頭筋にも力こぶができます。腕をしっかり伸ばすと、外側にできます。上腕三頭筋は伸長性収縮させます。

前腕の筋肉はどう用いるのでしょうか? 手で物をつかむ動作、物を持ち上げる動作、バッグなどを持つ動作、柔道で引き付ける動作、などが考えられます。上腕二頭筋と同様です。

これらは全て、前腕筋肉の短縮性収縮です。通常、前腕筋肉を伸長性収縮することはありません。必要ありません。

ところが、鷹爪は、前腕筋肉の伸長性収縮なのです。通常の使い方にはありません。これが鷹爪を難しくしている原因です。

鷹爪を理解できない人は、前腕筋肉を短縮性収縮させてしまいます。結果、指が硬直してしまいます。指の第三関節や第二関節に力が入ってしまいます。

これが鷹爪の失敗となります。すると、拳も硬直してしまいます。拳は遅くなりハエがとまります。アハ

宋氏形意拳の崩拳はたいへん速い。私の崩拳は、本場の山西省の崩拳よりも速くなりました。

どうして速くなったのか? 肩の力を徹底的に抜いただけでなく、腕を伸ばす上腕三頭筋を使わなくしたのです。

意図的に上腕三頭筋を用いないのではなく、力を抜いた結果です。

でも上腕三頭筋を用いないと腕が伸びません。どうやって腕を伸ばすのか?

前提として、腕ははっきりとは伸びません。やや曲がっています。それでも、腕を伸ばす必要があります。どうするのか?

前腕筋肉の伸長性収縮と、前鋸筋の伸長性収縮を用います。途中の上腕三頭筋はスルーします。

腰は用いないで、体幹を腹筋と前鋸筋でまとめます。

鷹爪の手で拳を造ります。手の甲の皮膚は張り、拳の中に空気が残ります。

鷹爪を間違って教えている先生は、宋氏形意拳の龍形基本功や熊形基本功も間違って教えています。でも悪意は無いと考えます。善意の人です。

理解力が不足しているだけです。それで自分が理解できるように改変したのでしょう。これも悲劇です。心意六合拳と宋氏形意拳を人に教える器ではなかった、というだけのことです。非難できません。許してあげてください。

追伸 前手と前足の同着、が大切、と師匠に習いました。その内実は? それを知ると勁力が大幅アップします。明日、書いてみます。たぶん? 月刊秘伝には載りません。超秘伝ですから。アハ

追伸 4月27日に東京国際伝統武術文化節なる大会があったそうです。全く知らなかった。正直、興味なかった。中国武術に興味が無い。中国風衣装も嫌い。太極拳の幽霊踊りも見たくない。何が楽しいのか幽霊踊り。健康体操ならば歩くことです。ひたすら歩く。みんなでお遊戯、は要らない。
どうしてバスケのパンツを履くのか? と聞かれた。オラ、チビデブだから。バスケの人は大きいからパンツも大きいのだよ。

by tiger-hawk | 2019-05-31 08:34 | 心意六合*形意

勁力の原料

勁力の原料とは何か? それは、心意六合拳の鶏歩にあります。鶏歩の何処にあるのか?

鶏歩の後ろ足の足首の内側にあります。足首の内側に何があるのか? 自分の体重があります。これが勁力の原料です。

もちろん、通常、体重はカラダの各所に分散しています。そのままでは勁力の原料にはなりません。

それをカラダの一箇所に集めます。その一箇所とは何か? それが後ろ足の足首の内側なのです。それが鶏歩なのです。宋氏形意拳の六合歩も同様ですが、わかりにくい。鶏歩はストレートに、わかります。

言い換えると、体重移動してはいけません。体重移動すると、勁力の原料が消えてしまいます。だから体重移動する打撃は使えません。普通の格闘技、武術、などは勁力の観点からは使えません。もちろん別の勁力といえます。動物武術の勁力ではありません。

勁力は今あるものから作ります。今あるものは自分の体重です。天からの気、地からの気ではありません。それらは比喩なのです。比喩をまともに受けとってはいけません。それは愚か者です。

体重を足首の内側に集めるためは、足首を折り曲げます。そのために燕子点水、双虎抱頭、虎爪、などの技が使えると考えました。

自分が中年の頃、得意技にしていた技です。見た目、かなり前のめりになります。ところが体重移動しません。体重は後ろ足足首内側に集中します。

鶏歩にも落とし穴があります。それが後ろ足鼠蹊部のくびれ、です。ここがくびれません。すると直立姿勢と変わりません。足首のくびれも無駄になります。

これは人間には存在しない姿勢です。中国人の先生でも認識していません。できない先生も少くありません。人間は蹠行性なので、そんな姿勢は存在していません。

だから、このブログを読んでも全く理解できません。それは無理ありません。でも指行性動物には存在します。ネコ、イヌ、鶏=鳥類=恐竜、などには存在します。鳥類=恐竜は指行性二足歩行です。

ではまた、

追伸 どうして鷹爪は難しいのか? デタラメを教えている先生もいます。考えると簡単に答えが出ました。それはまた明日!

by tiger-hawk | 2019-05-30 08:40 | 心意六合*形意

膝は足首の付属品

心意六合拳の鶏歩の根本勁力は、下腿3頭筋の伸長性収縮です。ところが、伸長性収縮と称するのですが、足は伸長しません。足は曲がったままです。宋氏形意拳の六合歩も同様です。

伸長しない伸長性収縮です。つまり足は膝で分断されています。これでは、外から見てもわかりません。事実、私にはわかりませんでした。

しかし、心意六合拳の師匠の技を見て、伸びない後ろ足に気付きました。なんともおかしな後ろ足です。ランニングならば後ろ足は伸びます。それは地面を蹴るからです。

鶏歩の足は地面を蹴らないので、曲がったままです。下腿3頭筋の伸長性収縮は内部運動となります。これでは、理解しろとは無理な話しです。

理解できる人もいれば理解できない人もいます。個人差が現れます。

低い鶏歩を造ると、理解できる場合があります。そこで燕子点水の鶏歩を利用しようとしました。

この場合、膝を曲げて低い鶏歩を造ってはいけません。あくまで足首を曲げて低い鶏歩を造ります。

膝は足首のついでに曲がるだけです。つまり、膝は足首の付属品です。もちろん、そんなことを考える人はいません。非常識です。

ところが、人間は蹠行性で直立します。だから足首はほとんど曲がりません。低い姿勢になる時は、膝を曲げます。足首を曲げて低い姿勢になる人はいません。非常識です。

膝を曲げるのが自然な行為です。足首を曲げるのは不自然な行為です。

不自然なのは当然です。人間は蹠行性なのに指行性動物の真似をするのですから。動物武術の心意六合拳と宋氏形意拳は、人間として不自然な武術です。

自然志向の人は、心意六合拳と宋氏形意拳をやるべきではありません。人間のくせに、鶏=鳥類=恐竜の真似をするというのですから。言葉の本来の意味で、変態です。

膝は足首の付属品です。膝は足首のついでに存在します。

追伸 膝を曲げると大腿四頭筋の大腿直筋に大きい負荷が掛かります。鼠蹊部がくびれ足首がくびれると、下腿3頭筋に大きい負荷が掛かります。

膝を曲げただけでは筋肉負荷は,直立姿勢と本質的に同じです。つまり下腿3頭筋は隠れたままです。直立姿勢だと下腿3頭筋はただの棒です。この下腿3頭筋を暴露するのが勁力運動です。

心意六合拳の鶏腿の意味は、下腿3頭筋と指行性のことです。

by tiger-hawk | 2019-05-29 08:36 | 心意六合*形意

力を抜く注意と努力

発勁動作の無い勁力を解明したフジマツの任務は、虎鷹拳院の会員と会友の勁力の覚醒と向上です。

他流派の人に勁力を教えることや、格闘技の先生に勁力を教えることも楽しいのですが、本来の任務ではありません。それは遊びです。でも来たら教えます。格闘技に役に立つ、とは思えませんが。アハハ

勁力は教えてもらったらできる、というものではありません。

勁力の覚醒は、鼠蹊部の力を抜く、肩の力を抜く、足首の力を抜く、の三つの力を抜くことから始まリます。

鼠蹊部に力が入るのは、人間の直立二足歩行の結果です。肩に力が入るのは、人間の直立二足歩行の結果です。足首に力が入るのは、人間の直立二足歩行の結果です。

勁力の学習は、人間の直立二足歩行を否定することから始まります。つまり、人間の本能に反します。ここが中途半端だと勁力は覚醒しません。

心意六合拳が、鶏歩と鶏行歩を称するのは、雰囲気の問題ではありません。本質的問題です。

ニワトリ=鳥類=恐竜の指行性二足歩行に学びます。だから鶏歩と鶏行歩なのです。

スピードスケートを見た時、ティラノサウルスに似ているなあ、と感じたのは、アホのフジマツだけでしょうか? アハハ

スピードスケートの鼠蹊部のくびれは恐竜=鳥類そのものです。そう思いませんか? え? オマエの感性がおかしい? そうですか? 

ともかく、心意六合拳と宋氏形意拳が動物武術なのは根拠があります。つまり人間の武術ではありません。

しかし、それだからこそ、力を抜くには注意が必要です。人間ではなく、指行性動物に成ることですから。

つまり、いつでも人間に戻ってしまう危険性があります。だから、鼠蹊部の力を抜く、肩の力を抜く、足首の力を抜く、の三つの努力が日常的に必要です。

力を抜く努力をしたくない人は、人間武術をやりましょう。私は宋氏形意拳に出会ってから、ひたすら力を抜きました。ひたすらフニャフニャ崩拳を練習しました。今の崩拳はフニャフニャではありませんが、フニャフニャ崩拳の練習の結果なのです。だから私の崩拳の真似をすると失敗します。プロセスを無視してはいけません。

力を抜くには注意と努力が必要です。それが私のような凡人の定めです。もしも天才ならば必要ありませんけど。

追伸 燕子点水の鶏歩を練習しましょう。足首のくびれが良くわかります。

by tiger-hawk | 2019-05-27 08:05 | 反人間本能の勁力

勁力の誕生

三つの力を抜くと、三つのくびれができます。すると勁力が生まれます。それが、心意六合拳、宋氏形意拳、武式太極拳、の勁力です。

三つの力とは、肩の力、鼠蹊部の力、足首の力、のことです。

三つのくびれとは、査骨の下のくびれ、鼠蹊部のくびれ、足首のくびれ、のことです。

たったこれだけです。秘伝もウンコもありません。だから臭くありません。

世界で一番簡単な勁力です。これ以上簡単な勁力はありません。もっと秘伝はないのか? 知りません。月刊秘伝を読んでください。私は読みませんが。オカネ無いので買えません。

しかし、落とし穴があります。それは、発勁動作がある、との思い込みです。その思い込みのために、力が入ってしまいます。すると勁力は生まれません。生まれる前に死にます。

その典型がいわゆる太極拳です。いくらゆるゆると動いても、それは見かけだけの力抜き、です。

鼠蹊部の力は抜けていません。足首の力は抜けていません。肩の力は抜けていません。だから勁力は生まれません。みなさん、騙されてはいけません。先生も信じ込んでいるので、手の施しようはありません。

ゆるゆるは演技です。演技だけです。勁力構造の中身はありません。するとますます発勁動作が必要となります。

カラダに勁力構造がありませんから、外部から発勁動作を加える必要があります。すると力が入ってしまいます。まさに悪循環です。地獄ヘの道をまっしぐらです。もう誰も止められません。南無阿弥陀仏…みなさんはいっしょに地獄ヘ行かないように。

発勁動作はありません。強いて言うならば、発勁動作とは技のことです。しかし、技を形だけ覚えても、使い物になりません。勁力構造がありませんから。

つまり、勁力構造が優先されます。技の中身が問われます。

勁力構造を素早く造る技はないのか? 考えたら、ありました。それが心意六合拳の燕子点水です。これ、特効薬です。燕子点水を吊歩でやります。これはフジマツ考案です。

誰でも勁力が造れます。でもテキトーにやっては駄目です。正確に低い鶏歩を造ります。肩の力を抜きます。鼠蹊部のくびれを造ります。足首のくびれを造ります。

へっぴり腰だと、膝に体重が乗り膝を痛めます。十分に足首がくびれるようにします。

誰でも勁力が造れます。でもまずは、虎鷹拳院のみんなが勁力を造ってください。

追伸 三つの力を抜けば抜くほど、勁力は大きくなります。問題はあります。最大の問題は、無意識に地面を蹴ることです。鶏歩を、六合歩を、記憶することです。形状記憶合金になることです。そのために徹底的に力を抜いて鶏歩を、六合歩を造ります。これは、なかなか納得できないことですけど。非常識ですから。

もっと、もっと、もっと、力を抜きましょう。

by tiger-hawk | 2019-05-26 08:02 | 心意六合*形意

太極拳の起勢の撃ち方

太極拳はスピリチュアル症候群の一つなので、撃てなくても全く問題ありません。でも、余計なお節介やってみます。

先日、タントウを専門に練習してきた人が見学にきました。そこで、さっそく勁力を引き出そうとしました。

しかし、予想外の鼠蹊部の硬さに遭遇して、失敗しました。やっぱり専門家には敵いません。

私がグイグイ下腹を押すのですが、ひるむことなく、押し返されてしまいました。私のほうがギブアップしました。

足首のくびれは大切ですが、それも鼠蹊部のくびれがなくては無意味となります。

考え方を変えれば簡単に勁力が出ますが、考え方を変えるのはたいへん難しいものです。

鼠蹊部のくびれを造るためには、今までのタントウの間違いを認めなければなりません。それは考えられません。過去の修行を否定することになります。

私の得意技は、今までの流派をあっさり離れることです。形意拳も心意六合拳も、36歳以前のものをあっさりやめました。まるで今までやったことないような顔をして、新しい形意拳や心意六合拳に取り組みます。恥知らず、というわけです。

そんなわけですから、八極拳からもあっさり離れて裏切り者となりました。まあ私は馬鹿ですから、たくさん失敗しました。だから自分の過去を否定することに心が痛みません。人の気持ちがわからないアスペルガーですし。

推手で怪我した人に対して、推手なんて無意味だ、と平気で言います。人の心を傷つけることに鈍感です。ごめんなさい。

でも過去を捨てることは必要です。失敗をたくさんした私が言います。

というわけで、鼠蹊部の力を抜きましょう。そこから勁力を引き出す一歩となります。

太極拳の起勢の姿勢でも、鼠蹊部の力を抜きます。そして鼠蹊部のくびれを造ります。

鼠蹊部のくびれが足首のくびれを導き出します。足首のくびれが指行性の一歩となります。

人間は踵で直立する蹠行性ですが、蹠行性では勁力は出ません。指行性になる必要があります。

だからニワトリ、心意六合拳の鶏行歩なのです。鳥類と恐竜は指行性二足歩行です。

最近のランニングは指行性ですが、ジャンプ運動では勁力が出ません。ランニングはジャンプ運動です。

ジャンプしない指行性二足歩行が心意六合拳の鶏行歩です。

鳥類は羽で鼠蹊部が見えません。そこで、同じ指行性のネコやイヌの後ろ足鼠蹊部を観察してみましょう。みごとにくびれています。

あのくびれがほしいのです。そうすれば勁力が出ます。

でもそれは人間の直立姿勢に反します。これは学校の先生から見ると悪い姿勢です。もう人間ではなく動物です。勁力を出すために、動物になります。

太極拳の起勢の手の動きを見てみましょう。上から下ヘ降ろします。前へ出ません。あれで撃てるのか? ハイ、撃てます。

上から斜め下ヘ撃てます。胸から背中の腰ヘ撃ちます。

どうやって上から斜め下ヘ撃つのか? それは足に秘密があります。これは外から見てもわかりません。

最初に立った時は蹠行性か指行性かわかりません。とても曖昧な立ち方です。そこから手を降ろしながら指行性になります。足の親指で立ちます。その過程で斜め下ヘ撃ちます。

私はこれを心意六合拳の虎爪や鶏行歩で会得しました。人間の骨格は蹠行性なので、歩く時、踵で着地します。

この踵の着地を踵の接地に変えてしまいます。踵は地面に触れるだけです。そして、一気に親指で立ちます。拇指球ではありません。親指の第一関節から先の部分です。

この作業は、足の力を抜く必要があります。足に力が入っているとできません。

追伸 普通は大腿四頭筋、特に大腿直筋で歩きます。この大腿直筋の比率を下げる必要があります。それが足の力を抜く、という意味です。大腿四頭筋はカラダを支える役割にします。そして下腿3頭筋で歩きます。役割が逆転します。

追伸2 最近、私の鼠蹊部は常時くびれていることを発見しました。開こうとしても開きません。体型が変化しました。全然わかりませんけど。アハハ

by tiger-hawk | 2019-05-25 08:39 | 反人間本能の勁力

三つの弱いスプリング

雑談していたら、小手返しの返し技が閃きました。これ面白い。合気道出身者に検証してもらおう。フジマツオリジナルです。ウフ

足首の弱いスプリング三部作をやってみました。心意六合拳の虎爪、双虎抱頭、燕子点水、です。

実は、足首の弱いスプリングは、全ての技に含まれています。心意六合拳の全ての技、宋氏形意拳の全ての技、武式太極拳の弓歩の全ての技、に含まれています。勁力の根本です。

しかし、なかなか見えません。見える人もいますが、普通は見えません。しかし、虎爪などでは見えます。見えやすいのです。

では、他流派の某氏が撃ちたいと希望していた虎抱頭はどうなのか? 

もちろん、足首の弱いスプリングが備わっています。しかし、それだけではありません。

鼠蹊部にも弱いスプリングが必要です。脇腹にも弱いスプリングが必要です。前鋸筋の弱いスプリングです。

そのために、他の技よりも難しい。鼠蹊部の弱いスプリングと前鋸筋の弱いスプリングは、他の技にもあります。が、求められる完成度が違います。だから虎抱頭は難しい。

つまり、鼠蹊部の力をより抜く必要があります。脇腹の力をより抜く必要があります。そして、三つの弱いスプリングを備えます。

鼠蹊部の弱いスプリングと脇腹の弱いスプリングは、以前、脇腹アコーディオンと称していたものです。同じ意味です。

実は力を抜けばできてしまうものです。

しかし、落とし穴があります。故松田先生の遺産です。それが、発勁動作、です。

発勁動作はある、との思い込み、です。この思い込みによって、力を入れてしまいます。その結果、勁力構造は崩壊します。その遺産は、心意六合拳、宋氏形意拳、武式太極拳には当てはまりません。

むしろ、阻害物となります。

宋氏形意拳の龍形基本功や熊形基本功を、力を込めて実行する先生が増殖しているそうです。それも、発勁動作がある、との思い込みから生じた誤謬です。宋光華先生、申し訳ありません。その思い込みのため、彼らも生涯、勁力を獲得できないわけで、二重の不幸です。

え? 元ネタはオマエだろう! ハイ、フジマツの不徳と致すところです。ごめんなさい。

三つの弱いスプリングを造ります。それは一体化します。

by tiger-hawk | 2019-05-24 08:25 | 心意六合*形意

吊歩で燕子点水

昨日の体育館から

心意六合拳の燕子点水の特訓です。これで勁力を引き出す作戦です。

まずは、その場でジャンプしないで燕子点水です。

それから、吊歩で左右ジャンプの燕子点水です。これ、私の思い付きです。オリジナル、とは言えません。そこまでではない。アハハ

でも、自分では気に入っています。楽しい。

これ、ただジャンプするのではなく、腹筋でカラダを持ち上げてほしいところです。つまり、尻を収めて持ち上げます。足も腹筋で持ち上げます。

その説明が足らなかった。反省しました。ここで腹筋を十分に用いると、後でとても気持ちいい。出た腹も軽くなります。

着地して低い鶏歩からの発勁の練習に移ります。ここでの注意点は、後ろ足の足首の内側ヘ体重を降ろすこと、です。

でも最初は感覚が全くわかりません。そこで、自分自身で後ろ足の足首の内側に圧力を掛けます。十分に圧力を掛けます。

まだフワフワしている人がいました。最初は圧力を掛けます。感覚がわかってきたら自然の圧力に切り替えます。

反省点、双虎抱頭の練習から、足首のくびれを学習させれば良かった。次回は、双虎抱頭の練習もします。

双虎抱頭で、へっぴり腰を治します。では、ユタシク!

by tiger-hawk | 2019-05-23 08:14 | 心意六合*形意

発勁動作はありません

発勁動作はありません、心意六合拳には、宋氏形意拳には、武式太極拳には。少なくとも、フジマツの動物武術には、ありません。勘違いする人が、まだいます。

発勁動作のある流派もあるでしょう。しかし、発勁動作のない勁力もあるのです。信じられないかもしれませんが。

私、中国で発勁動作なんて習ったことありません。ある先生に形意拳を習った時、半歩崩拳で震脚を使うのを見ました。先生のドヤ顔を見て、がっかりしました。震脚は八極拳でさんざんやったので、もういいや、と自分の中で結論が出ていました。

36歳の時、山西省太谷県で、静の形意拳に出会い、戸惑いました。震脚だけでなく、沈墜勁も、十字勁も、纏絲勁も、開合も、ありません。基本功はありました。

でも、誰かが月刊秘伝に発表したものは、大間違いです。あれも、発勁動作があるはずだ、との思い込みが狂わせたのです。思い込みは怖いです。

38歳の時、心意六合拳の師匠に出会いました。全ての動作が発勁動作です。つまり、特別な発勁動作なんてありません。

それは秘伝だから、オマエは習っていないのだ! そうなんですか? 秘伝なんてものは、ただのコケオドシです。世間を欺くハッタリです。つまり、気と同じく、詐欺師の用語です。そういえば、月刊秘伝なんてのもあった。アハ

私は発勁動作は知りません。そんなもの期待するのなら、気と秘伝の道場ヘどうぞ。

発勁動作はありませんが、勁力構造はあります。自分の肉体の中に、勁力構造を内蔵します。

その基本条件があります。

肩と胸をゆるめる。その力を抜きます。鼠蹊部をゆるめる。その力を抜きます。足首をゆるめる。足の力を抜きます。この三つです。

どれも人間の直立姿勢で失ったものです。人間の蹠行性で失ったものです。軍隊と学校教育で硬直させられたものです。

この基本条件を素に、勁力構造を造ります。基本条件だけでも勁力は出ますが、勁力としては不十分です。

指先と前腕筋肉を覚醒させます。すなわち鷹爪です。前鋸筋を覚醒させます。すなわち龍身です。

前鋸筋から鼠蹊部ヘ、さらに反対側の内転筋ヘ切り込みます。すなわち龍腰です。

そして下腿3頭筋を覚醒させます。すなわち心意六合拳の鶏歩です。宋氏形意拳の六合歩です。下腿3頭筋を弱いスプリングにします。

はるか以前から疑問に思っていました。なんであんなに力を入れるのかなあ? とても不思議でした。

それは発勁動作がある、と思い込んでいるからです。発勁動作はありません。だから体重移動しません。拳に体重を載せません。地面を蹴りません。

勁力構造を身体に造ります。だから勁力は出続けます。だから発勁動作はありません。

追伸 思い込みは怖いです。人を狂わせます。武術を駄目にします。自分も自戒したいと考えます。

by tiger-hawk | 2019-05-22 08:42 | 心意六合*形意

勁力覚醒の近道

オバチャンにも、心意六合拳の燕子点水をやらせてしまった。跳躍技です。推定還暦超えのオバチャンです。いいんですか?

あっ良くない。年齢不詳です。でもジャンプさせてしまった。それも連続ジャンプです。

勁力覚醒に近道はあるのか? どうもそれがあるらしい、と思い付きました。それが燕子点水の跳躍技です。

跳躍それ自体に意味があるのではなく、そこからの大きい落差による低い鶏歩に意味があります。

燕子点水の技も面白いのですが、その過程で形成された低い鶏歩に価値があります。

つまり、撃ち終わった形です。そこに明確に、鼠蹊部のくびれと足首のくびれが表現されています。そして、弱いスプリングが造られています。後ろ足下腿3頭筋の弱いスプリングです。

そこから、例えば、一歩進んで虎撲を撃ちます。すると簡単に発勁できます。

中には、へっぴり腰になってしまう人もいます。目の前の相手に、心を全て奪われて前のめりになってしまう人です。

目の前にいるのは、ブ男です。美女はいません。しかし、撃つことだけしか頭に無いので、へっぴり腰になります。ああ、情けない。

そんなわけで、せっかくの勁力が消えてしまいます。そんな人以外は、発勁に成功します。

もちろん、地面を蹴る人も失敗します。地面を蹴ることによって、後ろ足の弱いスプリングが消えてしまいます。

というわけで、勁力覚醒の近道が燕子点水です。これ、落差があればいいので、虎爪、双虎抱頭、などでも同じです。

それでも、ジャンプすれば、さらに落差が大きくなります。というわけで、燕子点水が一番です。

え? もっと早く気付けよ! 申し訳ありません。馬鹿なもので。

というか、鼠蹊部のくびれと足首のくびれの観点が無ければ、理解できません。

普通の人は、最適な鼠蹊部のくびれと最適な足首のくびれを知りません。そこは、手取り足取り教えてやる必要があります。自分で発見できません。私は例外のようです。

最近は、下腹をグイグイ押して、尻をグイグイ収めさせて、足首をグイグイ折り曲げて、と強制的に教えることにしています。

口で言ってもわからない人ばかりですから。以前は、そのうちわかるだろう、でした。でも、永遠にわからないことがわかりました。もちろん、こんな指導をする中国の先生はいません。自分で発見できなければ、それまでです。だから勁力の無い先生が生まれます。

せめて、虎鷹拳院ではみんなに勁力を覚醒させてやろうと、男の下腹や尻を押すことにも慣れました。最初は抵抗ありましたけど。アハハ

でも女性はどうしようか? パンチングミットをはめてやるかな? それでも警察に逮捕されるかな? パンチングミットで許してください。駄目かな?

ともかく、燕子点水を必修課題に加えることにしました。これ、やってみたら、腹筋と前鋸筋にたいへん効果的です。体幹トレーニングとしても優秀です。

追伸 ワニと龍、読みました。平凡社新書なのですが、中古品しかなくめっちゃ高い。図書館で借りた。これ内容が良いので講談社学術文庫で出してほしい。形意拳のダ形はヨウスコウアリゲーターという小型のワニだそうです。ダなんて難しい字だし、小ワニでいいよ。しかし、チョーコウではないのか? 今時、ヨウスコウなんて言うか? 揚州は好きでした。一回しか行ったことないけど。ワニもイルカも絶滅しているだろうなあ。

燕の追伸 着地の際、楽をしようとすると、膝に体重が掛かり膝を痛めます。へっぴり腰になります。足首を折りたたみ、尻を出さないようにします。体重は足首の内側に降ろします。

燕の追伸2 明日の水曜日は燕の特訓だ。見学者も歓迎。100キロオーバーの人は跳ばなくてもいいよ。許す。アハハ

by tiger-hawk | 2019-05-21 08:43 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー