人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2019年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

動物武術の原点

武術を堕落させ腐敗させたのは、気の思想です。思想と呼べる内容はありません。元は占いです。だから、気を徹底的に否定して、叩き壊して、葬り去ることが必要です。ついでに、宗教の儒教、道教、仏教、を排除します。

形意拳を堕落させ腐敗させたのは、陰陽五行説です。科学なんて呼ぶ人がいますが、それこそ盲説です。陰陽五行説は占いの一種です。

心意六合拳を救ったのは、動物の生態論です。素朴な生態論ですが、動物ヘの興味から動物学ヘの興味が生まれました。

そこから、人間の歩き方、ニワトリの歩き方、ネコやイヌの歩き方、などを考える切っ掛けが生まれました。

人間の歩き方では、勁力が永遠に生まれないことがわかりました。直立二足歩行では、勁力は生まれません。

だから、動物武術の心意六合拳が生まれ、形意拳が派生したのです。

サルと人間の違いはなにか? それは、鼠蹊部の違いです。人間は直立したために、鼠蹊部を伸ばしてしまったのです。

しかし、サルと人間は踵を用いる蹠行性です。四足歩行と二足歩行の違いはあるけど、同じ蹠行性です。

後ろ足が蹠行性だと、直立できます。だから、クマやレッサーパンダは直立します。

ところが、指行性で二足歩行する動物がいました。鶏=鳥類=恐竜です。

心意六合拳は、指行性二足歩行の鶏に学んだのです。恐竜は滅びていたので学ぶことはできません。鳥類だけど、あまり飛ばない鶏は、都合が良い。

だから、鶏歩と鶏行歩が生まれました。指行性なので、踵に相当する関節は高い位置にあります。これは身近のイヌやネコを見るとわかります。

人間が指行性に近付くためには、足首のくびれが必要です。それが鶏歩の特徴です。鼠蹊部のくびれも必要です。足首のくびれと鼠蹊部のくびれは、ワンセットです。

形意拳の三体式は鶏歩に準じます。鼠蹊部のくびれと足首のくびれの無い三体式は、内蔵勁力がありません。

鼠蹊部のくびれと足首のくびれの無い鶏歩は、内蔵勁力がありません。

そのような形意拳、心意六合拳はインターネットにあふれています。それらも内蔵勁力ヘの道しるべとなります。反面教師です。

人間は、地面を蹴り、体重移動して歩きます。地面を蹴ればカラダは浮きます。体重移動すればカラダは浮きます。

自然のままの人間は浮いてしまうので、勁力を獲得できません。

道は二つあります。

内蔵勁力は期待できないので、勁力を外付けする。それが沈墜勁や震脚です。人間そのままです。変わることはありません。

内蔵勁力を得るために、指行性二足歩行に学ぶ。そのために鶏歩と鶏行歩を獲得する。反自然の道です。人間はニワトリ人間ヘ変態します。

動物武術の原点は、指行性二足歩行です。鶏=鳥類=恐竜の指行性二足歩行です。その姿勢は、鼠蹊部がくびれ、足首がくびれます。

お知らせ 7月20日、土、は参議院選挙のため学校体育館が使えません。平和台体育館第一武道場で19時から練習します。

by tiger-hawk | 2019-07-20 08:02 | 反人間本能の勁力

天翔る渾身拳

昨日の体育館から

心意六合拳の龍形裹風をやってみる。相手の両手を制して、撃つのですが、自分の肘は脇腹に密着させます。

この時に、上腕二頭筋の短縮性収縮を用います。格闘技や武術の常識に反する動きです。

よくある間違いは、前方に撃つことです。前方へ撃ってはいけません。それでは、肘が脇腹から離れてしまいます。では、何処ヘ向かって撃つのか?

これがびっくり仰天、自分の背中側ヘ撃ちます。実際に背中側ヘ届くことはありませんが、方向は背中側です。

実際には、前足の親指がストッパーとなるので、途中で止まります。

この方向は、宋氏形意拳の龍形基本功と同じです。龍形基本功のおかげで、龍形裹風が理会できたようです。

さらに、龍形裹風の跳躍形をやってみました。これ、個人的に大好きな技です。ダイナミックで、天翔る龍、といった技です。

そういえば、龍形の套路にはありません。師匠のDVDにもありません。xさんは初めて見た、と言ってました。

かなり遠くから跳ぶので、距離感が難しい、らしい? 私は一度見ただけですが、すぐにわかりました。

師匠の心意六合拳には、跳躍形がたくさんあるので、びっくりしました。自分が以前習った心意六合拳とは全く違います。でも、跳躍しない形と基本的に同じです。勁力も同じです。

空中で撃つわけではありません。着地した瞬間に撃ちます。だから簡単な構造です。

私の内実は伝統派です。だから、心意六合拳も宋氏形意拳も格闘技には使えない、とはっきり言います。

ただ表現方法が違います。これ実は、心意六合拳の師匠の影響が強い。

師匠は大学出で、警察学校の教官でした。私が習った当時は、射撃の担当教官でした。中国の警察は戦車を持たない軍隊みたいなものです。だから、自動小銃があります。日本の警察とはまるで違います。治安警察そのものです。

警察学校の訓練には、匍匐前進があります。泥の中を匍匐前進させるので、女子は泣き出してしまうそうです。日本の警察学校とは全く違います。そこは東京の現職警察官に確認しました。

中国の暴力団も自動小銃で武装していて、警察と銃撃戦します。今はどうなのか知りません。1990年代の話しです。

私は馬鹿なので、初めて中国に留学した時、人民公園の警察官に道を尋ねてしまいました。完全に無視されました。市民サービスなんて警察の仕事ではありません。アホでした。今もアホですけど。

というわけで、警察学校の教官ですから、合理的な発想するわけです。そうしないと事故ります。そこが伝統的老師と違います。

弓歩と内転筋の関係は師匠から習いました。私は師匠の発想を拡大しただけです。だから自分のオリジナルはありません。

もちろん、自分の流派を作るつもりも全くありません。だから表現方法が違うだけです。伝統的思想は削除します。儒教、道教、仏教も排除します。気も排除します。合理主義で根っからの伝統派です。

龍形裹風は、自分の肘を脇腹に密着させます。腕の自由は全くありません。カラダは完全に一つになります。前腕筋肉と前鋸筋は完全に見た目も一体化します。

つまり、渾身が一つの拳となります。心意六合拳の称する、渾身拳そのものです。龍形裹風の跳躍は、天翔る渾身拳です。

追伸 気を感じたら気を殺せ! この言葉に共感する人は体育館ヘ来てください。気の太極拳、気の武術で幽霊エネルギー=死のエネルギーが得られます。必要ですか? そんなもの! 気を殺せ!

お知らせ 7月20日、土、は学校体育館が参議院選挙で使えないので、平和台体育館第一武道場で19時から練習します。

by tiger-hawk | 2019-07-19 08:44 | 心意六合*形意

いつも体重をヒラメ筋に

昨日の体育館から

いつも体重は下腿3頭筋の、特にヒラメ筋にある、ようにします。そうすれば、いつでもどこでも撃てます。それが心意六合拳と宋氏形意拳の内蔵勁力です。

え? 気? だから、気を感じたら気を殺しなさい。気は気持ちのことだから、寝ていても気を感じます。夢を見るのが、その証拠です。

起きていれば、風を感じます。暑さ寒さを感じます。匂いを感じます。人の好き嫌いを感じます。イヌを見ればイヌを感じます。食事をすれば味を感じます。あらゆる情報を感じます。その全てが気です。ほとんどはどうでもいい情報です。その全てに反応すれば疲れてしまいます。だから、気を感じたら気を殺しなさい。武術とは無関係です。勁力とは無関係です。

気を丹田に沈める? バカなこと言ってないで、月刊ムーでも読みなさい。月刊ムーじゃなくて月刊秘伝? どっちでも同じようなものですから。どうでもいいですよー アハ

心意六合拳の鶏歩で、体重を後ろ足のヒラメ筋に降ろします。宋氏形意拳の六合歩で、体重を後ろ足のヒラメ筋に降ろします。それが勁力の基礎となります。それで発勁できます。

力を込めてはいけません。勁力は死んでしまいます。あくまで体重を降ろすだけです。

そのために、鼠蹊部はくびれます。足首はくびれます。親指指行性になります。

地面を蹴ることなく、足首が折れ曲がります。そのように歩きます。歩くと、左右の足は交替します。その時、前足一本足になります。後ろ足一本足になります。どのような時も、体重を下腿3頭筋、特にヒラメ筋に降ろします。

すると、どのような時も発勁できます。そのために、足は伸びることがありません。いつも曲がったままです。途中で弓歩状態を作っては、絶対にいけません。

発勁の瞬間、前腕の筋肉とヒラメ筋は一体化します。勁力が伝わるのではなく、カラダが一つの勁力となります。鷹爪と鶏歩の合体です。

これを心意六合拳では、渾身拳ー周身功、と称します。それは、カラダが統一されて、カラダそのものが一つの拳となることです。

追伸 この勁力を一瞬に破壊することができます。それは地面を蹴ることです。自滅できます。

by tiger-hawk | 2019-07-18 08:05 | 心意六合*形意

指行性二足歩行に変態します

こんにちは、格闘技の役に立たない宋氏形意拳と心意六合拳を鍛練する、虎鷹拳院のアホのフジマツです。

心意六合拳の基礎は、鶏歩と鶏行歩です。宋氏形意拳の基礎は、六合歩です。

註 宋氏形意拳は、三体式ではなく、六合式、と称していました。少なくとも、私が習った当時は、六合式でした。いつの間にか、三体式となっていました。宋光華先生は、権力に迎合する傾向がありました。そのために三体式としたと考えられます。

私は三体式の名称は採用したくありませんでした。そこで、六合式は歩型なので、六合歩と称することにしました。

宋氏形意拳との名称は、私が最初に習った当時は、宋式心意拳、でした。山西省では長い間、形意拳の名称はありませんでした。車派形意拳も車派心意拳でした。心意六合拳の名称もありました。だんだんと、北京の権力に迎合したと考えられます。これは、心意六合拳との区別のために、形意拳がよろしいかと考えます。漢族は形意拳、回族は心意六合拳となります。形と心は声調というアクセントが違うだけで音は同じです。そこで形意拳を十二形、心意六合拳を十大形、と称して区別する場合があります。

話しを戻します。六合歩は未完成鶏歩の性質があります。撃ちながら鶏歩に近づきます。つまり、より親指側エッジがはっきりし、鼠蹊部と足首はよりくびれます。

鶏歩は完成形なので、逆歩でも全く動くことなく撃ちます。腰を使わないことを、はっきり表現します。

鶏歩で歩くのが、鶏行歩です。すると、本質的に同じです。つまり、浮いても沈んでもいけません。

ところが、人間は地面を蹴って、体重移動して、それにより歩きます。

ここに大きな矛盾が生じます。人間の歩き方では、鶏行歩は歩けません。人間であるままでは、心意六合拳はできません。だからこそ、鶏歩と鶏行歩なのですが。

そこで、鶏=鳥類=恐竜に変態します。武術する時、変態モードに入ります。

だから、踵を用いる蹠行性二足歩行から、鶏=鳥類=恐竜の指行性二足歩行に変態します。

そのために、鼠蹊部と足首がくびれます。人間の直立姿勢の面影は、もうありません。

お知らせ 7月20日、土、は学校体育館が使用できません。平和台体育館第一武道場で練習します。8月14日、水、は休みます。

9月に体育館借りられたら、セミナー開催します。

追伸 鼠蹊部をチョイチョイと治すと、勁力を出す人がいます。これが面白い。でも、鼠蹊部の硬い人は難しい。中には、勁力出しても、信じない人もいます。こんな人も珍しいのですが、難しい。頭が硬いのですね。

追伸 私の崩拳を見せると、前腕フニャフニャの崩拳をやる人がいます。上腕三頭筋フニャフニャなんですけど、そんなことやったことないので、想像できないのです。想像できないことは、実現できません。やったことないことを想像する能力が必要です。つまり、翻訳しないで、そのまま受け入れることです。

by tiger-hawk | 2019-07-17 08:42 | 心意六合*形意

体重移動によらない打撃

昨日の体育館から

見学者さんが来たので、みんなで心意六合拳の弓歩、鶏歩、宋氏形意拳の六合歩、とやってみました。

しかし、腰が張って、尻が出ているので、尻を収める練習に時間を掛けました。正直、なかなか治りません。気長に練習してください。腹直筋で内臓を持ち上げるようにします。腹直筋の伸長性収縮です。

宋氏形意拳の龍形基本功、熊形基本功、ワニ形基本功、とやってみました。ワニ形は難しいので、簡易形にしてみました。簡易形でも大きな勁力が出ます。腹の左右に小さな半円を描きます。

このワニ形を宋氏形意拳の崩拳に応用します。すると、強力な崩拳が生まれます。最後に崩拳を練習しました。一年以上続けてください。なんとかなるでしょう。

最短、一年以上は練習しないと使えるようにはなりません。これが、宋氏形意拳が格闘技の役に立たない理由の一つです。

しかし、もっと根本的な問題があります。宋氏形意拳は体重移動を嫌います。体重移動すると、宋氏形意拳の勁力は消えてしまいます。心意六合拳も同様です。

人間は体重移動によって歩きます。格闘技の打撃は体重移動によって撃ちます。これでは、根本的に相容れません。だから、宋氏形意拳と心意六合拳は、格闘技の役には立ちません。

キックボクシング関係者に宋氏形意拳の基本功を教えて、売名を図った先生たちがいました。彼らの売名は、根本から間違っていたのです。ご愁傷さまです。売名そのものは関係ありません。

では、体重移動によらない宋氏形意拳の打撃は、どのようにして成り立つのか?

撃つ瞬間に、鼠蹊部はさらにくびれます。足首はさらにくびれます。そのようにして、体重移動によらない、地面を蹴らない打撃が成立します。心意六合拳も同様です。

これは、かなり力を抜かないと成功しません。鼠蹊部の力、足首の力、肩の力、をさらに抜きます。

一般の形意拳、一般の心意六合拳、はかなり力が入っているので、体重移動によらない、地面を蹴らない打撃は、実現不可能です。

しかし、体重移動によらない打撃は、大きな勁力を生み出します。そのための宋氏形意拳の六合歩です。そのための心意六合拳の鶏歩です。

追伸 格闘技の役には立たない宋氏形意拳と心意六合拳。これは重要な認識です。24式太極拳が役に立たないのとは、全く違う意味です。24式太極拳は、小指側エッジを使うので、股関節が開き、勁力が形成されません。中国武術は滅びると思っていましたが、体操競技として延命しました。それともまた別の意味です。

追伸 宋氏形意拳の宋光華先生が推手みたいなものをやっているそうです。横拳を応用すれば、捌きができることは早くから分かっていました。そこから推手に発展させることも可能だと、分かっていました。でも推手は無意味です。やられそうになったら、手を入れ替える、足を入れ替える、で対処して反撃できます。だから推手の練習は無駄です。無理に我慢すると、ケガします。膝を壊した人、股関節を壊して手術した太極拳の先生がいました。

追伸 腰または背中で体幹を立てる人がいます。これだと、勁力は形成されません。腹直筋で体幹を立てます。学校教育が間違っているのですが、なんとか克服してください。学校の元は軍隊ですから、根っこは深いのですが。いわゆる直立不動の姿勢が元凶です。

by tiger-hawk | 2019-07-16 08:32 | 心意六合*形意

勁力が出ない人の特徴

こんにちは、人の気持ちがわからないアホのフジマツです。そんな馬鹿な私ですが、ある日、勁力が出ない人の特徴は何か? 考えました。

それが鼠蹊部のくびれ、でした。勁力の出ない人は、鼠蹊部がくびれていないのです。むしろ、伸びているのです。

これが原因だったのだ。ところが、そうではありませんでした。

鼠蹊部を私が押してあげても、くびれません。なぜか? 鼠蹊部に力が入っているのです。鼠蹊部の力抜き、が必要でした。

これは、人間の直立二足歩行が原因でした。人間は、まだサルでしたが、直立した時、鼠蹊部と足首を伸ばしてしまったのです。

原因は700万年前にありました。しかし、今さら、700万年前に戻れません。そこで、他の動物に学びました。それが、動物武術の心意六合拳と宋氏形意拳のはじまりです。歴史的ではなく、原理的に考えてみました。

それは、指行性動物の、虎、鷹、などです。爬虫類の龍=ワニにも学びました。脇腹の前鋸筋から生える腕です。心意六合拳の三大形の、龍、虎、鷹、です。

特に、鶏=鳥類=恐竜は、指行性二足歩行です。人間は、蹠行性二足歩行です。同じ二足歩行です。つまり、指行性二足歩行の鶏に学べば、問題の解決に近づきます。

それが、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩です。

勁力の教え方が整理できました。三つの力抜き、と、三つのくびれ、です。

肩と胸の力を抜く。鼠蹊部の力を抜く。足首の力を抜く。

査骨の下にくびれを造る。鼠蹊部にくびれを造る。足首にくびれを造る。

最近は、問題が解決したので、勁力の成功者が増えました。でも、以前教えた人には申し訳ありません。

キックボクシング関係者に間違った宋氏形意拳基本功を教えた先生も、可哀想な人でした。勁力が理会できなかったばかりに、間違った方向へ迷ってしまったのです。同情すべき人です。

あのような迷子を出さないように、今後も精進するつもりです。

註 どうして体重移動してはいけないのか? 体重移動すると、鼠蹊部と足首が伸びてしまいます。下腿3頭筋にあるべき体重が空っぽになってしまいます。姿勢構造が崩れてしまいます。勁力は消えてしまいます。この体重移動してはいけない、がたいへん重要な要素になります。体重移動して歩くのが人間だからです。格闘技の打撃は、武術の打撃は、体重移動に基づいています。動物武術の勁力は体重移動を否定します。つまり、宋氏形意拳と心意六合拳は、格闘技の役には立ちません。アハ

by tiger-hawk | 2019-07-15 08:32 | 反人間本能の勁力

三つの力抜きと筋肉の関係

気とは気持ちのことです。でも古代では違います。雲の流れを見て戦争の占いをした様子を表しています。アホのフジマツが言うのではありません。白川静先生の辞典に載っています。

そんな占い、馬鹿馬鹿しい。でも、気=気持ち、と考えても肉体が欠落しています。肉体の無い気持ちとは、幽霊のことです。

気の太極拳とは、幽霊の太極拳のことです。気の武術とは、幽霊の武術のことです。つまり妄想です。

幽霊よりも生きている人間のほうが怖い。生きているくせに、幽霊の太極拳、幽霊の武術を広めています。動機は善意かもしれませんが、結果は悪意です。

そんな気の太極拳、気の武術とは決別しましょう。一生やったところで、勁力は生まれません。現実に、私の友人で、私よりはるかに有名な武術先生が、死ぬまで内蔵勁力を得られませんでした。そして、立派な本を残しました。とても残念です。

もし、筋肉は要らないというのなら、触れずに私を倒してください。それはできません。

筋肉は必要です。特に、見えない筋肉が必要です。下半身の内転筋と上半身の前鋸筋です。

見える筋肉では、下半身の下腿3頭筋と上半身の前腕筋肉です。

内転筋と下腿3頭筋は直結させます。前鋸筋と前腕筋肉は直結させます。見えない筋肉と見える筋肉を直結させます。

それが、心意六合拳と宋氏形意拳の内蔵勁力です。

それを成功させるには、三つの力抜き、が必要です。肩と胸の力抜き、鼠蹊部の力抜き、足首の力抜き、の三つです。

三つの力抜きが前提条件です。それだけである程度の勁力が出ます。

しかし、見えない筋肉と見える筋肉が弱ければ、それなりの勁力となります。とても小さい勁力です。

つまり、三つの力抜きと、見えない筋肉と見える筋肉の鍛練は、同時進行で訓練しなければなりません。

三つの力抜き、だけ見て筋肉は要らないというのは浅はかな考えです。

筋肉があっても、三つの力抜きができなければ、勁力は生まれません。

もちろん、陰陽五行説とか五臓の気とかは妄想です。妄想に頼らず、自分のカラダに根拠を造りましょう。

by tiger-hawk | 2019-07-14 08:40 | 心意六合*形意

勁力は自分のカラダの中に

内蔵勁力の根本は、後ろ足の勁力トライアングルにあります。

これは、心意六合拳の鶏歩の後ろ足にあるべきものです。宋氏形意拳の六合歩の後ろ足にあるべきものです。

勁力トライアングルが無いと、当然、勁力はありません。

ニワトリ人間の後ろ足を見ると、勁力トライアングルが存在しています。

でも一般の人には見えません。見分けられません。

勁力を獲得した人にしか見えません。そこで私は積極的に修正してあげることにしました。

下腿3頭筋に圧力をかけます。すると勁力を出します。

本来は必要の無いことです。しかし、本人の下腿3頭筋に体重が降りていません。それで、私が圧力をかけてあげるわけです。

どうして、体重が降りて来ないのか? 地面を蹴ってしまうからです。

だから、足首の力を抜く要求があります。しかし、人間は地面を蹴って歩く生物です。それは、蹠行性二足歩行の宿命なのです。

指行性二足歩行ならば、地面を蹴らなくて歩けます。だから指行性に近づけるために、足首が折れ曲がります。すると、体重が下腿3頭筋に降りてきます。

しかし、勁力トライアングルの角度は、とても微妙です。感覚の鈍い人にはわかりません。そこで私が力を貸します。

もちろん、自分で理解して覚えなければなりません。

実は、自分ですぐに理解できる人もいます。先日の見学者もその一人です。もちろん、私も自分で見つけました。でも全ての人に要求するのは酷です。だから、お手伝いしています。しかし、最後は自分で発見するしかありません。

勁力は自分のカラダの中にあるのだから。

気を感じたら、気を殺せ!

気とは気持ちのことです。だから、24時間、気を感じます。寝ていても夢を見ます。夢も気です。起きていても気を感じます。気は気持ちですから。イヌを見て、人を見て、木を見て、川を見て、道路を見て、気を感じます。風の音に気を感じます。だから、気を感じても、なんてことありません。だから気を感じたら、気を殺します。他にもっと大事なことがあります。それは三つの力抜き、です。

お知らせ 7月20日、土、学校体育館が使えないので、平和台体育館第一武道場で練習します。8月14日、水、学校体育館が使えないので、休みます。

関係ない追伸 沖縄の米軍基地は無くならない。沖縄は米軍のリゾート地だから。リゾート地は大切ですよね。アハ

追伸 鼠蹊部のくびれ、は宋氏形意拳の六合歩のほうが、比較的簡単なのでは? と感じています。でも、後ろに下がるのがイヤな人は難しい。

全国のみなさんへ追伸 いままで気に騙されていた人、勁力に悩んでいた人、アホのフジマツがあなたに内蔵勁力を伝授します。合気とは無関係です。震脚とは無関係です。タントウとは無関係です。

ゴーヤーチャンプルーの美味しい作り方 ゴーヤーは炒め過ぎないように。半生にします。コリコリして美味しい。沖縄居酒屋のゴーヤーは炒め過ぎでクタクタです。あれは良くない。関係ない追伸でした。

by tiger-hawk | 2019-07-13 08:42 | 反人間本能の勁力

見えない筋肉を鍛える

前鋸筋で体幹を統一する。すると打撃がたいへん強くなります。心意六合拳と宋氏形意拳の打撃です。

つまり、体幹の要は前鋸筋です。わからない人はググッてみてください。背中から脇腹にかけてノコギリみたいな形の筋肉があります。肋骨のところです。

え? 丹田は何処ヘ行った? 丹田なんかどうでもいいんです。まあ、そんなこというと混乱する人もいるかもしれません。

丹田なんか知りません、が、前鋸筋といっしょに腹横筋を動かします。すると上手くいきます。もちろん、主役は前鋸筋です。

前鋸筋は見えない筋肉です。そこで、仕方ないので、30円で触らしてあげてます。オッパイは駄目です。オッパイつまんだ高校生は永久追放しました。確かにフジマツは馬鹿です。でも、ある程度は尊重しましょう。

見えない筋肉と言えば、内転筋があります。内転筋は弓歩で膨らまします。そして、内転筋は下半身のバランスの要となります。これも触らしてあげていました。もちろん、チンポは駄目です。もう老衰でインポです。あっきれいなオネーサン、帰らないでくださーい!

すると、上半身の要は前鋸筋です。下半身の要は内転筋です。どちらも、見えない筋肉です。見えない筋肉を鍛えます。

前鋸筋はなかなか覚醒しません。そこで、排打功で刺激します。脇腹を虎擺尾または蛇擺尾で、叩いてあげます。すると覚醒します。

お友達の前鋸筋を叩いてあげましょう。あなたのためですから。

心意六合拳の起勢から、前鋸筋にスイッチが入ります。つまり、前鋸筋は起動したままです。そのまま撃ち続けます。

宋氏形意拳も起勢の六合歩から、前鋸筋にスイッチが入ります。そのまま撃ち続けます。

追伸 内蔵勁力の基本は、三つの力抜き、です。とても力の強い人は苦労するかもしれません。鼠蹊部の力抜き、からやると効果的だと思います。

by tiger-hawk | 2019-07-12 08:17 | 心意六合*形意

龍身=前鋸筋主導の体幹

昨日の体育館から

心意六合拳と宋氏形意拳の体幹は、前鋸筋で動かします。これを、心意六合拳と形意拳では、龍身、と称します。

龍=ワニは、脇腹から前肢=腕を生やします。それと同じように、脇腹の前鋸筋から腕を動かします。体幹も前鋸筋で動かします。前鋸筋が中心となります。

肩を通さずに、前鋸筋と前腕筋肉が直結します。どちらも伸長性収縮です。

これを私は、心意六合拳の起勢から発見しました。師匠の起勢と私の起勢は、雰囲気が違う。何かが違う。

やがてわかりました。私は肩と胸で体幹を引っ張る。そして、半身となる。師匠は、脇腹から体幹を動かし半身となる。だから雰囲気が違う。

この脇腹の筋肉が前鋸筋です。これは、柔道整復師で格闘技研究家の先生から、それは前鋸筋だよ、と教わりました。

やがて、私の前鋸筋は、そのものが動くようになりました。触ってもらうとわかります。前鋸筋が膨らみます。伸長性収縮です。

これは、鉄牛耕地の効果だと考えられます。なるべく肩を使わないように鉄牛耕地します。すると、前鋸筋や小胸筋を使うようになります。そして、前鋸筋と小胸筋が大きくなります。

大胸筋は使わないので、貧弱なままです。師匠から大胸筋は使わない、と教わりました。大胸筋と肩は同調するので、まずい状態となります。

心意六合拳と宋氏形意拳の技も、体幹は前鋸筋を中心にして動かします。全ての技は同じです。

前鋸筋は薄い筋肉なので、なかなか動かないと思います。前鋸筋から、宋氏形意拳の五行拳を撃つ。前鋸筋から心意六合拳の技を撃つ。などの練習を積みます。

するとやがて、前鋸筋主導の体幹ができあがります。すると、大きな勁力となります。カラダが一つとなります。

あなたの前鋸筋、大きくしましょう。前鋸筋で体幹を統一しましょう。前鋸筋で技を造りましょう。そして、龍身となりましょう。

龍身とは象徴ではなく、実体なのです。

追伸 ニワトリ人間、の記事が人気一番になっている。アハハ これで、フジマツは大馬鹿、という評価が全国で定まった。めっちゃ楽しい。でも、ニワトリ人間の後ろ足を見てください。かなり良くなりました。勁力の後ろ足です。下腿3頭筋が生きています。かなり練習しないと、こうなりません。

追伸 虎抱頭を撃ちたいxさんヘ もっともっともっと力を抜けば、凄い技になります。もしも撃たれたら私は○んでしまいます。

追伸 足首の内側、というと誤解される、と言われました。足の内側らしい。それだと足を痛めてしまいます。想定外でした。踵の対角線上の部分です。鶏歩を前提条件とすれば誤解されないと思いました。

追伸 絶対に体重移動してはいけません。体重移動すると、永遠に勁力は出ません。

by tiger-hawk | 2019-07-11 08:40 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー