人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2019年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

力をどんどん抜くと勁力が出ます

力をどんどん抜くと、強い力=勁力がどんどん生まれます。これが、四両発千斤=小さい力で大きい力を生む、の発勁法則です。

力を抜くといっても、全身の力を抜くわけではありません。それでは寝てしまいます。永遠に寝てしまうかもしれません。

力を抜くのはもちろん目的があります。自分の体重を足首に降ろすためです。

体重を足首に降ろすと、足の親指ー足首ー下腿3頭筋による勁力トライアングルが形成されます。

これが心意六合拳の鶏歩の目的です。宋氏形意拳の六合歩の目的です。

足首に力が入っていると、地面を蹴ってしまいます。無自覚に地面を蹴ってしまいます。すると、勁力は生まれません。生まれる前に死んでしまいます。これは指摘されても理解できません。

それが、人間の直立姿勢だからです。直立姿勢では足首が伸びています。それは地面を蹴っている姿勢なのです。だから、意識的に足首の力を抜きます。

でも、人間の直立姿勢には決定的要素が、もう一つあります。それが鼠蹊部を伸ばすことです。

身近に四足歩行動物がいます。イヌとネコです。彼らの鼠蹊部はくびれています。伸びていません。四足歩行動物なので当然、と言われるかもしれません。

では、二足歩行動物ではどうでしょうか。

人間以外にも二足歩行動物はいます。ニワトリです。鳥類です。恐竜です。ティラノサウルスです。

彼らの鼠蹊部はくびれています。だから直立できません。恐竜は滅びています。でも身近に恐竜の子孫がいました。ニワトリです。それが心意六合拳の鶏歩の始まりです。

鼠蹊部のくびれを造るためには、鼠蹊部の力を抜かなければなりません。それが鶏歩の基本条件です。六合歩の基本条件です。勁力の基本条件です。

え? 気はどうした? 丹田はどうした? そんな妄想は、燃えるゴミの日に出してしまいましょう。

気とか丹田はどうでもいいのですが、尻を収めなければなりません。鼠蹊部のくびれを造ると、へっぴり腰になる人がたくさんいます。これを修正しなければなりません。

直立姿勢の弊害はもう一つあります。それは肩が緊張してしまうことです。肩に力が入ると、勁力は生まれません。だから、肩の力を抜きます。

緊張体質の人は、無意識に力が入っています。だから力を抜くことはたいへんです。でも、力を抜くことが、勁力への道なのです。

追伸 合気道には様々な流派がありますが、背中と腰をガチガチにする流派があるそうです。フジマツのフニャフニャ崩拳と対極にあるような流派です。なんか帝国軍人の直立不動、みたいな感じ。でも、いかにも日本人受けしそうです。世の中いろいろで面白いです。

予告 心意六合拳の鶏歩には、強い鶏歩と弱い鶏歩があります。形意拳の三体式には、強い三体式と弱い三体式があります。

by tiger-hawk | 2019-08-31 08:03 | 反人間本能の勁力

勁力=体重コントロール

勁力とは何か? 勁力とは体重コントロールのことです。少なくとも心意六合拳と宋氏形意拳の場合は。

え? フジマツはブタだろう! 自分の体重コントロールできてないだろ!

その体重コントロールのことではありません。ちょっと落ち着いてください。これからネットで宣伝しているヤセグスリ飲んでみますからあ。あっそんなオカネはありません。ウソですう。

他の流派のことは知りません。廬式心意六合拳のことは知りません。他流派のことですから。

なんのために力を抜くのか? 体重コントロールのためです。

体重を足首に降ろすためです。でも足首は関節だから、体重を支えられません。実際の仕事は下腿3頭筋が担います。

そのための心意六合拳の鶏歩です。そのための宋氏形意拳の六合歩です。

でも、足首に体重を降ろすのは簡単ではありません。

鼠蹊部の力を抜きます。実は人間は、鼠蹊部に力を入れています。それが人間の条件です。直立姿勢の条件です。

鼠蹊部の力を抜くとは、直立姿勢の否定なのです。人間の条件を放棄することなのです。

背中と腰の力を抜きます。背中と腰をガチガチにする、ある合気道の流派があるそうです。それはとりあえず関係ありません。

足首の力を抜きます。足首も地面を蹴ることができます。それでは体重が上昇してしまいます。その特徴は踵が高い位置にあることです。足首の力が抜けると、踵はどんどん下がってきます。そして、地面スレスレで止まります。

肩の力を抜きます。直立姿勢は、肩の力が入りやすい。すると、腕力だけになってしまいます。前鋸筋も覚醒しません。

肩の力を抜くには、いろいろありますが、宋氏形意拳の横拳基本功が最適かな、と愚考いたします。熊形基本功も同様です。

追伸 神秘的なものはなにもありません。仙道なんか知りません。伝統思想も知りません。陰陽五行説も知りません。丹田も知りません。気も知りません。バカバカしい限りです。そんなものが欲しい人は、他あたってください。

by tiger-hawk | 2019-08-30 08:25 | 心意六合*形意

勁力は引き算

心意六合拳と宋氏形意拳の勁力は、足し算ではなく、引き算です。あとから足し算も使います。引き算で最低限の勁力が造れます。

掛け算や割り算は要りません。だから、頭の悪いフジマツでもできました。みなさんは私よりも優秀なので、簡単にできます。

勁力は簡単に消滅します。だったら、消滅の要素を一つずつ引き算すれば良いわけです。

勁力消滅の原因

その一 地面を蹴ると勁力は消滅してしまいます。だから、地面を蹴らずに、足首が折れ曲がります。くびれます。そのために足首の力を抜きます。そして、足首の親指側エッジに体重が降りるようにします。それが弱いスプリングを造ります。弱いけれど、結果的に一番強い勁力を生み出します。足首には最適な角度があります。その角度を見つけましょう。

そのニ 体重移動すると勁力は消滅してしまいます。だから前足へ体重移動しないようにします。体重は、後ろ足の足首の親指側エッジに降ろします。鶏歩状態です。そこから、前足一本足状態になります。

前足の足首がくびれます。つまり、鶏歩状態になります。この前足はすぐに後ろ足になります。

では、姿勢から見るとどうなるでしょうか?

その三 鼠蹊部が伸びてしまうと、勁力は消滅します。だから鼠蹊部のくびれを造ります。そのために、鼠蹊部の力を抜きます。すると、人間の直立姿勢の原則に反します。どの道、動物武術です。人間の蹠行性ではなく、鶏=鳥類=恐竜の指行性です。

鼠蹊部を押してやると、尻を出す人がいます。へっぴり腰です。腹直筋で内臓を持ち上げます。すると尻が収まります。

その四 足首が伸びてしまうと、勁力は消滅します。足首のくびれを造ります。そのために、足首の力を抜きます。すると指行性に近づきます。

その五 肩を張ってしまうと、勁力は消滅します。肩の張りと胸の張りは連動します。だから肩の力と胸の力を抜きます。すると肩は落ち、査骨の下がくびれます。特にハンガー病の人は時間が掛かります。

最後に、足し算があります。引き算だけでは勁力として物足りません。

その六 前腕筋肉の伸長性収縮で指の張りを造ります。いわゆる鷹爪です。腱だけでは弱すぎます。力を入れ過ぎると、上腕三頭筋が張ってしまいます。上腕三頭筋を直接使うことはありません。

通常の突きは、上腕三頭筋の伸長性収縮です。ボクシングでも、空手でも、中国武術でも、上腕三頭筋の伸長性収縮を用います。

心意六合拳と宋氏形意拳は、上腕三頭筋の伸長性収縮を直接用いません。つまり、心意六合拳と宋氏形意拳にはパンチがありません。

面白いことに、拳を強く握ると、前腕筋肉は短縮性収縮します。鷹爪は前腕筋肉の伸長性収縮なので、その拳の中には空気が残ります。

他には、前鋸筋の伸長性収縮を学びます。いわゆる龍身です。腕を肩からではなく、脇腹から生やします。

内転筋の伸長性収縮を学びます。いわゆる円襠です。

勁力への第一歩は、鼠蹊部の力を抜くことです。そして鼠蹊部のくびれを造ります。それだけで最低限の勁力が出ます。

追伸 鷹爪ができない人は、力の加減が0か1しかありません。そうではなくて、0から1の間に無数にあることを理解すべきです。

by tiger-hawk | 2019-08-29 08:36 | 反人間本能の勁力

勢い? それとも指行性一本足?

心意六合拳は勇猛果敢に表現することを求められます。しかし、それを強調し過ぎると、大事な過程を見失います。勢いに負けて、過程が消えます。

それは、指行性一本足の過程です。それこそが勁力の命です。それこそが鶏歩、鶏行歩の由来です。

鳥類=恐竜は指行性二足歩行です。人間は蹠行性二足歩行です。人間には踵があります。指行性とはネコの肉球を見るとわかります。

鳥類の中でもニワトリに注目したのは何故でしょうか?

身近にいて観察しやすい、という理由でしょう。私も師匠に言われて、隣家のニワトリを観察しました。彼らはゆっくりと歩き、一本足になります。指行性一本足です。それが本当の理由です。

心意六合拳の技は、ほとんどニ歩で構成されています。実際に撃つ時は、歩数の規定はありません。その場で動かないで撃つこともあります。

練習というものは、勁力を会得しやすくできているものです。つまりニ歩には理由があります。

それは、初めの一歩に大事な理由があります。

初めの一歩で、指行性一本足になります。その指行性一本足に全体重を集中します。

それを勁力として撃ちます。しかし、指行性一本足に全体重を集中させる、ことがたいへん難しい。

人間は本能として地面を蹴り、体重移動して歩きます。地面を蹴ると、カラダは浮き楽に歩けます。

もちろん、指行性一本足なんか不可能です。真似はできます。しかしカラダは浮いているので、棒立ちです。鼠蹊部は伸びてしまっています。足首も伸びてしまっています。

それで馬形鑚拳してドヤ顔しているオジサンがいました。鼠蹊部の原則も足首の原則も忘れています。なんでやねん?

原則を把握していれば、自分で技を修正できるのですが? 

実は、指行性一本足で体重を集中するためには、その前段階である作業が必要です。

それは力を抜くことです。技に入る前に、鶏歩になる時に、力を抜くことです。

そこで問われるのは、やはり三つの力抜きです。鼠蹊部の力を抜きます。足首の力を抜きます。肩と胸の力を抜きます。

指行性一本足か? それとも安易に勢いに頼るのか?

by tiger-hawk | 2019-08-27 08:01 | 反人間本能の勁力

悲劇の心意六合拳

先日、廬式心意六合拳がどうしたこうした、と間抜けな電話してきたネット武術屋がいた。ネトブヤ、としてみるかな?

虎鷹拳院では廬式心意六合拳を教えていません。練習もしていません。残念でした。中途半端な知識を自慢すると恥かきますよ。

廬式心意六合拳は少し知っています。30年以上前、少し習ったことがあります。それもやっていません。廬式心意六合拳は外付け勁力なので、指行性の内蔵勁力がありません。だから面白くありません。興味もありません。

指行性の内蔵勁力を解明してしまったフジマツには、必要のない心意六合拳です。しかし、なんであんな無知なネット武術屋が現れるのか?

心意六合拳の記事を検索したら、それらしい記事がありました。でも、真実に迫っていません。

どうして、心意六合拳は上海で広く普及したのか? どうして心意六合拳は上海でヤクザ拳、チンピラ拳と一般大衆から忌み嫌われているのか? どうして、教養ある知識人武術家からバカにされているのか?

フジマツがお答えします。時は中国を破壊した文化大革命の時代です。その直前の大躍進政策の失敗により中国国民を4千万人餓死させた毛沢東は、事実上権力の座から追われていました。遂に毛沢東は権力奪取のために、文化大革命を発動します。そして結果、中国国民4千5百万人を死に追いやったのです。少数民族虐殺も引き起こしています。

時をさらにさかのぼります。国民党政権の時代です。

中国共産党の秘密党員の解興邦は、当局の弾圧を逃れるために、モスク=イスラーム礼拝所に潜伏します。そこで知り合った回族の廬崇高から心意六合拳を習います。漢族への技術流出です。

そして文化大革命です。共産党左派の解興邦父子は、チンピラを集めて、暴力部隊を作ります。その暴力のために心意六合拳をチンピラに教えたのです。そして右派狩りと称して、個人宅に押し入り破壊とリンチを展開します。

一般大衆の心意六合拳に対する憎しみは拡がり、ヤクザ拳、チンピラ拳の評価は定まります。それは漢族の解興邦父子の仕業です。被抑圧民族の回族の預かり知らないところです。回族は文化大革命時代、当然の如く虐殺されています。人民解放軍の集中砲火を受けた回族都市もあります。

心意六合拳は回族の秘密武術でしたから、モスクや屋内で練習されていました。ところが、文化大革命時代以降、公園で見られるようになりました。

しかしそれらは、即席のチンピラ暴力部隊の流れです。その稚拙な技を見て、回族の先生たちは嘆き悲しんだそうです。

心意六合拳は勁力なんかなくてもケンカくらいには使えます。それがアダになりました。

なお、心意六合拳は当局により練習を禁止されたことがある、との記事を散見しますが、そのような事実はありません。上海人民公園でのケンカを禁止、なんて命令はあったかもしれません。それでも特定の流派を指定するものではないでしょう。文化大革命で人心は荒廃し、暴力が日常的になっていたのでしょう。

by tiger-hawk | 2019-08-26 18:30 | 心意六合*形意

鞭杆、虎抱頭、鼠蹊部のくびれ

鞭杆その後です。
久しぶりに西友へ行き、おもちゃみたいなノコギリを買う。ホームセンターへ行けばいいけど、遠いし。ちゃんとしたノコギリでなくても間に合うだろうという安易な考えです。でも使いにくいみたい。アハ

来週、南の島から来るxさんが鞭杆やりたいそうです。袋は自分で用意してください。オバアに作ってもらう? たぶん断られる。袋が無いと警察に止められるかもね。オラ知らね。

鞭杆、やりたい人がやる。やりたくない人はやらない。という立ち位置です。セミナーやっても人来ないだろうし。セミナーは通備門さんがやっているらしいので、そちらへどうぞ。オラ知らね。アハ

先日、心意六合拳の弓歩の虎抱頭をやってみたら、みなさん上達しました。やっぱりパンチングミットが効果的です。技も簡単ですし。勁力も簡単ですし。

根本勁力は下腿3頭筋の伸長性収縮です。でも、力入れ過ぎると失敗します。

力入れ過ぎると、大腿四頭筋の大腿直筋が伸長性収縮してしまいます。つまりジャンプ運動です。実際にはジャンプしませんけど。

その結果、鼠蹊部が伸びてしまいます。というわけで勁力が出ません。

鼠蹊部のくびれ、は大原則なので、忘れないでください。心意六合拳の全ての技、宋氏形意拳の全ての技、に適用されます。すると最低限の勁力が出ます。

大秘伝です。月刊秘伝には載りません。何しろ、フジマツが発見しましたからあー 権威がありません。教師免状もありません。

心意六合拳の師匠に、冬の畑で投げ飛ばされて育ちました。師匠は体育大学出身ですが、私は野良犬です。

野良犬なので、気、ではお腹膨れません。気では空腹です。気は妄想ですから。妄想でも人間は生きていけるけど、野良犬は死んでしまいます。

野良犬に妄想ではない、勁力の出るエサをあげましょう。

by tiger-hawk | 2019-08-26 08:01

根本勁力の発見

すいません。風邪をひいてしまいました。治ってきたのですが、元気が無い。中国語で、没有勁、という状態です。勁がありません。

というわけで、反省を込めて、私が根本勁力を発見した時の話しを書いてみます。

宋氏形意拳を学んで、力を抜くことの大切さを理解しました。しかし、私の五行拳は、ただ力が抜けている、というだけのもので、根本勁力がありませんでした。もちろん、小学生も倒せません。

その根本勁力は、心意六合拳の師匠の足を観察していて発見しました。

師匠の技を観察していると、奇妙な後ろ足に気が付きました。それは、伸びそうで伸びない後ろ足です。

指行性で地面を押してカラダを前進させます。しかし、地面を蹴ることはありません。だから、前足に体重移動しません。

地面を蹴らないので、ランニング的にはなりません。形意拳や心意六合拳をランニング的に表現する先生がたくさんいますが、全く異質です。

二足歩行ならば、どのような二足歩行であっても左右の足は交替します。しかし、指行性二足歩行だと、交替は突然やってきます。

指行性二足歩行の動物は、鶏、鳥類、恐竜、などです。鳥類と恐竜はイコール、とはご存知の通りです。恐竜の獣脚類から鳥類が生まれました。

関係ないけど、自然淘汰で進化を説明するのは無理があります。生物の意志と偶然が関係しているのでしょう。

足の交替の時とは、前足一本足になる時です。その状態でも撃てますが、後の展開に難があるので、すぐに後ろ足を寄せて鶏歩になります。

通常の歩き方だと、前足一本足では撃てません。それは鼠蹊部がくびれていないからです。となると指行性ではなく人間本来の蹠行性です。見た目は棒立ちです。

また、前足一本足になる過程が欠落しています。それは、後ろ足下腿3頭筋の伸びない伸長性収縮です。

回族の陳先生が、下腿3頭筋の伸長性収縮を示してくれました。それは弓歩になる過程でした。

鶏行歩では、足が伸びることがありません。鶏歩で撃つ時は、足が表面的に動きません。宋氏形意拳の六合歩で撃つ時も、足が表面的に動きません。

下腿3頭筋の伸長性収縮が、見えない形で実行されるのです。それが根本勁力の実態です。

なんて簡単なのでしょう。秘伝もウンコも月刊秘伝も関係ありません。

ところが、人間の本能の問題があります。地面を蹴るのは人間の本能です。体重移動するのは人間の本能です。それが根本勁力の敵となります。

だからこそ鶏歩、鶏行歩なのですが。その時点でもう人間ではありません。

地面を蹴って体重移動すると、鼠蹊部が伸びてしまいます。足首が伸びてしまいます。つまり、鼠蹊部と足首に力が入ってしまいます。

また直立姿勢は肩に力が入りやすい。鼠蹊部と足首と肩の力が、根本勁力の阻害物となります。

原理は簡単なのですが、敵も多い。私の場合、頭が馬鹿なので、空気が読めません。周りのことを考えずに突き進みます。

中国へ行くにも一人です。日本人と行くと面倒くさい。中国の伝統思想はさっさと捨てました。断捨離です。

断捨離の結果、根本勁力を発見しました。立ち方と歩き方では、人間から離れました。

追伸 膝の力も邪魔ですから、膝の力を抜きます。やわらかい鶏歩、やわらかい六合歩を造りましょう。

by tiger-hawk | 2019-08-24 08:03 | 反人間本能の勁力

お知らせ 8月22日

突然ですが、8月22日、木、事情により練習を休みます。申し訳ありません。

昨日の体育館から

やっと地獄の熱さから解放されたみたいです。心意六合拳の弓歩の虎抱頭、と、鶏歩の虎抱頭をやってみました。

鶏歩の虎抱頭は、徹底的に力を抜き、足首と膝をやわらかく使います。かなり難しい。フニャフニャの足にします。

弓歩の虎抱頭は比較的簡単なので、それから撃てるようにしましょう。

前足一本足に全体重を載せます。そのまま、なにもしないで下から肘撃ちです。この時、肘は技巧的なことはしません。地面を蹴ってはいけません。

地面を蹴ると、カラダがフワフワと浮いてしまいます。下腿3頭筋にあった体重が消えてしまいます。なにもしないと上手くいきます。

パンチングミットで練習しました。便利です、パンチングミット。

これ、動画でユーチューブに出せば面白かった。残念でした。

鶏歩の虎抱頭は、徹底的に力を抜きます。ちょっとでも力が入ると、撃てません。

寝違えて、頭が痛い。アホやねん。

関係ない追伸 小周天は? 大周天は? 仙人は? と質問された。知りません、そんなもの。仙人とは、成仏できない幽霊のことです。仙人は若い肉体を持っている。つまり、若い肉体を乗っ取った悪霊です。そんな悪霊に成りたいのですか? 止めましょうよ。死んだら迷わず成仏してください。南無阿弥陀仏
あっ観世音菩薩様と聖母マリア様のお迎えが! んじゃサヨウナラ

by tiger-hawk | 2019-08-22 08:01 | 心意六合*形意

どれだけ力が抜けるのか?

武術の才能とはなんだろう? もしもそれが身体能力ならば、私は才能ゼロです。マイナスかな。頭もバカだし。

しかし、心意六合拳と宋氏形意拳の動作は誰にでもできます。とても地味です。空中殺法もありません。

心意六合拳には跳躍動作もありますが、そんなに高い動作は要求されません。跳躍中ではなく着地した瞬間に撃ちます。

となると、問われるのは勁力です。勁力の無い心意六合拳と宋氏形意拳はゴミです。

教師免状とかの紙はどうでもいい。先生の権威も要らない。勁力が欲しい。勁力を獲得して欲しい。

勁力獲得の条件とは何か? 公開します。月刊秘伝には載っていません、たぶん。 アハハ

それは、どれだけ力が抜けるのか? ということです。力が抜けるのに比例して勁力が増します。

ただ力を抜いても、幽霊踊りになるだけです。いわゆる太極拳です。

ポイントがあります。それが、鼠蹊部の力抜き、足首の力抜き、肩と胸の力抜き、の三つのポイントです。

どうして、鼠蹊部に力が入るのだろう? それは、人間になる類人猿が、鼠蹊部を伸ばして直立二足歩行を始めたからです。

どうして、足首に力が入るのだろう? それは、人間になる類人猿が、足首を伸ばして直立二足歩行を始めたからです。

どうして、肩と胸に力が入るのだろう? それは、人間になる類人猿が、直立二足歩行を始めたからです。

つまり、三つの力抜きは人間の成立の歴史に反します。ここで、心意六合拳の鶏歩の意味がわかります。人間の歩みではありません。鶏の歩みです。

その根本は、鶏=鳥類=恐竜の指行性二足歩行に由来します。出発点が人間ではありませんでした。

踵のある蹠行性の人間が指行性に近付く時、足首はくびれます。そのために、足首の力を抜きます。

蹠行性の人間のくせに指行性の真似をしたために、心意六合拳の鶏歩はバランスが悪い。宋氏形意拳の六合歩はバランスが悪い。

それを、力を抜いてバランスを造ると勁力が生まれます。

中には、力づくでバランスを造る先生もいます。そんなことをしても無駄なんですが。信じるものは、力だけ、みたいです。そんな先生が、気を論じるのだから皮肉な結果です。南無阿弥陀仏

力を抜いてバランスを造りましょう。

追伸 オラは、鼠蹊部のくびれと足首のくびれを発見したので、本物の教師免状をもらいました。アハハ 鼠蹊部のくびれはティラノサウルスの復元図を見てみましょう。

by tiger-hawk | 2019-08-21 08:17 | 心意六合*形意

腰か?前鋸筋か?

心意六合拳と宋氏形意拳は、腰を用いません。もちろん、肩も用いません。

腰を用いると、カラダが回転してしまいます。すると、打撃が流れてしまいます。肩も同様です。

前鋸筋を用いることによって、回転しないカラダを造ります。流れない打撃を造ります。

だから、前鋸筋を絞ります。実は、正面でも、前鋸筋を絞ります。でもわかりにくいので、逆半身から練習してみましょう。

逆半身がわかってきたら、順半身を練習します。心意六合拳の起勢などです。

心意六合拳は、いきなり前鋸筋の絞りを求められます。

そこで、宋氏形意拳の熊形基本功や龍形基本功を練習してみます。

宋氏形意拳には、過程の動作がありますので、前鋸筋の絞りがわかりやすい。

つまり、宋氏形意拳はだんだん前鋸筋を絞ります。心意六合拳は、いきなり結論を求められます。

心意六合拳は、いきなり戦闘開始、というわけです。抑圧された回族の怒りが、瞬時に点火されます。

その時、自然に任せてしまうと、腰を使ってしまいます。するとカラダが回転してしまいます。打撃は流れてしまいます。

註 前鋸筋の絞りは、一般の武術には当てはまりません。どちらが正しい、のではなく、世の中いろいろ、です。心意六合拳と宋氏形意拳に前鋸筋の絞りがなかったら、中心へ撃てません。

by tiger-hawk | 2019-08-20 08:32 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー