人気ブログランキング |

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

<   2019年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

前足は浮いています

長春八極拳をやっていた人に指摘されました。長春八極拳の馬歩は、足の小指側エッジを用いる。

そうだった。すっかり忘れていた。笑 もう40年近く前なので、勘弁してください。アホだし。外側広筋を張るのだから、小指側エッジになります。一般的太極拳と同じです。

私は宋氏形意拳と心意六合拳を経験してから、弓歩も馬歩も、親指側エッジに改造してしまいました。そうすると内転筋が使えます。

外側広筋ー小指側エッジ
内転筋ー親指側エッジ

という図式になります。両者は全く異なる世界です。同じ弓歩でも、同じ馬歩でも、全く違います。

また、地面を蹴る運動と、足首がくびれる運動では、同じ後ろ足でも、全く異なる世界となります。これが原因で、後ろ足勁力の言葉の使用をやめました。

ほとんどの武術では、後ろ足は地面を蹴る運動です。宋氏形意拳と心意六合拳では、後ろ足は足首がくびれる運動です。

もっとも、宋氏形意拳と心意六合拳でも、地面を蹴る後ろ足を用いる人が多いと考えます。

人間は地面を蹴って進むものです。それが人間の直立二足歩行だからです。それが人間の本能です。

しかし、人間の本能に従っていると、目的の勁力は得られません。それは、静かな指行性勁力です。

となると、歩く時の勁力が問題となります。

宋氏形意拳は移動距離が短いので、わかりにくい。そこで、心意六合拳で考えてみます。

心意六合拳の技はニ歩で構成されています。もちろん、実際には何歩でもいいんですが。

で、面倒臭いので、ニ歩目を問題にします。

前足は着地以前で浮いています。後ろ足一本足です。この時に、勁力が発生します。

後ろ足は地面を蹴ってはいけません。カラダが浮いてはいけません。足首は折れ曲がります。すると指行性になります。

体重移動してはいけません。すると前足は空っぽの状態です。

でも完全に力を抜いてしまうと、着地の時に怪我してしまいます。だから怪我しないだけの着地準備します。

体重は後ろ足のヒラメ筋に降ろします。前足は浮いています。カラダは浮いていません。勁力はこの時にはっきりと発生します。

追伸 移動距離はなるべく長く、勁力は切れないようにしましょう。

追伸 整体から見る気と身体、ちくま文庫、を読んでみて、気は存在しない、と再確認しました。この本、ツッコミどころ満載ですが、時間の無駄なので、やめておきます。それよりも、龍行歩をちゃんと練習します。

by tiger-hawk | 2019-09-30 08:13 | 反人間本能の勁力

気=反応

気とは何か? 気とは反応です。気というエネルギー、器官、物質、があるわけではありません。つまり、他者との関係において発生する反応です。もしもエネルギーがあるとしたら、それは自分が発したエネルギーです。

例えば、恋愛を考えてみます。ある人を好きになります。しかし、相手には、その気がありません。片思いです。あるいは、相手には嫌悪感があるかもしれません。

その気がない、という言葉を、その反応がない、と置き換えても、意味は全く同じです。つまり、気=反応、です。

有名な気の太極拳先生がいます。その先生に触れられると、ビリビリと感じるそうです。

それは、その先生を尊敬している、畏怖している故の、反応です。

私はその先生を尊敬していません。畏怖していません。詐欺師だと考えています。だから、触れられても何も感じないでしょう。

どうしてそんなことが言えるのか? 若い頃、その先生に習いました。その先生のインチキ推手を知っています。もちろん尊敬していないので、ビリビリなんて感じませんでした。

まあ、推手なんて全てインチキな役立たずなんですけど。あんなものを真面目にやるなんてアホです。騙されているだけです。騙している先生も悪意はありませんけど。

でも、知っておいてください。人は悪意がなくても人を殺すことがあることを。善は悪で悪は善、とシェークスピアが言ったらしい。ホントか? 知らんがな! 逃げろ〜

というわけで、気はどうでもいいから、勁力を造りましょう。勁力は指行性運動から生まれます。少なくとも、心意六合拳と宋氏形意拳の場合は。

指行性運動は、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩に露骨に表現されます。

鶏=鳥類=恐竜は、指行性二足歩行です。

追伸 エミルーハリスが好きです。ビリビリ感じます。若い頃も、中年期も、おばあちゃんの今も…
goodnight oldworld

by tiger-hawk | 2019-09-28 08:30

立身中正と気沈丹田は大間違い

立身中正は大間違いです。立身中正では、直立してしまいます。直立姿勢では、踵で立つ蹠行性になってしまいます。蹠行性では勁力が発生しません。指行性でないと勁力は発生しません。

蹠行性の人間が指行性になるためには、鼠蹊部と下腹がくびれ、足首がくびれる必要があります。

気沈丹田は大間違いです。気を下腹に沈めたところで、勁力は発生しません。必要なのは、体重をヒラメ筋に降ろすことです。これで勁力が発生します。

ところで気とは何か? xさんが、整体から見る気と身体、片山洋次郎著、ちくま文庫、を読めと貸してくれた。

正直全く興味ないのだが、パラパラと見る。やはり、気は存在しない。いろいろと、気について書いてある。でも、気とは何か? 書いてない。

で、私の感想です。気とは何か? 気とは、反応、です。反応が現れます。反応ですから、様々なケースがあります。まあ、無数です。それだけです。気の存在は証明されません。気は実在しない。残念でした。

気の語源は、古代、雲の流れを見て戦争の吉凶を占ったことから来ています。気の字の上部は、雲の流れを表現しています。

もちろん、丹田も存在していません。下腹部ならあります。鼠蹊部もあります。下腹部と鼠蹊部はくびれを造ります。すると、鳥類=恐竜の指行性二足歩行に近くなります。それが、心意六合拳と宋氏形意拳の勁力の基礎条件です。鳥類の骨格を見てください。

こんなことは誰も考えませんでした。フジマツは鶏歩と指行性から考え及びました。動物武術ですから動物学に手伝ってもらいました。単純な話しです。

気と丹田、とかの類いにかまけているから、動物学に思い及ばないのです。フジマツのほうが進歩しています。まだ古代の占いに停滞している人が威張っています。

私の足を見て、人差し指の存在感が大きい、と看破した人がいました。実は、親指と人差し指を用います。それが親指側エッジの実態です。だから、足袋のラインです。
ではまた

追伸 見えない伸長性収縮で撃つ。といったら笑われた。でやってみせたけど、世間の反応てあんなものなんだと学んだ。

追伸 心意六合拳の龍行歩、どうやって使うのだろう? と考えた。空手の飛び込み突き、に対応できるかもしれない、と考えた。で練習してみました。あの空手の突きは怖いですから。

by tiger-hawk | 2019-09-27 08:23 | 反人間本能の勁力

足の力を抜きましょう

鼠蹊部の力を抜きましょう。下腹部の力を抜きましょう。

肩の力を抜きましょう。

足首の力を抜きましょう。それは、足の力を抜くことです。

足の力は要りません。体重がありますから、それで十分です。力を加えてはいけません。

力を加えると、体重がヒラメ筋に降りてきません。そのヒラメ筋も力を加えてはいけません。体重が掛かりますから、それで十分です。力は要りません。力は邪魔です。

頭が良い人は深く考えますが、勁力に深い意味はありません。勁力で人を騙す先生や、気で人を騙す先生は難しいことを言うかもしれません。

勁力はアホのフジマツでもできました。だから、頭の良い人は考え過ぎないようにしましょう。フジマツは馬鹿なんで、あまり考えていませんでした。

さらに、背中の力を抜きましょう。腰は使わないようにしましょう。

背筋を伸ばす、なんてこと考える必要ありません。伸ばさなくて良いのです。立身中正は大間違いなのです。

人間の直立姿勢は大間違いなのです。では体幹はどうするのか?

体幹は腹直筋で立てます。腹直筋で内臓を持ち上げてやります。

そして、尻を収めます。尾てい骨を収め、前に送ります。それだけのことです。

立身中正は、信仰のようになっています。でも、立身中正だと、踵で立つ結果となります。蹠行性になります。指行性になれません。

立身中正は軍人の直立不動と結合して、日本人の信仰になっています。

それで、背中と腰を緊張させます。それは腰痛の原因となります。

体幹は腹側で立てます。それで十分です。ちょうど上手い具合に腹直筋があります。それを利用します。立身中正はゴミ箱へ捨てましょう。

そして大切なこと、足の力を抜きましょう。足に力を入れると、下腿3頭筋は短縮性収縮します。すると、体重は浮きます。カラダは浮きます。

足の力を抜くと、心意六合拳-鶏歩の構造により、下腿3頭筋は伸長性収縮します。宋氏形意拳-六合歩も同様です。

そして足首はくびれて、指行性になります。ヒラメ筋に体重が降りてきます。

背中の力を抜きます。腰の力を抜きます。そして足の力を抜きます。

さらに、前鋸筋を覚醒させましょう。前鋸筋で半身を造ります。腰は使いません。

気沈丹田は大間違いです。体重降下ヒラメ筋、が正しい。

追伸…
気沈丹田はどうして間違っているか?

鼠蹊部と下腹の力を抜かなければならないからです。そして、くびれを造ります。勁力の必須条件です。

これで気沈丹田は論破されました。気沈丹田はゴミ箱へ捨てましょう。めでたしめでたし ちゃんちゃん お後がよろしいようで
気沈丹田破れたり!

by tiger-hawk | 2019-09-26 08:10 | 反人間本能の勁力

体重移動する?しない?

私の才能はカスなのに、どうして勁力を発見できたのか? 私よりも優秀な人は無数にいるのに。

それは、体重移動しないこと、から始まりました。

宋氏形意拳の本場へ行ったら、浮いている自分のカラダを発見しました。しかし、それを押さえつけることはできません。宋光華先生はそんなことしていませんから。

歩くとカラダが浮いてしまいます。仕方ないので歩くことをあきらめました。ひたすら六合歩でそのままで、徹底的に力を抜いて五行拳を撃ちました。小学生も倒せないフニャフニャ崩拳です。

歩くとは、体重移動することです。それが人間です。人間やめれば体重移動しないで済むかもしれません。

それが心意六合拳の鶏行歩です。ニワトリです。人間ではありません。

ニワトリは恐竜の頃から二足歩行です。指行性二足歩行です。踵を用いないから、体重移動しないで済みます。

歩くとは、左右の足が交替することです。踵を用いないので、交替は突然やってきます。

しかし、人間には踵があります。蹠行性で歩きます。骨格が違います。

適当なところで妥協が必要です。そのために、踵に体重を降ろさないことを始めました。踵は地面に触れるだけです。でも直立歩行では無理です。

そのために、直立姿勢をやめることです。だから、鼠蹊部がくびれます。まさに鳥類=恐竜です。

直立姿勢をやめることは、直立二足歩行をやめることです。でもそんなことはできません。

そこで妥協点を探します。それがやはり、鼠蹊部のくびれです。その先は、足首のくびれです。そして、ヒラメ筋に体重を降ろします。

鼠蹊部のくびれを探すには、馬歩が比較的簡単です。

追伸 面白い本見つけました。くらべる骨格 動物図鑑、です。おもろいでえ〜

追伸 どうして私よりも優秀な人たちが、勁力を見つけられなかったのか? それは体重移動の呪縛から逃れられなかったからです。私は心意六合拳の師匠にニワトリの観察を教えられました。彼は体重移動しないために一本足になるのです。

追伸 体重移動による打撃は比較的簡単です。しかし、すぐに限界がきます。それ以上、伸びることはありません。

by tiger-hawk | 2019-09-25 08:10 | 反人間本能の勁力

馬歩で勁力体験してみましょう

心意六合拳と宋氏形意拳には、馬歩がありません。

でも、心意六合拳の鶏歩、弓歩、宋氏形意拳の六合歩、などで鼠蹊部のくびれは難しい。

そこで、馬歩で鼠蹊部のくびれを造ります。これで、誰でも簡単に発勁できます。但し、私の指導によります。他の先生では駄目です。

武術の先生は鼠蹊部のくびれを知りません。

注意点は、
絶対に体重移動してはいけません。絶対に地面を蹴ってはいけません。

両足の親指で立ちます。拇指球ではありません。踵は地面に触れています。

立身中正は間違いなので、捨てます。

膝の力を抜きます。

前腕に意識集中します。

以上です。

勁力体験できます。勁力体験してみましょう。力感が無いので信じられないかもしれませんが。

肩に力が入ると力感が生じます。勁力は死にます。

肩を軽くトントンしてやると、力が抜けます。

おもろいでえ〜 楽しいでえ〜

気とか丹田とか関係あらへん。気とか丹田とか迷信やでえ〜 迷信先生は月刊秘伝におるでえ〜

陰陽五行説とか、立身中正とか、迷信やでえ〜

武術の世界には、迷信ぎょうさんあるでえ〜

下腹出して気があるとか、ギャグにもならへん。

逆腹式呼吸なんて捨てなはれ。なんもええことあらしまへん。

勁力は合気ちゃうでえ〜。関係あらへん。

勁力体験してみましょう。

追伸 久しぶりにインチキ関西弁使ってみた。めっちゃ楽しい。見学に来てくれた人には、もれなく馬歩での発勁教えてあげます。

by tiger-hawk | 2019-09-24 08:20 | 反人間本能の勁力

前鋸筋主導のカラダを造ります

お知らせ 23日、事情により練習休みます。すいません。

みなさん教えてみると、肩に力を入れて自滅する人がたくさんいます。なんで肩に力を入れるのだろう? と不思議です。

肩に力が入ると、勁力が死にます。だから、肩の力を抜く練習と平行して、前鋸筋の開発が必要です。

上腕三頭筋を用いると、どうしても肩に力が入ります。そこで、いわゆる突きを放棄します。

突きは、中国武術でも、空手でも、ボクシングでも、上腕三頭筋の伸長性収縮を用います。

これを放棄したのが、宋氏形意拳のフニャフニャ崩拳です。これは、本場のカラダが浮いている先輩を反面教師にして、開発しました。

でも、一般の人はこの練習に耐えられないと考えます。フニャフニャ崩拳は徹底的に力を抜きます。まず、この段階で耐えられません。

そこで、宋氏形意拳は希望者だけにして、肩の力を抜くことと、心意六合拳による前鋸筋の開発を実行します。

心意六合拳にはパンチがありませんから、都合が良い。中国武術の拳もありません。

肩を使わない鉄牛耕地で、前鋸筋を開発します。心意六合拳の起勢で、前鋸筋主導のカラダを造ります。

宋氏形意拳の龍形基本功、熊形基本功、で前鋸筋主導のカラダを造ります。

肩主導のカラダを改造して、前鋸筋主導のカラダを造ります。

気と丹田を信仰している先生も、所詮は肩主導のカラダです。だから、気と丹田のお題目も役に立ちません。南無阿弥陀仏 

前鋸筋と前腕の筋肉を直結させます。それが心意六合拳と宋氏形意拳の体幹です。

前腕の筋肉も肩を使わない鉄牛耕地で造ります。前腕の筋肉が心意六合拳の鷹爪です。

鷹爪は、前鋸筋と直結させます。鷹爪を腱だと言う人がいますが、前腕の腱と前鋸筋は繋がりません。直結できません。

腱ならば練習しなくて良かったのですが。残念でした。

肩の力を抜く練習と、前鋸筋の開発を平行して実行しましょう。

追伸 武術の諸悪の根源は、気と丹田の迷信です。気と丹田の迷信を死滅させるようにします。

by tiger-hawk | 2019-09-23 08:37 | 心意六合*形意

やわらかい鶏歩をフニャフニャ膝で造る

お知らせ 23日、事情により練習を休みます。すいません。

昨日の体育館から

心意六合拳の虎抱頭、などを練習しました。問われるのは、やわらかい鶏歩です。

硬い鶏歩からは勁力が生まれません。宋氏形意拳の六合歩も、同様です。

日本人はクソ真面目なので、硬い鶏歩を造る場合が多い。形意拳の三体式も硬くする人が多い。どちらも大間違いです。

やわらかい鶏歩を造るべきです。やわらかい三体式を造るべきです。

何処をやわらかくするのか?

鼠蹊部をやわらかくします。足首をやわらかくします。

そして、膝をやわらかくします。

鼠蹊部をやわらかくするということは、股関節をやわらかくします。同時に、腰の力を抜きます。

足首の力を抜きます。足首ががんばってはいけません。

そして膝の力を抜きます。ここが肝心です。やわらかい鶏歩を造るには、膝の力を抜きます。

膝ががんばっては、動きが悪くなります。膝の怪我にも繋がります。もちろん勁力は死にます。

フニャフニャ膝を造りましょう。

膝も、足首も、肩も関節です。関節は力を入れるところではありません。滑らかな動きを造るためにあります。勁力を造るためのところではありません。

フニャフニャ膝、フニャフニャ足首、フニャフニャ肩、フニャフニャ鼠蹊部、が正しいのです。それが上達の道です。

フニャフニャ膝、フニャフニャ足首、フニャフニャ肩、フニャフニャ鼠蹊部、が勁力への道です。

関節を用いて、力を発生させてはいけません。そんな安易な方法では勁力が生まれないばかりでなく、関節が壊れます。

勁力への道は、フニャフニャの道です。

フニャフニャ鶏歩は、大きな勁力を生みます。

追伸 鞭杆でも、肩の力を抜くことが大切です。肩の力が抜けていない人は、なかなか上達しません。

by tiger-hawk | 2019-09-22 08:01 | 心意六合*形意

不自然な反応

小さい力で大きい力を生む。それが勁力です。それが四両発千斤です。その根本は指行性二足歩行です。勁力筋肉の根っこはヒラメ筋です。

筋肉イコール勁力ではありません。しかし、気イコール勁力ではありません。なぜなら気は存在していません。気の概念は非常に曖昧で万能です。

世の中で万能とは何か? それは神様です。宗教です。気の言葉を太極拳や武術に用いるのは、神秘主義の詐欺師です。善意かもしれないけど、詐欺師です。

そんなことに人生の時間とオカネを浪費するのは楽しいかもしれません。でも虚しいものです。

私よりも才能のある人は、たくさんいます。若い頃にもたくさんいました。でも勁力を見つけられない人がたくさんいます。

どうしてでしょうか? それは神秘主義思想に囚われていたからです。内家拳幻想に囚われていたからです。誰だ? 内家拳とか言い出した奴は? 

勁力は指行性二足歩行にあります。指行性二足歩行の動物は、鶏=鳥類=恐竜です。肉食恐竜の代表はティラノサウルスです。

しかし、体重移動すると、勁力は消えてしまいます。そこで、鶏は体重移動しない方法を創造しました。それが指行性一本足です。

実際には、鶏の指行性一本足を参考にして、心意六合拳の鶏行歩が生まれました。だから、鶏行歩は指行性一本足なのです。

しかし、人間は蹠行性で直立します。そこで、鼠蹊部のくびれを造り、足首のくびれを造ります。

しかし、問題があります。心意六合拳の鶏歩の目的は、後ろ足のヒラメ筋に体重を降ろすことです。宋氏形意拳の六合歩の目的は、後ろ足のヒラメ筋に体重を降ろすことです。

ところが、力を入れると地面を蹴ることになります。するとカラダが浮きます。もちろん、ヒラメ筋に体重が降りてきません。

だから足の力を抜く必要があります。これが不自然な反応となります。自然な反応とは、足に力を入れることなのです。踏ん張ることです。それが人間の自然な反応です。

力を抜くことは、人間の自然な反応に逆らうことです。

鼠蹊部が伸びるのは、人間の自然な反応です。足首が伸びるのは、人間の自然な反応です。肩に力が入るのは、人間の自然な反応です。

勁力運動は、人間にとって不自然な反応を造ることです。だから動物武術なのです。人間武術ではありません。

追伸 体重をヒラメ筋に降ろしたまま歩く。それが心意六合拳の鶏行歩です。その状態であれば、いつでも発勁できます。気と丹田は嘘八百です。ウンコ理論です。

追伸 22日16時から鞭杆の基礎練習します。平和台体育館第2武道場の予定です。良かったらどうぞ。

by tiger-hawk | 2019-09-21 08:24 | 反人間本能の勁力

長〜い後ろ足のヒラメ筋

心意六合拳と宋氏形意拳の根本勁力は、アホのフジマツが解明したのですが、その切っ掛けとなったのが、長い後ろ足のヒラメ筋です。

これは心意六合拳の師匠の動きを見て、理会しました。私が撮影した未公開動画もあります。

でも、同じ未公開動画を見てもらっても、全く理会できない人もいます。これはもう、どうしようもありません。見るべきところが見えません。

動作の本質が見えません。そんな人が少なくありません。どうも感性が違うようです。まあ、実際に教えてみても、勝手に地面を蹴る人もたくさんいます。自分なりの心意六合拳が出来上がっているのです。

そんな人は教えても無駄です。そして、いつの間にか大先生になっていたりします。勁力無いのに不幸です。でも彼は幸せなのだから余計なお世話です。不幸を拡大してください。オラ知らね。

さて、長い後ろ足のヒラメ筋です。鶏歩で終る技ならばなんでも良いのですが、とりあえず馬形鑚拳とします。なぜ馬形鑚拳なのかというと、動作が簡単だからです。それだけの理由です。

馬形鑚拳も二歩で構成されています。最初の一歩も勁力歩きなのですが、話しをわかりやすくするために省きます。

二歩目です。後ろ足で支えたまま、前足を送ります。後ろ足は親指の指行性です。そして足首はくびれます。後ろ足のヒラメ筋に体重が降りています。

ここが肝心です。後ろ足のヒラメ筋に降りている体重を移動させてはいけません。そのままです。

どんどん歩幅は広くなります。前足は浮いています。まだ前足は着地しません。まだ体重は後ろ足のヒラメ筋にあります。

歩幅はどんどん広くなるけど、後ろ足のヒラメ筋にある体重はそのままです。これは、鶏歩の拡大です。前足は浮いているけれど、後ろ足はそのままです。ヒラメ筋は伸長性収縮します。

この広い鶏歩に、勁力は可視化されます。見えない人も多いけど。ヒラメ筋に体重があれば、自分で感じ取れます。

ヒラメ筋にあるべき体重が消えてしまったら、勁力は消えています。自分でわかるはずです。

でも、ヒラメ筋に力を入れてしまったら、体重を感じ取ることは不可能です。ヒラメ筋に力を入れると、短縮性収縮を起こします。

とにかく力を入れる人がいます。そんな人は永遠に自分の体重を感じられません。なぜかそんな人がいます。私には理解できませんけど。たぶん、力感を感じないと不安なのかもしれません。また、力を入れるのは簡単なので、安易な道を選ぶのでしょう。

自分の体重を後ろ足のヒラメ筋で感じ取ります。それが根本勁力です。

拳に体重を乗せてはいけません。体重はヒラメ筋に降ろします。すると根っこからの力を使えます。それが心意六合拳のいうところの渾身拳です。

追伸 太極拳で膝や腰を痛めるのは、後ろ足のヒラメ筋の使い方に無知だからです。鼠径部のくびれ、足首のくびれ、親指側エッジ、内転筋、などに無知だからです。無知も罪になります。

追伸 最近、馬歩をやっています。馬歩は鼠径部のくびれが分かりやすい。内股にすれば内転筋が使えます。親指も使えます。

by tiger-hawk | 2019-09-20 08:25 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・反人間本能の勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー